Dennis が失敗した SNS プッシュ通知配信の
トラブルシューティングについて手順を追って説明する

troubleshoot-failed-sns-deliveries-dennis

Amazon SNS プッシュ通知のステータスの配信を確認するためのベストな方法は何ですか。また、特定の通知が失敗していることはどのような方法でわかるのですか。

Amazon SNS のステータスの配信を有効にすると、Amazon CloudWatch ログに、プッシュ通知トランザクションの配信の成功と失敗のログが記録されるようになります。

Amazon SNS プラットフォームアプリケーションのステータスの配信は、AWS 管理コンソール、AWS SDK、または AWS CLI を使って、有効にすることができます。

AWS 管理コンソールを使って、プラットフォームアプリケーションのステータスの配信を有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. Amazon SNS コンソールを開きます。
  2. [Applications (アプリケーション)] を選択します。
  3. ステータスの配信を有効にするプラットフォームアプリケーションを選択します。
  4. [Actions (アクション)] に対して、[Delivery status (ステータスの配信)] を選択します。
  5. [Create IAM roles (IAM ロールの作成)] を選択します。IAM コンソールにリダイレクトされます。
  6. [requesting permission (アクセス許可の要求)] ページで、[Allow (許可)] を選択します。
  7. [Save configuration (構成を保存)] を選択します。

ログを表示するには、Amazon CloudWatch コンソールを開いて、左のナビゲーションペインから、[Logs (ログ)] を選択します。使用しているアプリケーションタイプによっては、プラットフォームアプリケーションの成功通知と失敗通知の 2 つのロググループが表示されます。注: ログがコンソールに表示されるのは、メッセージがエンドポイントにパブリッシュされた後です。

SNS プラットフォームアプリケーションの GCM および APNS のログ形式は、次のとおりです。

SNS/ / /app/ /

デリバリが失敗した場合、ログのエントリには「Failed」が付加されます。

ログには、かかった時間 (dwellTimeMs)、メッセージ ID、宛先エンドポイント、プロバイダーからの応答、およびステータスコードが記録されます。プッシュ通知の場合、Amazon SNS がプロバイダーにメッセージを渡した時点で、成功したことが通知されます。通知がデバイスへ配信されたことは保証されません。

メッセージの失敗をトラブルシューティングするには、プロバイダーのステータスコードを検索します。Apple (APNS) や Google (GCM) の場合、providerResponse がそれに該当する応答メッセージです。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナレッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 8 月 24 日