ローカルファイルを Storage Gateway にコピーする際に生じるパフォーマンスの低下をトラブルシューティングする方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 10 月 19 日

ローカルファイルを AWS Storage Gateway のネットワークファイルシステム (NFS) またはサーバーメッセージブロック (SMB) ファイル共有にコピーしたいのですが、転送速度が遅いです。アップロードのパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですか?

解決方法

ローカルファイルを Storage Gateway のファイル共有にコピーする際のパフォーマンスを向上させるには、次の方法を検討してください。

注: ファイルゲートウェイはオブジェクトストアキャッシュであり、ファイルサーバーではありません。これは、ファイルゲートウェイのパフォーマンス特性がファイルサーバーのパフォーマンス特性と異なることを意味します。

1.    最高のパフォーマンスを得るには、スレッドまたはクライアントを追加してワークロードをスケーリングします。ファイルのディレクトリを転送する場合、ファイルゲートウェイは、ワークロードがマルチスレッドであるか、複数のクライアントを必要とする場合に最適にスケールします。ファイル管理ツールを確認し、ツールがデフォルトでシングルスレッドアップロードを実行するかどうかを確認します。

小さなファイルや大きなファイルを転送する場合は、複数のスレッドまたはクライアントを使用することがベストプラクティスです。複数のスレッドを使用して大きなファイル (それぞれ数十または数百 MiB) を転送すると、最高のスループット (MiB/秒) が得られます。新しいファイルを作成する際のオーバーヘッドがあるため、小さなファイルを多数転送すると、大きなファイルでの同じワークロードと比較して、スループット (MiB/秒) が低下します。

注: 小さいファイルの転送については、転送レートを MiB/秒ではなく、ファイルの転送率/秒を測定します。ファイルの作成速度は、サイズの小さいファイルの転送に関連する多くのワークロードを占めることがあります。

2.    アクティブなワーキングセットのサイズに合わせて、キャッシュディスクサイズをチューニングします。複数のローカルディスクを使用するキャッシュは、データへのアクセスを並列化し、IOPS を高めることができます。詳細については、「ファイルゲートウェイのパフォーマンスガイダンス」を参照してください。 


この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?