2014 年 9 月 10 日より前に利用可能になった Windows Server 2012 R2 の Amazon Machine Images (AMI) から作成された Amazon EC2 インスタンスは、インスタンスの再起動後にネットワークとストレージの接続が失われることがあります。

Windows Server 2012 R2 のプラグアンドプレイクリーンアップ機能によって、30 日ごとに非アクティブなシステムデバイスがスキャンされて無効になります。この機能によって、EC2 ネットワークデバイスが非アクティブと見なされ、システムから削除されて、インスタンスの再起動後にネットワーク接続が失われます。

2014 年 9 月 10 日より前に利用可能になった Windows Server 2012 R2 AMI 用に、インプレースドライバアップグレードが可能です。ソフトウェアパッケージをダウンロードして、既存のインスタンスで実行できます。

2014 年 9 月 10 日から 10 月 14 日までの間に公開された Microsoft Windows Server 2012 R2 の AMI は、プラグインが無効になった状態で事前設定されるため、必要に応じてクリーンアップタスクを開始/停止、サイズ変更、再起動できます。2014 年 10 月 15 日以降に公開された Windows Server 2012 R2 の AMI には、プラグアンドプレイクリーンアップタスクと互換性がある最新の準仮想化(PV)ドライバが含まれています。

2014 年 9 月 10 日より前のインスタンスでインプレースドライバアップグレードを実行できない場合は、役に立つスクリプトが用意されています。スクリプトを使用すると、インスタンスが影響を受けているかどうかすばやく調べることができます。影響を受けている場合、デバイスがまだ削除されていないと、スクリプトによってプラグアンドプレイクリーンアップスキャンが無効になります。デバイスがすでに削除されている場合、スクリプトによってデバイスが修復され、プラグアンドプレイクリーンアップスキャンが無効になり、インスタンスが再起動されて、ネットワーク接続が有効になります。

この問題の詳細については、「Windows Server 2012 R2 が実行されている Amazon EC2 インスタンスに関する重要な情報」の FAQ セクションを参照してください。

Amazon Elastic Compute Cloud, Windows Server 2012 R2, インスタンス, ネットワーク接続, ストレージ, 準仮想化ドライバ


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。