AWS サポートのプランの料金

ベーシックサポートプランが含まれています

デベロッパー

29.00 USD と次の計算結果のうち大きい方

– または –

月額 AWS 使用料の 3%

ビジネス

100.00 USD と次の計算結果のうち大きい方

– または –

月額 AWS 使用料のうち最初の 0~10,000 USD に対しては 10%

月額 AWS 使用料のうち 10,000〜80,000 USD に対しては 7%

月額 AWS 使用料のうち 80,000〜250,000 USD に対しては 5%

月額 AWS 使用料のうち 250,000 USD を超える分に対しては 3%

エンタープライズ On-Ramp

5,500.00 USD と次の計算結果のうち大きい方

– または –

月額 AWS 使用料の 10% の場合

エンタープライズ

15,000.00 USD と次の計算結果のうち大きい方

– または –

月額 AWS 使用料のうち最初の 0~150,000 USD に対しては 10%

月額 AWS 使用料のうち 150,000〜500,000 USD に対しては 7%

月額 AWS 使用料のうち 500,000〜1,000,000 USD に対しては 5%

月額 AWS 使用料のうち 1,000,000 USD を超える分に対しては 3%

料金の例

開発者サポートプランの料金の例

毎月の AWS 料金が 2,000 USD の場合:

2,000 USD x 3% = 60 USD

(AWS 料金の 3%)

____________

合計 = 60 USD

ビジネスサポートプランの料金の例

月額 AWS 使用料が 85,000 USD の場合:

10,000 USD x 10% = 1,000 USD

(料金の最初の 0 - 10K USD の 10%)

+ 70,000 USD x 7% = 4,900 USD

(料金の 10K - 80K USD の 7%)

+ 5,000 USD x 5% = 250 USD

(料金の 80K - 250K USD の 5%)

+ 0 USD x 3% = 0 USD

(料金の 250K USD を超える分の 3%)

____________

Total = 6,150 USD

エンタープライズ On-Ramp プランの料金の例

月額 AWS 使用料が 100,000 USD の場合:

100,000 USD × 10% = 10,000 USD

(AWS 料金の 10%)

____________

合計 = 10,000 USD

エンタープライズサポートプランの料金の例

月額 AWS 使用料が 1.2M USD の場合:

150,000 USD x 10% = 15,000 USD

(料金の最初の 0 - 150K USD の 10%)

+ 350,000 USD x 7% = 24,500 USD

(料金の 150K - 500K USD の 7%)

+ 500,000 USD x 5% = 25,000 USD

(料金の 500K - 1M USD の 5%)

+ 200,000 USD x 3% = 6,000 USD

(料金の 1M USD を超える分の 3%)

____________

合計 = 70,500 USD

有料の AWS Supportプランはすべて、長期契約なしで毎月請求されます。AWS Support料金は、Business および Developer Supportプランの場合はアカウントごとに計算されます。エンタープライズ On-Ramp およびエンタープライズサポートの場合、エンタープライズ On-Ramp およびエンタープライズサポートに登録しているすべてのアカウント ID に対する AWS の毎月の総料金に基づいて請求されます。

Developer、Business、Enterprise On-Ramp、Enterpriseの各Supportプランの月額料金は、毎月の AWS の総料金 (割引またはクレジットを適用する前の料金) に基づいて計算されます。AWS Support、AWS マネージドサービス、AWS Marketplace、AWS Professional Services、AWS トレーニングと認定を含む特定の AWS のサービスの料金は、AWS Support料金の計算に含まれません。

AWS サポート料金は、上記のとおり、(a) 指定された最低月額料金、または (b) 月額 AWS 料金に対する一定の割合のうち高い方になります。サインアップから 30 日以内に AWS サポートのサブスクリプションをキャンセルした場合でも、月額最低額または登録期間中の AWS の料金の一定の割合を支払う必要があります。AWS は、AWS サポートのサインアップおよびキャンセルを頻繁に行うお客様に対して AWS サポートの提供を拒否する権利を留保します。

リザーブドリソースのサポートの購入

Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon ElastiCache、Amazon Elasticsearch、Amazon DynamoDB (およびそのようなリザーブドリソースが存在するその他の AWS のサービス) の Savings Plans、リザーブドインスタンス、ノードに対して料金を前払いし、有料の AWS Supportプランに登録する場合、それぞれのリザーブドリソースの前払い料金は、リソースを購入した月の AWS Support料金の計算に含まれます。さらに、こうしたリソースに対して毎月発生する料金は、そうした料金が発生した月の AWS Support料金の計算に含まれます。

有料 AWS Supportプランにサインアップしたときに既存のリザーブドリソースがある場合、予約期間で按分計算されるリザーブドリソースに対する前払い料金が、AWS Supportの最初の月の料金計算に含まれます。例えば、1 月 1 日に 3 年契約で全部または一部前払いの Amazon EC2 リザーブドインスタンスを購入しており、同年の 10 月 1 日にビジネスサポートプランにサインアップした場合、1 月に支払った前払い料金の 75% が 10 月のサポート料金の計算に含まれます。