Amazon Lightsail リソースをシャットダウンする方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 4 月 27 日

AWS アカウントから Amazon Lightsail リソースを削除する方法を教えてください。

簡単な説明

すべての Lightsail リソースを削除するには、Lightsail インスタンスと、静的 IP アドレス、スナップショット、ブロックストレージなど、これらのインスタンスにアタッチされているリソースを削除します。

Lightsail リソースは、時間単位または毎月の GB 使用量単位で増分的に請求されます。すべての Lightsail リソースが削除されると、Lightsail に関連する請求は発生しません。さまざまなリソースに対して発生する手数料については、Amazon Lightsail のよくある質問をご覧ください。

解決方法

Lightsail リソースを削除するには、以下の操作を行います。

  • Amazon Lightsail インスタンスを削除する - インスタンスが削除されるとすぐに、そのインスタンスに対する料金が発生しなくなります。
  • Amazon Lightsail で静的 IP を削除する - 静的 IP アドレスは、インスタンスに接続されている間は無料です。静的 IP アドレスを参照する DNS レコードなど、この静的 IP に依存する他のリソースが影響を受ける可能性があるのでご注意ください。
  • Lightsail でデータベースを削除する - データベースが削除されるとすぐに料金が発生しなくなります。
  • Lightsail でドメインの DNS ゾーンを削除する - Lightsail DNS ゾーンを削除するとすぐに、DNS に対する料金が発生しなくなります。
  • Lightsail でディスクスナップショットを削除する - ディスク全体を復元するには、最新のスナップショットのみを保持する必要があります。古いスナップショットを削除して料金を節約するか、すべてのスナップショットを削除して料金が発生する状況を回避できます。
  • Lightsail でブロックストレージディスクを接続解除して削除する - ディスクを接続解除して削除する前に、インスタンスを停止または削除する必要があります。
  • Lightsail ロードバランサーを削除する - ロードバランサーを削除すると、接続されている Lightsail インスタンスも接続解除されますが、Lightsail インスタンスは削除されません。SSL/TLS 証明書を使用して暗号化 (HTTPS) トラフィックを有効にした場合、ロードバランサーを削除すると、ロードバランサーに関連付けられている SSL/TLS 証明書も完全に削除されます。
  • SSL/TLS 証明書を削除する - 使用しなくなった SSL/TLS 証明書を削除できます。たとえば、証明書の有効期限が切れている状態で、検証された更新済みの証明書を接続したとします。
  • 不要になった VPC ピア接続を無効にする - VPC ピア接続を無効にするには、次の操作を行います。
    Lightsail コンソールで、ナビゲーションバーの [アカウント] を選択します。
    [高度な設定] を選択します。
    [VPC ピア接続] セクションで、すべての AWS リージョンで [VPC ピア接続を有効にする] をオフにします。

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合