CNAME エイリアスを 1 つ以上の Amazon CloudFront ディストリビューションに追加しようとすると、以下のようなエラーが出ます。

Status Code: 409; Error Code: CNAMEAlreadyExists; Request ID:a123456b-c78d-90e1-23f4-gh5i67890jkl

複数の CloudFront ディストリビューションに対して同じ CNAME エイリアスを使用することはできません。CNAMEAlreadyExists のエラーは、追加しようとしている CNAME エイリアスが既に別の CloudFront ディストリビューションに関連付けられているときに起こります。

CNAMEAlreadyExists

「CNAMEAlreadyExists」エラーコードが表示された場合は、以下のステップに従って問題を解決します。

まず、次のフォーマットで TXT レコードを作成するよう DNS プロバイダーに指示します。

<CNAME alias> TXT <CloudFront distribution name>

たとえば、d123.cloudfront.net という名前の CloudFront ディストリビューションに「example.com」という名前の CNAME を追加する場合は、次の TXT レコードを作成するよう DNS プロバイダーに指示します。

example.com TXT d123.cloudfront.net

注意: DNS プロバイダーで作成した CNAME レコードは、DNS に配信されるまで最大 5 営業日かかる場合があります。

レコードが作成されたら、AWS サポートに DNS ドメイン名の所有者の検証をリクエストし、CNAME エイリアスをディストリビューションに追加できることを確認します。AWS サポートへの問い合わせ内容には、必ず CNAMEAlreadyExists のエラーメッセージをコピーして貼り付けてください。

注意: AWS サポートでは、複数のディストリビューションに同じ CNAME を関連付けることはできません。サポートでは、2 つのディストリビューション間で CNAME を切り替える方法、またはディストリビューションから CNAME を削除する方法をご案内します。

DNS プロバイダーにより、同一の TXT と CNAME レコードが許可されない場合は、TXT レコード名内の CNAME エイリアスの前に下線を追加します。同一の TXT と CNAME レコードの例を以下に示します。

cname.example.com.   900   IN   TXT     "dexample123456.cloudfront.net"
cname.example.com.   900   IN   CNAME   "dexample123456.cloudfront.net"

最初のエントリの前に下線があるため、これらの TXT と CNAME レコードは同一ではありません。

_cname.example.com.   900   IN   TXT     "dexample123456.cloudfront.net"
cname.example.com.   900   IN   CNAME   "dexample123456.cloudfront.net"

CNAMEAlreadyExists: 指定した 1 つ以上の CNAME が既に DNS レベルの別のディストリビューションに関連付けられています。

表示された CNAMEAlreadyExists の応答に、「指定した 1 つ以上の CNAME が既に DNS レベルの別のディストリビューションに関連付けられています」というメッセージが含まれている場合は、別の CloudFront ディストリビューションを指すアクティブな DNS レコードがないことを確認する必要があります。

ディストリビューションから CNAME を削除したあとも DNS レコードを有効のままにすると API コールが失敗し、CNAME が引き続きディストリビューションに関連付けられた状態になるため、DNS が削除または無効にされるまで別のユーザーがその CNAME を使用できなくなります。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 04 月 25 日

更新: 2018 年 09 月 10 日