AWS DMS の検証機能を有効にして使用する方法を教えてください。

最終更新日: 2021 年 2 月 16 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) の検証機能を有効にして使用する方法を教えてください。

解決方法

検証機能を有効にして使用する前に、「AWS DMS タスクを検証するための制限事項」をご参照ください。

新しいタスクの検証を有効にする

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. [Create task] (タスクの作成) を選択します。
  3. [Task configuration] (タスクの設定) と [Task settings] (タスク設定) に詳細を入力します。
  4. [Task settings] (タスク設定) セクションから、[Enable validation] (検証の有効化) と [Enable CloudWatch logs] (CloudWatch Logs の有効化) を選択します。
  5. 必要に応じて、[Advanced task] (詳細タスク) を設定します。
  6. [Create task] (タスクの作成) を選択します。

既存のタスクの検証を有効にする

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. タスクを選択し、タスクのステータスが [Failed] (失敗) または [Stopped] (停止) であることを確認します。
  3. [Actions] (アクション)、[Modify] (変更) の順に選択します。
  4. [Task settings] (タスク設定) セクションから、[Enable validation] (検証の有効化) のチェックボックスをオンにします。
  5. [Save] (保存) を選択します。

検証結果を表示する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. タスクの名前を選択します。
  3. [Table statistics] (テーブル統計) セクションから、結果を確認します。詳細については、「レプリケーションタスク統計」をご参照ください。

タスク内のテーブルを再検証する

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。
  2. タスクの名前を選択します。
  3. [Table statistics] (テーブル統計) セクションからテーブルを選択し、[Validate again] (再検証) を選択します。
  4. 検証メトリクスを確認するには、ナビゲーションペインから [Database migration tasks] (データベース移行タスク) を選択します。 
  5. タスクの名前を選択して、[Migration task metrics] (移行タスクのメトリクス) セクションを確認します。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?