設定変更した後で、Amazon EMRサービス(たとえば、YARNリソースマネージャーなど )を再起動する必要がありますが、これを行う方法がわかりません。EMRサービスを再起動するにはどうすればよいですか?

クラスターが作成された後、サービス設定を変更することもできます。たとえば、HDFSのレプリケーション係数またはYARNリソースマネージャーのスケジューラー設定を変更することもできます。設定ファイルが変更された後、サービスを再起動して変更を適用する必要があります。

EMR 2.x/3.x

2.x.x/3.x.x AMIクラスターでは、すべてのサービスデーモンがinit.dスクリプトを介してSysV initシステムの一部として実行されています。

EMRでサービスを再開するには、次のアクションを実行します。

1.    次のコマンドを実行して、サービスの名前を探します。

$ ls /etc/init.d/

たとえば、HDFS namenodeサービスの名前は 「hadoop-hdfs-namenode」です。

2.    次のコマンドを実行して、サービスを停止します。

sudo /etc/init.d/hadoop-hdfs-namenode stop

3.    数秒待ってから、次のコマンドを実行してサービスを開始します。

sudo /etc/init.d/hadoop-hdfs-namenode start

4.    次のコマンドを実行して、プロセスが実行中であることを確認します。

sudo /etc/init.d/hadoop-hdfs-namenode status

EMR 4.x/5.x

Upstart にEMR 4.xおよび5xサービスが追加されました。

EMRでサービスを再開するには、次のアクションを実行します。

1.    次のコマンドを実行して、サービスの名前を探します。

initctl list

たとえば、YARNリソースマネージャーサービスの名前は "hadoop-yarn-resourcemanager"です。

2.    次のコマンドを実行して、サービスを停止します。

sudo stop hadoop-yarn-resourcemanager

3.    数秒待ってから、次のコマンドを実行してサービスを開始します。

sudo start hadoop-yarn-resourcemanager

注:停止/開始が必須です。restartコマンドを使用しないでください。

4.    次のコマンドを実行して、プロセスが実行中であることを確認します。

sudo status hadoop-yarn-resourcemanager

psを使用してプロセスを確認し、ログディレクトリ/var/log/にエラーがないかログファイルを確認します。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 12 月 29 日

更新: 2017 年 08 月 02 日