サイズ柔軟な Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンスに対して、どのように請求が適用されるのかを知りたい。

リザーブドインスタンスがサイズ柔軟かどうかを確認するには、「リージョンまたはサイズ柔軟な Amazon EC2 リザーブドインスタンスの仕組み」を参照してください。

リザーブドインスタンスがサイズ柔軟である場合には、以下の考慮点が当てはまります。

  • リザーブドインスタンスは、同じファミリーで、サイズが同じまたは小さい任意のインスタンスでの使用に適用されます。たとえば、m3.large インスタンスのリザーブドインスタンスを購入した場合、それは m3.medium インスタンスにも適用されます。
  • 複数の小さなリザーブドインスタンスをまとめて、大きなインスタンスに適用することもできます。たとえば、 2 つの m3.large インスタンスを購入した場合、そのどちらも m3.large インスタンスにすでに適用していなければ、まとめて m3.xlarge インスタンスをカバーすることができます。
  • リザーブドインスタンスを、特定のインスタンスに適用するよう設定することはできません。たとえば、特定のリザーブドインスタンスを適用できる、複数のインスタンスの組み合わせを実行している場合、これらの組み合わせの内のどれが、リザーブドインスタンスのメリットを享受するのかを指定することはできません。

複数のアカウントがあり、一括請求の行われる組織に所属している場合には、他の考慮点が当てはまることもあります。詳細については、「組織の一括請求にわたって適用されるリザーブドインスタンスの料金上の利点は何ですか?」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 6 月 16 日

更新: 2018 年 6 月 28 日