E メールスパムの受信を停止するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 3 月 27 日

E メールのスパム発信者が AWS インフラストラクチャまたはリソースを使用して、未承諾 E メールを送信しています。今後、これらのスパム E メールを回避するにはどうすればよいですか?

解決方法

AWS では、プロモーション、広告、勧誘を含むがこれらに限定されない、未承諾の大量の E メール (「スパム」とも呼ばれます) を送信するために、AWS インフラストラクチャを使用することはできません。このポリシーの違反に気付いた場合は、Amazon の不正使用レポートプロセスに従い、違反の停止または是正にご協力ください。

スパムの受信を避けるには、インターネット上のあらゆる場所で以下のベストプラクティスに従ってください。

  • E メールアドレスを教える相手に注意してください。 スパム発信者は、正当なソースから E メールアドレスを購入するため、多くの場合、当該アドレスの取得は合法的なものです。ウェブサイトまたはサービスにサインアップするときは、ウェブサイトのプライバシーポリシーを必ずお読みください。このポリシーには、ウェブサイトの所有者が E メールアドレスなどの情報を第三者に販売する意図を有しているかどうかに関する情報を含んでいます。
  • 公開ページやフォーラムで E メールアドレスを公開しないようにします。 スパム発信者は、ボットを使用して、E メールアドレスの公開ページやフォーラムをスクレイピングします。これらのページで E メールアドレスを共有すると、スパム発信者のターゲットとなる可能性があります。
    ヒント: 多くのフォーラムでは、他のユーザーにプライベートで連絡するためのダイレクトメッセージングツールが提供されています。フォーラムの他のユーザーに E メールアドレスを提供する場合は、利用できる場合はこれらのプライベートメッセージングツールを使用します。
  • フィッシング E メールに返信しないようにします。 E メールのソースの正当性を必ず確認してください。不明な送信者に個人情報や機密情報を提供しないようにします。フィッシング E メールは、さまざまな形式で受信される場合があります。スパム発信者は、銀行などの機関になりすましたり、あなたがコンテストに優勝したように見せかけたりすることがあります。これらの E メールに返信すると、スパム発信者は、その E メールアドレスが有効であることを認識し、その E メールアドレスを他のスパム発信者に販売する可能性が高まります。
  • 推測が困難な E メールアドレスを使用します。 推測しやすい名前やフレーズを含む E メールアドレスは使用しないでください。そうしないと、スパム発信者が E メールアドレスを正しく推測し、スパムメールを送信する可能性が高まります。スパム発信者は、機械学習やその他のアルゴリズムを使用して、あり得る有効な E メールアドレスを推測します。また、同一の E メールアドレスを、異なるウェブサイトのログイン情報として使用することは避けてください。