Windows 10 BYOL WorkSpace を再構築しても、スタートメニュー、アクションセンター、または Cortana 検索が応答しないのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 2 月 11 日

Amazon WorkSpaces の Windows 10 Bring Your Own License (BYOL) WorkSpace を再構築した後、スタートメニュー、アクションセンター、または Windows 検索が機能しません。どうすれば解決できますか? 

簡単な説明

WorkSpace を再構築すると、カスタムバンドルから新しい WorkSpace が作成されます。ただし、ユーザープロファイルを含む D:\ ドライブは、ボリュームの最新の Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) スナップショットから復元されます。

ユーザープロファイルの TileDataLayer データベースは、スタートメニュー、アクションセンター、および Cortana 検索と緊密に統合されています。WorkSpace の再構築により、新しいオペレーティングシステムの情報とユーザープロファイル内の変更されたデータベースの間に不一致が生じる可能性があります。

この問題は、2019 年 5 月よりも前に作成されたカスタムバンドルから起動または再構築された WorkSpace に影響を与える可能性があります。

情報の不一致により、Windows 10 WorkSpace で次のいずれかの現象が発生する場合があります。

  • Windows のスタートメニューを選択しても、何も起こらない。
  • Windows アクションセンターを選択しても、何も起こらない。
  • Windows 検索がタスクバーから開かない。

解決方法

以下のステップは BYOL WorkSpaces に適用されます。BYOL を有効にしていない場合、または 2019 年 5 月より後に作成されてから再構築できるバンドルがない場合は、「Windows 10 WorkSpace を再構築しても、スタートメニュー、アクションセンター、または Cortana 検索が応答しないのはなぜですか?」を参照してください。

  1. 既存のバンドルに基づいて WorkSpace に最新の Windows Update をインストールします。
  2. WorkSpace からイメージを作成し、新しいイメージでバンドルを更新します。手順については、カスタム WorkSpaces バンドルの更新を参照してください。
  3. WorkSpace を再構築します