AWS 無料利用枠の使用中に、予期しない料金が発生しました。再度請求が発生しないようにするにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 4 月 28 日

AWS 無料利用枠の対象外のリソースを誤ってプロビジョンしたため、請求されました。再度請求が発生しないようにするには、どうすればよいですか?

簡単な説明

AWS 無料利用枠では、特定の使用制限内で AWS のサービスを無料で試すことができます。AWS 無料利用枠の詳細については、「AWS 無料利用枠とは何ですか? どのように使用しますか?」を参照してください。

AWS 無料利用枠を使用する場合、以下の理由により料金が発生する場合があります。

  • 1 つ以上のサービスが月間無料利用枠の使用制限を超えました。
  • Amazon Aurora など、無料利用枠を利用できない AWS のサービスをご使用中です。
  • 無料利用枠の有効期限が切れました。

再度請求が発生しないようにする方法:

  1. アカウントが無料利用枠の対象であることを確認します。
  2. 料金が発生しているリソースを特定します。
  3. 料金が発生するリソースがある場合は削除、停止、または終了します。
  4. 使用状況を事前にモニタリングして、提供された無料利用枠を再度超えないようにします。

解決方法

アカウントが無料利用枠の対象であることを確認する

[Billing and Cost Management console] (請求およびコスト管理コンソール) を開き、ナビゲーションペインで [Free Tier] (無料利用枠) を選択します。

  • 表が表示されない場合、ご使用のアカウントは AWS 無料利用枠の対象外ということになります。アカウントでプロビジョニングされたリソースについては、標準料金が請求されます。保持対象外または請求対象外のリソースを削除、シャットダウンまたは終了します。
  • 表が表示された場合は、使用しているサービスに関する追加情報が表示されます。この表には、今月の累計 (MTD) の実際の使用率も表示されます。

料金が発生しているリソースを特定する

アカウント内のアクティブなリソースを特定するには、次の操作を行います。

  1. 請求およびコスト管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで、画面左側の [Bills] (請求) を選択します。
    [Details] (詳細) セクションには、お客様のアカウントのさまざまな AWS のサービスによって発生したすべての料金が表示されます。どのサービスにアクティブなリソースがあるかを書き留めます。AWS Organizations で一括請求 (コンソリデーティッドビリング) 機能を使用する場合、[Bills] (請求書) ページには、[Consolidated Bill Details] (一括請求の詳細) タブにあるすべてのアカウントの合計が一覧表示されます。組織内の各アカウントのアクティビティを表示するには、[Bill Details by Account] (アカウント毎の料金明細) タブを選択します。
    注: 前月の [Details] (詳細) セクションを確認して、料金が発生するすべてのサービスを特定するのがベストプラクティスです。
  3. サービスで請求が発生しているリージョンを特定するには、[Details] (詳細) で各サービスを展開します。[Bill details by account] (アカウント毎の料金明細) セクションには、さまざまな AWS リージョンで発生したすべての料金が表示されます。それらのリージョンのリソースをメモします。
    注: 請求およびコスト管理コンソールは、アクティブなリソースの使用量と課金情報を更新するのに約 24 時間かかります。

サービスの下に記載されている料金は、AWS 無料利用枠でカバーされない使用量についてのものです。

アクティブな Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リソースを見つける方法の詳細については、「Why can't I find an Amazon EC2 instance that I launched on my account?」を参照してください。

重要: AWS 無料利用枠の利点は、すべての AWS リージョンで合わせて請求できる合計使用量を対象とすることです。各リージョンを個別に対象とするわけではありません。

請求対象外のリソースを削除、停止、または終了します。

料金が発生している AWS リソースを特定したら、リソースを削除、停止、または終了することで請求を停止できます。

無料利用枠の対象外のリソースを削除、停止または終了する方法については、「AWS アカウントで不要になったアクティブなリソースを終了するにはどうすればよいですか?」を参照してください。

AWS 無料利用枠リソースの使用状況を事前にモニタリングする

  • AWS 無料利用枠の使用状況アラートを使用して、無料利用枠の使用状況を追跡できます。AWS では、AWS Budgets を使用して無料利用枠の使用状況アラートを提供しています。これらのアラートは、無料利用枠の使用量が月間制限の 85% を超えた場合に通知を行います。
  • サービス無料利用枠の使用制限と現在の使用量を追跡するには、「上位の AWS 無料利用枠サービスの表」をご覧ください。