AWS 無料利用枠の内容と利用方法を教えてください。

最終更新日: 2022 年 4 月 28 日

AWS 無料利用枠の適用対象となるリソースを使用して AWS をテストしたいと考えています。AWS 無料利用枠の内容と、AWS 無料利用枠を使用する際の留意事項を教えてください。

簡単な説明

AWS 無料利用枠は、新しい各 AWS アカウントで自動的にアクティブ化されます。AWS 無料利用枠では、各月の特定の最大使用量まで、一部の AWS のサービスを無料でお試しいただけます。

重要: すべての AWS のサービスが無料というわけではありません。無料利用枠で起動された一部のサービスには、使用制限があります。使用制限を超えた場合は、標準料金が課金されます。

AWS 無料利用枠の内容をチェックして、使用する予定のサービスが対象となっているか、また使用量の制限が適用されるかをご確認ください。

解決方法

AWS 無料利用枠を使用する際は、以下の点に注意してください。

無料利用枠には、3 種類のサービスが含まれています

  • トライアル: サービスをアクティベートした日から開始される短期トライアルサービスです。トライアル期間が満了すると、標準料金をお支払いいただきます。さまざまなサービス料金の詳細については、AWS 料金表をご参照ください。
  • 12 か月間無料: これらのサービスは、最初のサインアップ日から 12 か月間限定的に使用できます。12 か月間の無料利用枠の有効期限が切れた後、またはアプリケーションでの使用が無料利用枠の制限を超えた場合は、標準料金をお支払いいただきます。
  • 常時無料: これらのサービスは AWS のお客様なら誰でもご利用いただけます。12 か月間の AWS 無料利用枠の期間が終了しても期限切れになることはありません。

すべての無料使用が AWS 無料利用枠の一部ではありません

一部のサービスでは、AWS 無料利用枠外の無料トライアルを利用できます。アカウントが AWS の無料利用枠の対象であるかどうかに関係なく、一定レベルのサービスが無料で提供されるサービスもあります。

そのサービスに無料試用オプションがあるかどうかを確認するには、サービスの料金に関するドキュメントを参照してください。

サービスへのアクセスは、AWS 無料利用枠によって制限されません

起動するサービスについては、お客様に責任があります。無料利用枠の対象外のサービスと使用に対しては、料金が発生する可能性があります。無料利用枠の制限を超えた後のリソースのコストについては、「計画した AWS リソース設定のコストを見積もる方法を教えてください」を参照してください。

不要な請求を避ける

不要な請求を避けるには、「AWS 無料利用枠の使用中に、請求が発生するのを防ぐにはどうすればよいですか?」を参照してください。