Amazon DynamoDB グローバルテーブルのバージョン 2017.11.29 にレプリケーションの遅延があるのはなぜですか?

最終更新日: 2021 年 11 月 18 日

Amazon DynamoDB グローバルテーブルのレプリケーションのレイテンシーを減らしたいと考えています。

解決方法

注意: DynamoDB グローバルテーブルには、バージョン 2019.11.21バージョン 2017.11.29 の 2 つのバージョンがあります。使用しているバージョンを確認するには、「使用しているグローバルテーブルのバージョンを確認する」を参照してください。バージョン 2019.11.21 を使用するのがベストプラクティスです。このバージョンは、バージョン 2017.11.29 と比べて、より効率的であり、消費する書き込みキャパシティーがより少なくなります。アップグレードするには、「グローバルテーブルのバージョン 2019.11.21 (現行) への更新」を参照してください。

グローバルテーブルのバージョン 2017.11.29 でレプリケーションのレイテンシーが長くなる一般的な原因を以下に示します。

  • DynamoDB は、グローバルテーブルのレプリカごとに ReplicationLatency および PendingReplicationCount メトリクスを Amazon CloudWatch に発行します。これらのメトリクスのいずれかが長期にわたって上昇している場合、グローバルテーブルのリージョンで書き込みリクエストがスロットリングされているかどうかを確認します。すべてのグローバルテーブルリージョンにレプリケートされた書き込みを実行するのに十分なプロビジョニング済みのキャパシティーを確保するには、DynamoDB Auto Scaling またはオンデマンドキャパシティーモードを使用します。詳細については、「グローバルテーブルを管理するためのベストプラクティスと要件」を参照してください。
  • ReplicationLatency は、テーブルが地理的にどの程度離れているかによって、ソースとターゲットのペアによって異なる場合があります。例えば、ReplicationLatency は通常、欧州 (アイルランド) と欧州 (ロンドン) リージョンにあるグローバルテーブルでは、欧州 (アイルランド) とアジアパシフィック (シドニー) リージョンにあるテーブルよりも低くなります。
  • ReplicationLatencyPendingReplicationCount は、AWS リージョンのパフォーマンスが低下すると増加する可能性があります。AWS サービスヘルスダッシュボードを使用して、レプリカテーブルがあるリージョンでイベントを確認します。イベントがある場合は、アプリケーションの読み取りおよび書き込みアクティビティを一時的に別のリージョンにリダイレクトできます。
  • バージョン 2017.11.21 からバージョン 2019.11.29 にアップグレードすると、ReplicationLatency が増加することがあります。これは想定されたとおりです。詳細については、「グローバルテーブルのバージョン 2019.11.21 (現行) への更新」を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?