DynamoDB の Time to Live (TTL) を設定するにはどうすればよいですか。

最終更新日: 2021 年 6 月 21 日

Amazon DynamoDB テーブルで Time to Live (TTL) を有効にしたいと考えています。

解決方法

Amazon DynamoDB TTL では、項目ごとのタイムスタンプを定義して、不要になった時期を判断できます。TTL タイムスタンプの有効期限が切れると、DynamoDB は書き込みスループットをまったく消費せずに 48 時間以内にテーブルから項目を削除します。項目の削除にかかる時間は、テーブルのサイズとアクティビティレベルによって異なる場合があります。

TTL を有効化するには、「Time to Live の有効化」を参照してください。テーブルに TTL 属性を作成するときは、次の点に注意してください。

  • TTL 属性は、数値データ型を使用する必要があります。文字列など、その他のデータ型はサポートされていません。
  • TTL 属性ではエポック時間形式を使用する必要があります。例えば、2019 年 10 月 28 日 13:12:03 UTC のタイムスタンプをエポック形式にすると 1572268323 になります。正確な値を取得するには、EpochConverter などのフリーオンラインコンバーターを使用します。
    注: タイムスタンプがミリ秒単位ではなく秒単位であることを確認してください (例えば、1572268323000 ではなく 1572268323 を使用する)。

この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?