プライベートホストゾーンを使用するにはどの Amazon VPC オプションを有効にすればよいですか?

最終更新日: 2019 年 9 月 3 日

プライベートホストゾーンを作成して仮想プライベートクラウドに関連付けました。ただ、ドメイン名はまだ解決されていません。プライベートホストゾーンを機能させるには、どの Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) オプションを有効にすればよいですか?

解決方法

DNS ホスト名と DNS 解決は、プライベートホストゾーンに必須の設定です。プライベートホストゾーンに対する DNS クエリは、Amazon が提供する VPC DNS サーバーでのみ解決できます。したがって、プライベートホストゾーンを機能させるにはこれらのオプションを有効にする必要があります。これらのオプションを変更するには、「VPC の DNS サポートを更新する」を参照してください。

DNS ホスト名

  • Amazon VPC ウィザードを使って作成されたものではない、デフォルト以外の仮想プライベートクラウドの場合、このオプションはデフォルトで無効になっています。DNS ホスト名を有効にすることなくドメインのプライベートホストゾーンを作成しこのゾーンにレコードを作成すると、プライベートホストゾーンは有効になりません。
  • プライベートホストゾーンを使用するには、このオプションを有効にする必要があります。

DNS 解決

  • プライベートホストゾーンは、VPC DNS サーバーから届く DNS クエリのみを受け付けます。VPC DNS サーバーの IP アドレスは、VPC IPv4 ネットワーク範囲のベースに 2 を付加した予約済み IP アドレスです。DNS 解決を有効にすると、VPC DNS サーバーを DNS 解決を実行するためのリゾルバーとして使用できます。
  • DHCP オプションセットでカスタム DNS サーバーを使用していて、プライベートホストゾーンを使用していない場合は、このオプションは無効にしておきます。
  • エンドポイントドメインを AWS Managed Services のプライベート IP アドレスに解決するには、このオプションと DNS ホスト名を有効にする必要があります。こうしたサービスには、たとえば、AWS PrivateLink や Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) などがあります。

この記事は役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合