ファイルゲートウェイで RefreshCache 操作に時間がかかるのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 9 月 25 日

AWS Storage Gateway のファイルゲートウェイで RefreshCache 操作を開始しました。しかし、操作の完了に時間がかかります。この後れの理由は何ですか?

解決方法

RefreshCache 操作は、ゲートウェイがオブジェクトを最後に識別してキャッシュした時点以降の Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) オブジェクトの変更 (更新、アップロード、削除) を識別します。この操作を実行するために、ファイルゲートウェイは S3 バケットで再帰的な LIST 操作を実行し、LIST 操作から戻ってくるすべてのオブジェクトに対して HEAD オブジェクト操作を実行します。HEAD 操作は、メタデータを取得し、ファイルゲートウェイキャッシュに格納します。

次の要因は、RefreshCache 操作が完了するまでにかかる時間に影響する可能性があります。

  • S3 バケット内に多数のオブジェクトがある場合、RefreshCache の実行時間が長くなります。これは、ファイルゲートウェイがバケット内のすべてのオブジェクトに対して HEAD オブジェクトを実行するためです。
  • RefreshCache 操作は、ファイルゲートウェイ内の個々のファイル共有に固有です。1 つのファイル共有は、いつでも 2 つの RefreshCache API 操作をサポートします。キャッシュの更新を開始するためにさらに多くのリクエストを送信すると、進行中の操作が完了する前であっても、さらに多くの操作がトリガーされます。これにより、InvalidGatewayRequestException エラーが発生する場合があります。
  • S3 バケットは、プレフィックスごとに 1 秒あたり 3,500 の PUT/COPY/POST/DELETE リクエスト、または 5,500 の GET/HEAD リクエストに対応できます。これらのサポートされているリクエストレートは、ファイルゲートウェイが S3 バケットに対して行ったリクエストにも適用されます。これは、RefreshCache 操作の完了速度に影響します。S3 バケットがファイルゲートウェイ以外のサービスでも使用されている場合、RefreshCache の実行時間が長くなる可能性があります。

RefreshCache 操作の実行時間を短縮するには、次の方法を検討してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?