Gnaneshwari が
逆引き DNS ルックアップを
Route 53 で有効化する方法を説明します

Gnaneshwari_BLR0718

Amazon Route 53 で、オンプレミス SMTP サーバーの逆引きドメインネームサービス (DNS) 解決を設定する必要があります。どうすればできますか ?

AWS 以外のリソースを使用している場合、IP アドレスの所有者が、別のクラウドコンピューティングプラットフォームやインターネットサービスプロバイダー (ISP) などのサードパーティになっていることがあります。この場合は、IP アドレスの所有者から指定された方法で逆引き DNS を設定する必要があります。状況によっては、逆引き DNS レコードを作成し、委任先へネームサーバーのみを提供するよう IP アドレスの所有者から要求される場合があります。サーバーへの逆引き DNS ルックアップクエリに応答するように Route 53 を設定するには、パブリックホストゾーンを作成して PTR レコードを追加します。

注: AWS が提供する Elastic IP アドレスをサーバーで使用する場合は、正しい Elastic IP アドレスを指す正引き DNS レコード (レコードタイプ A) を作成します。次に、[E メール送信制限解除申請] フォームに入力します。サーバーの各ドメイン名および対応する Elastic IP アドレスを必ず指定します。

注: この解決方法の例では、SMTP サーバーの IP アドレスとして 1.2.3.4 (IPv4) と 2000:1234:5678:9012:3456:7890:1234:5678 (IPv6) を使用します。

パブリックホストゾーンを作成する

パブリックホストゾーンの作成」の手順に従って、サーバーの IP アドレスのパブリックホストゾーンを作成してください。例としては、3.2.1.in-addr.arpa (IPv4) または 2.1.0.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0.0.0.2.ip6.arpa (IPv6) のようになります。

レコードセットを作成して PTR レコードを追加する

Amazon Route 53 コンソールを使用したレコードの作成」の手順に従って、 ホストゾーンのレコードセットを作成します。次に、SMTP サーバーに PTR レコードを追加します。

名前の欄には、逆引きされる IP アドレスに続けて、in-addr.arpa (IPv4) または ip6.arpa (IPv6) を入力します。例としては、4.3.2.1.in-addr.arpa (IPv4) または 8.7.6.5.4.3.2.1.0.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0.9.8.7.6.5.4.3.2.1.0.0.0.2.ip6.arpa (IPv6) のようになります。

タイプでは [PTR – Pointer] を選択します。

の欄には 、SMTP サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。例としては、 mail.example.com のようになります。

注: お客様のドメインに複数の IP ブロックがある場合は、IP アドレス解決のため、対応する PTR レコードで追加の逆引きホストゾーンを作成する必要があります。

委任をセットアップする

PTR レコードを作成したら、逆引きホストゾーンのネームサーバーへの委任を IP アドレスの所有者に設定してもらいます。 ネームサーバーの詳細を確認するには :

  1. Route 53 コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで [ホストゾーン] を選択します。
  3. セットアップしたホストゾーンを選択します。
  4. タイプNS であるレコードを選択します。
  5. レコードのを書き留めます。

注: この新しい設定が反映されるまでの所要時間は、前の NS レコードの有効期限 (TTL) レコードに応じて異なります。NS レコードはエンドユーザーのローカル DNS サーバーにキャッシュされている場合があります。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? 「AWS サポートセンター」をご覧ください。

公開日: 2015 年 8 月 5 日

更新日: 2018 年 8 月 22 日