Amazon EC2 インスタンスのセカンダリプライベート IP アドレスを設定する必要があります。

以下のような場合、複数のプライベート IP アドレスを VPC 内のインスタンスに割り当てることができます。

  • 1 つのサーバーで複数の SSL 証明書を使用し、各インターフェイスに各 IP アドレスに割り当てることで、1 つのサーバーで複数のウェブサイトをホストする。
  • 各ネットワークインターフェイス用に複数のプライベート IP アドレスを持つネットワークアプライアンス(ファイアウォールやロードバランサーなど)を運用する。
  • インスタンスでエラーが発生した場合に、セカンダリプライベート IP アドレスをスタンバイインスタンスに再割り当てすることによって、内部トラフィックをスタンバイインスタンスにリダイレクトする。

  1. インスタンスにセカンダリ IP アドレスを割り当てます。『Amazon EC2 ユーザーガイド』の「セカンダリプライベート IP アドレスの割り当て」を参照してください。
  2. 新しい IP アドレスを認識するようにインスタンスの OS を設定します。
  3. Elastic IP アドレスを新しい IP アドレスに関連付け、新しいアドレスを確認します。「Elastic IP アドレスとセカンダリプライベート IP アドレスとの関連付け」と「セカンダリプライベート IP アドレスの表示」を参照してください。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2), Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC), Linux, elastic network interface (ENI), 非対称ルーティング

AWS 開発者フォーラム: Amazon Virtual Private Cloud

Amazon EC2 ユーザーガイド: 複数のプライベート IP アドレス

Amazon Virtual Private Cloud ユーザーガイド: VPC のネットワーキング


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。