サイズが柔軟な Amazon EC2 リザーブドインスタンスは、AWS の請求書にどのように適用されますか?

最終更新日: 2020 年 12 月 1 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンスのサイズが柔軟な場合、そのリザーブドインスタンス (RI) が AWS の請求書にどのように適用されるかを教えてください。

解決方法

RI がサイズ柔軟かどうかを確認するには、「リージョンまたはサイズ柔軟な Amazon EC2 リザーブドインスタンスの仕組み」を参照してください。

サイズが柔軟な RI は、特定のインスタンスファミリーの使用すべてに適用されます。これが実際にどのように機能するかについての例を、いくつかご紹介します。

  • RI は同じファミリーで、サイズが同じか小さいインスタンスの使用に適用されます。 例えば、m3.large インスタンスの RI を購入した場合、RI は m3.medium インスタンスにも適用されます。
  • 複数の小さな RI を組み合わせて、より大きなインスタンスに適用されます。 例えば、2 つの m3.medium インスタンスに対して 2 つの RI を購入した場合、これらの RI は m3.large インスタンスにも適用されます。

その他の例については、リザーブドインスタンスが適用される仕組みを参照してください。

RI の請求は自動的に適用されます。どの特定のインスタンスが RI の利点を受けるかを選択することはできません。

複数のアカウントがあり、一括請求の行われる組織に所属している場合には、他にも考慮すべき点があります。詳細については、組織の一括請求全体に適用されるリザーブドインスタンスの料金のメリットについて教えてくださいを参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?