Route 53 レジストラでネームサーバーを更新するための前提条件を教えてください。

最終更新日: 2021 年 5 月 20 日

Amazon Route 53 に登録されているドメインのネームサーバーを追加または変更したいと考えています。ドメインが利用不可にならないようにするために前提条件に対して何が行えますか?

簡単な説明

レジストラレベルでドメインのネームサーバーを更新すると、ドメインが数日間使用できなくなることがあります。さらに、ドメインが、異なるシステムからの異なる値へ一貫性なく解決していることに気づくかもしれません。これらの問題を回避するには、ドメインレジストラでネームサーバーを変更する前に、次の手順を実行します。

  1. 新しいホストゾーンを設定します。
  2. 有効期限 (TTL) の値を下げます。
  3. 以前の TTL の有効期限が切れるのを待ちます。
  4. 新しいネームサーバーを使用するには、現在の DNS サービスプロバイダーでネームサーバー (NS) レコードを更新します。
  5. TTL 値を増やします。

解決方法

以下の手順を実行して、ドメインのダウンタイムを最小限に抑えて、高い可用性を確保できるようにします。次の前提条件の手順を完了したら、Route 53 レジストラでネームサーバを更新します

新しいホストゾーンを設定する

レジストラでネームサーバーを更新する前に、新しいネームサーバーのセットに必要なすべてのレコードがゾーンファイルに含まれていることを確認してください。

ドメインの DNS サービスとして Route 53 を利用する場合は、必要なすべてのレコードを含むホストゾーンを作成します。Route 53 を DNS サービスとして利用する方法の詳細については、「パブリックホストゾーンの作成」を参照してください。ドメインに別の DNS サービスを利用するには、DNS プロバイダーが指定する方法を使用して、ゾーンと必要なレコードを作成します。

TTL 値を引き下げる

TTL 値の設定では、DNS リゾルバーがレコードをキャッシュし、キャッシュされた情報を使用する期間を設定します。TTL の有効期限が切れると、リゾルバーは DNS サービスプロバイダーに別のクエリを送信し、更新情報を求めます。Route 53 の NS レコードのデフォルトの TTL 設定は 172,800 秒(2 日間)です。TTL を下げないと、ドメインが最大 2 日間利用できなくなる可能性があります。

レコードの TTL 値を下げると、更新後に古いネームサーバーからの応答が表示される時間が短くなるため、推奨されます。そうすると、ネームサーバーの更新中に問題が発生した場合にも、ドメインのダウンタイムを短縮できます。

次のレコードの TTL 値を最小値に下げます。

  • 現在使用しているゾーン内の現在の NS レコード。
  • 新しく作成されたゾーン内の新しいNSレコード。

DNS サービスに Route 53 を利用している場合は、「TTL 設定の引き下げ」を参照してください。

以前の TTL の有効期限が切れるのを待つ

ドメインが使用中の場合、DNS リゾルバーはネームサーバーをキャッシュしています。数分前に名前をキャッシュした DNS リゾルバーは、約 2 日間 (TTL) 名前を保存します。

回答が首尾一貫しないことを避けるために (リゾルバーによっては古いネームサーバーを参照したり、新しいネームサーバーを参照したりするものもありますが)、TTL を引き下げた後 2 日間 (または直前の TTL 時間) 待機します。以前の TTL の有効期限が切れてリゾルバーが新しいリクエストを行うと、リゾルバーは現在のネームサーバーと指定した新しい TTL 値を取得します。

新しいネームサーバーを使用するように、現在の DNS サービスプロバイダーで NS レコードを更新する

新しいネームサーバーを使用するには、現在の DNS サービスプロバイダーで NS レコードを更新します。DNS サービスに Route 53 を使用している場合は、現在の DNS サービスプロバイダーを Route 53 ネームサーバーで更新します。

TTL 値を引き上げる

ドメインのトラフィックをモニタリングします。DNS 解決が新しいネームサーバーで動作することを確認したら、TTL 値をより一般的な値 (172,800 秒 (2 日) など) に引き上げます。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?