Windows 10 WorkSpace を再構築しても、スタートメニュー、アクションセンター、または Cortana 検索が応答しないのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 2 月 11 日

Amazon WorkSpaces の Windows 10 WorkSpace を再構築した後、スタートメニュー、アクションセンター、または Windows 検索が機能しません。どうすれば修正できますか?

簡単な説明

WorkSpace を再構築すると、カスタムバンドルから新しい WorkSpace が作成されます。ただし、ユーザープロファイルを含む D:\ ドライブは、ボリュームの最新の Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) スナップショットから復元します。ユーザープロファイルの TileDataLayer データベースは、スタートメニュー、アクションセンター、および Cortana 検索と緊密に統合しています。WorkSpace の再構築により、新しいオペレーティングシステムが持っている情報と、ユーザープロファイル内の変更済みデータベースとの間に不一致が生じる可能性があります。

この問題は、2019 年 5 月以前に作成されたカスタムバンドルから起動または再構築した WorkSpaces に影響を与えることがあります。

情報の不一致により、Windows 10 WorkSpace で次のいずれかの現象が発生する場合があります。

  • Windows のスタートメニューを選択しても、効果が生じません。
  • Windows のアクションセンターを選択しても、効果が生じません。
  • Windows 検索がタスクバーから開きません。

解決方法

検索機能の修復

1.    リモートデスクトッププロトコル (RDP) を使用して、別のユーザーアカウントからWorkSpace に接続します

2.    割り当てられたユーザーのプロファイル内にある次の場所に移動します。D:\%userprofile%\Appdata\local\packages

3.    Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy フォルダを削除します。

4.    WorkSpace を再起動します

5.    Amazon WorkSpaces クライアントを使用して WorkSpace に接続します。

6.    Windows PowerShell を管理者として開き、次のコマンドを実行します。

Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.windows.cortana | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}

期待される出力:

VERBOSE: Performing the operation “Register package” on target “C:\Windows\SystemApps\Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy\AppXManifest.xml”.
VERBOSE: Operation completed for: C:\Windows\SystemApps\Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy\AppXManifest.xml

検索機能が直ちに再開します。

スタートメニューとアクションセンターの機能を修復する

1.    割り当てられたユーザーのプロファイル内にある次の場所に移動します。D:\%userprofile%\AppData\local\packages

2.    Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy フォルダを削除します。

3.    Windows PowerShell を管理者として開き、次のコマンドを実行します。

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy\AppXManifest.xml"}

スタートメニュー機能が直ちに再開します。

カスタムバンドル

カスタムバンドルを使用する場合は、今後再び構築するときのためにバンドルを更新してください。