AWS アカウントを解約する前にすべてのリソースを終了する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 6 月 11 日

AWS アカウントを解約する前に、アクティブなリソースをすべて終了したいと考えています。

簡単な説明

AWS アカウントを解約する前に、以下の点を考慮してください。

  • AWS アカウントが解約されると、解約前に発生した使用料が課金されます。
  • アカウントを解約することで、すべてのアクティブなリソースが自動的に終了するわけではありません。アカウントを解約した後でも、アクティブな一部のリソースに対して引き続き料金が発生する可能性があります。
  • 90 日以内に解約した AWS アカウントを再開した場合、アカウントを解約する前に終了していない AWS のサービスに対して課金される場合があります。
  • AWS アカウントを解約する前に、アクティブなリソースがあるかどうかを確認し、それらを終了することがベストプラクティスです。

解決方法

アカウントにアクティブなリソースがあるかどうかを確認するには、次の操作を行います。

  1. 請求およびコスト管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで [請求] を選択します。
    さまざまなサービスで発生した料金は、[サービス別の請求の詳細] セクションで確認できます。
    さまざまな AWS リージョンで発生した料金は、[アカウント別の請求の詳細] セクションで確認できます。
    注意: 前月の [サービス別の請求の詳細] セクションを確認して、料金が発生するすべてのサービスを特定することをお勧めします。
  3. サービスごとに、サービスで料金が発生したリージョンを特定します。

異なるサービスで識別されたアクティブなリソースを終了するには、次の操作を行います。

  1. AWS マネジメントコンソールを開きます。
  2. [サービスの検索] に、サービス名を入力します。
  3. サービスコンソールを開いた後、アクティブなリソースをすべて終了します。リソースを割り当てた各リージョンを確認してください。
    ヒント: ナビゲーションバーのリージョン選択を使用してリージョンを変更できます。

一般的に使用される AWS サービスのアクティブなリソースを終了するには、次の操作を行います。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

  • Amazon S3 オブジェクトを削除するには、S3 バケットからオブジェクトを削除する方法を教えてくださいを参照してください。
    注意: バケット内のオブジェクトを削除する前に、Amazon S3 バケットのサーバーアクセスログが無効になっていることを確認してください。無効になっていない場合、バケットのオブジェクトを削除した直後にバケットにログが書き込まれる場合があります。詳細については、S3 バケットのサーバーアクセスログ記録を有効にする方法を教えてくださいを参照してください。
  • Amazon S3 バケットを削除するには、S3 バケットを削除する方法を教えてくださいを参照してください。
  • AWS Elastic Beanstalk によって作成された Amazon S3 バケットがある場合は、まず Amazon S3 コンソールのバケットプロパティの [アクセス許可] セクションからバケットポリシーを削除する必要があります。詳細については、Amazon S3 での Elastic Beanstalk の使用を参照してください。
    注意: アカウントで Elastic Beanstalk が作成したバケットを削除しても、対応するリージョンに既存のアプリケーションと実行中の環境が残っている場合、アプリケーションが正確に機能しない可能性があります。

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)

  • Amazon RDS リソースを削除するには、DB インスタンスの削除を参照してください。
  • Amazon RDS スナップショットを削除するには、スナップショットの削除を参照してください。
  • DB インスタンスで保持されている自動バックアップを削除するには、バックアップの使用を参照してください。
    重要: 削除保護が有効になっている DB インスタンスまたは DB スナップショットを削除するには、インスタンスを変更して削除保護を無効にする必要があります。

Amazon Lightsail

サブスクリプション

  • Amazon EC2 RI、Amazon RDS RI、Redshift RI、または ElastiCache リザーブドキャッシュノードなど、アカウントに月額料金が設定されたリザーブドインスタンス (RI) がある場合、プラン期間が終了するまで、これらのサブスクリプションに対して請求が行われます。AWS は、サブスクリプション期間が終了する前にリザーブドインスタンスをキャンセルすることはできませんが、Amazon EC2 リザーブドインスタンスの Marketplace で販売する EC2 RI をリストすることはできます。詳細については、リザーブドインスタンスの Marketplace を参照してください。
  • Savings Plan にサインアップした場合は、プラン期間が終了するまで Savings Plan の対象となるコンピューティング使用量に対して請求が行われます。

その他のサービス