私は、新しいコードをトラブルシューティングのために試験環境にデプロイし、必要な変更を行い、その後、承認されたコードを本番環境にデプロイしたいと思っています。その方法を教えてください。

AWS CloudFormation テンプレートを AWS CodePipeline および AWS CodeCommit と組み合わせて使用すれば、アプリケーションの変更が承認された場合、本番環境にデプロイするための試験環境を作成することができるので、継続的なデリバリワークフローを自動化することができるようになります。

詳しい説明およびコードの例については、「ウオークスルー: 試験および本番スタックのためのパイプラインの構築」を参照してください。

AWS CodePipeline、AWS CloudFormation、AWS CodeCommit、デプロイ、本番、試験、パイプライン、コード


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2017 年 1 月 9 日