Amazon Route 53 に登録したドメインがあり、関連付けられている登録者の名前や組織を変更する必要があります。そのために利用可能なオプションを教えてください。

Amazon Route 53 に登録したドメインの登録者名や組織を変更する場合は、AWS マネジメントコンソールを使用するかサポートケースを開いて、この変更を行うために必要な追加情報を送信できます。

一部のドメインでは、コンソールでの変更がサポートされています。これを調べる最も簡単な方法は、コンソールを使用して変更を行ってみることです。

AWS マネジメントコンソールを使用して登録者名や組織を変更するには、以下の手順を完了します。

  1. Amazon Route 53 コンソールを開き、[Registered Domains] を選択します。
  2. 変更するドメインを選択し、[Edit Contacts] を選択します。
  3. [Edit Contact] ページで、[Registrant Contact ] 情報のエントリ(First NameLast NameEmailPhone)が表示されます。First NameLast Name を編集できる場合は、コンソールを使用して変更を続行できます。これらのフィールドを編集できない場合は、代わり AWS サポートにリクエストを送信する必要があります。「ドメイン所有権の変更でコンソールの使用がサポートされていないときにサポートケースを開く」に進んでください。
  4. いずれかの登録者の連絡先情報を変更すると、以下のメッセージが表示されます。

    登録者の連絡先の連絡タイプ、姓または名を変更するときは、ドメインの所有者を変更します。ICANN では、現在と新規の登録者の連絡先に E メールで送信して承認を得る必要があります。この変更は無料です。ドメインの所有者を変更する場合は、連絡先情報の変更が完了したら、[Continue] をクリックします。所有権の変更の原因となった登録者の連絡先への変更を元に戻すには、[Revert Ownership Changes] をクリックします。
  5. 変更を行った後、[Continue] をクリックします。その後、[Review details and confirm ownership change for ] ページが表示されます。
  6. [ I understand the consequences of change domain registrant operation] チェックボックスをオンにし、[Confirm Change] をクリックします。[Confirm Change] をクリックした後、以下の確認メッセージが表示されます。

変更ドメインの所有者へのリクエストが正常に送信されました。完了すると E メールが届きます。

現在の所有者には、domainnameverification.net から確認リンクが含まれた E メールが届きます。現在の所有者は E メール内のリンクをクリックすることで、リクエストされた変更を確定し、終了処理を行う必要があります。

Amazon Route 53 に登録されたドメインの登録者名や組織を変更するためにサポートケースを開く必要がある場合は、以下のメッセージが表示されます。

To change registrant name or organization, open a case.

有料の AWS サポートプラン(Developer、Business、または Enterprise)をご契約の場合は、技術サポートケース(Service: Route 53 / Category: Domain name registration issue)を開くことができます。Basic プランを契約している場合は、アカウントと請求のサポートケース(Account / Change Account Details)を開きます。

以下の情報は、Amazon Route 53 に登録されたドメインの登録者名または組織を変更するリクエストを手動で処理するために、AWS サポートに提供する必要があります。

  • 以下の情報は、AWS Route 53 に登録したドメインの技術担当者と管理担当者の各連絡先に関連するものです(詳細については「ドメインの登録時またはドメイン設定の編集時に指定する値」を参照)。
    • 連絡先のタイプ: 個人/企業/協会/公共団体
    • 組織
    • メール
    • 電話
    • Address1
    • Address2
    • 州/地域
    • 郵便番号
  • また、AWS サポートに連絡したときに表示される [Change of Ownership ] フォームへの入力も必要になる場合があります。所有者の変更フォームへの入力が必要な場合は、以下の情報と必要なドキュメントを提供することで、リクエストを早めることができます。
    • 会社の署名権限のある個人(取締役、社長、最高経営責任者(CEO)など)によって署名された所有者の変更フォーム以前の所有者が会社である場合は、[HANDLE] フィールドは空のままにします。
    • フォームに署名した個人の ID(現所有者と新所有者の両方について)。
    • 会社が既存のドメイン名を所有し、フォームに署名した個人が会社の署名権限を持つことの証明。これは、公的な立場で会社名と個人名の両方を示す定款や納税申告などの法的ドキュメントであることが必要です。
    • ドメイン所有者の身分証明書(パスポートや運転免許証などの)のコピー。


Amazon Route 53 に登録されているトップレベルドメイン(TLD)に応じてこの変更には費用がかかる場合があります。

Amazon Route 53, 所有権の変更, 登録者,, 組織, トップレベルドメイン, TLD


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。