AWS DMS で変換を使用するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 10 月 15 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) で変換を使用して、スキーマ、テーブル、列を変更するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

変換を使用して、スキーマ、テーブル、列を変更することができます。たとえば、テーブルのプレフィックスまたはサフィックスの名前変更、追加、置換、削除、またはテーブル名の大文字または小文字への変更を行うことができます。AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) または API を使用するか、AWS DMSコンソールを使用して、変換ルールを定義できます。

解決方法

注意: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] を選択します。
  2. [Create task] を選択します。
  3. [Task configuration] と [Task settings] に詳細を入力します。
  4. [Enable CloudWatch logs] を選択します。
  5. [Table mappings] セクションで、 [Guided UI] を選択します。[JSON editor] を選択し、JSON 形式のマッピングを入力することもできます。
  6. [Selection rules] セクションを展開してから、 [Add a new selection rule] を選択します。
  7. スキーマテーブル名を入力します。
  8. [Action] で、 [Include] または [Exclude] を選択します。
    注意: 複数の選択ルールを追加するには、[Add new selection rule] を選択してから選択ルールの詳細を入力します。変換を使用するには、少なくとも 1 つの選択ルールが必要です。
  9. [Transformation rules] セクションを展開してから、[Add a new transformation rule] を選択します。
  10. スキーマテーブルを選択して、ターゲットを選びます。
    注意: を選択した場合は、スキーマテーブルの名前を入力する必要があります。テーブルを選択した場合は、スキーマおよびテーブルの名前だけを入力する必要があります。スキーマを選択した場合は、スキーマの名前だけを入力する必要があります。
  11. [Action] で、以下のいずれかを選択します:
    名前を変更する
    列を削除する (ターゲットとしてスキーマまたはテーブルを選択した場合は利用できません)
    小文字にする
    大文字にする
    プレフィックスを追加する
    プレフィックスを削除する
    プレフィックスを置き換える
    サフィックスを追加する
    サフィックスを削除する
    サフィックスを置き換える
  12. [Add a new transformation rule] を選択して、半券ルールを保存します。
  13. [Create task] を選択します。

既存のタスクに変換を追加するには、ナビゲーションペインで [Database migration tasks] を選択します。タスクを選択し、[Actions] を選択してから [Modify] を選択します。[Table mappings] セクションで [Selection rules] を展開してから、 [Add new selection rule] を選択します。さらに変換を追加するには、[Transformation rules] を展開し、[Add a new transformation rule] 、 [Save] の順に選択します。

これらの各変換ルールの動作 (例を含む) の詳細については、「 変換ルールとアクション」を参照してください。


この記事は役に立ちましたか?


請求または技術面でのサポートが必要ですか?