AWS 料金表

AWS 料金のしくみはどのようになっていますか?

AWS では 120 種類を超えるクラウドサービスについて従量制料金を適用しています。  AWS では必要な個々のサービスにのみ、サービスを使用する期間だけお支払いいただき、長期契約や複雑なライセンスは必要ありません。  AWS の料金は、水道や電気などの公共料金の支払方法に似ています。  サービスを消費した分だけ支払い、サービスの使用を停止したときの追加コストや解約料金はありません。 

AWS の支払い方法はどのようになっていますか?

従量制料金

AWS では使用した分の料金のみでご利用いただけます。組織の俊敏性と応答性を確保し、いつでもスケールの要求を満たすことができます。

従量制料金とすることで、予算を過剰に計上することなく、変化するビジネスニーズに容易に適応でき、変化にすばやく対応できるようになります。従量制料金モデルでは、予測ではなくニーズに応じてビジネスを調節できるため、過大なプロビジョニングや能力不足に陥るリスクが削減されます。

必要に応じてサービスに支払うことにより、イノベーションや発明に集中し、購買業務の複雑さを解消して、ビジネスに柔軟性をもたらすことができます。

オンプレミス/コロケーション

pricing_01
pricing_03
未利用分

AWS

pricing_02

予約して節約する

Amazon EC2 や Amazon RDS のような特定のサービスについては、リザーブドキャパシティー料金を利用できます。リザーブドインスタンスでは、同等のオンデマンドキャパシティーに比べて最大 75% 節約できます。 リザーブドインスタンスには、全額前払い (AURI)、一部前払い (PURI)、または前払いなし (NURI) の 3 つのオプションがあります。

リザーブドインスタンスを購入する場合、前払いが大きいほど割引も大きくなります。すべて前払いでお支払いいただくと割引額は最大になり、費用を可能な限り削減できます。一部前払いにすると割引が少なくなりますが、前払い金額を減らすことができます。最後に、前払いなしでも少額の割引を受けることができます。これによって浮いた資金をほかのプロジェクトに回すことができます。

リザーブドキャパシティー料金を利用することによって、リスクを最小限に抑え、予測可能な予算管理を行い、長期的な履行を要するポリシーを順守することができます。

EC2 リザーブドインスタンスの詳細 »

RDS リザーブドインスタンスの詳細 »

リザーブドインスタンスマーケットプレイスの詳細 »

 

pricing_10

前払いなしで 1 年契約

955 USD/年 (オンデマンド)
pricing_13
vs.
650 USD/年 (NURI)
pricing_14
32% 削減
pricing_11

一部前払いで 1 年契約

955 USD/年 (オンデマンド)
pricing_13
vs.
554 USD/年 (PURI)
pricing_15
42% 削減
pricing_12

全額前払いで 1 年契約

955 USD (オンデマンド)
pricing_13
vs.
545 USD/年 (AURI)
pricing_16
43% 削減

使うほどにお安く

AWS ではボリュームディスカウントを受けることができ、使用量が増えるほど節約できます。S3 や EC2 からのデータ転送 (アウト) のサービスの価格は階層化されており、つまり使用すればするほど GB あたりの料金が安くなります。また、データ転送 (イン) は常に無料です。結果として、AWS を使用するニーズが増すほど規模の経済のメリットを受けることができ、導入規模を増やしつつ、コストを管理することができます。

AWS では、組織の発展に伴って発生するビジネスニーズに対処するためのサービスを入手できるオプションも用意しています。たとえば AWS のストレージサービスポートフォリオでは、データへのアクセス頻度とデータを取得する際に必要なパフォーマンスに基づいて価格を下げるためのオプションが用意されています。費用の節減を最適化するには、パフォーマンス、セキュリティ、耐久性を確保しつつ、コスト節減に役立つストレージソリューションを正しく組み合わせて選択してください。

階層化された料金の詳細 »  

 

pricing_04
50 TB までのストレージ
pricing_07
0.023 GB/月
pricing_05
51~100TB のストレージ
pricing_08
0.022 GB/月
pricing_06
500 TB 以上のストレージ
pricing_09
0.021 GB/月
pricing_pay-as-you-go

従量制料金

従量制料金とすることで、予算を過剰に計上することなく、変化するビジネスニーズに容易に適応でき、変化にすばやく対応できるようになります。  従量制料金モデルでは、予測ではなくニーズに応じてビジネスを調節できるため、過大なプロビジョニングや容量不足に陥るリスクを削減できます。

 


続きを読む »
pricing_reserved-instances-change

予約して節約する

Amazon EC2 や Amazon RDS のような特定のサービスについては、リザーブドキャパシティー料金を利用できます。  リザーブドインスタンスでは、同等のオンデマンドキャパシティーに比べて最大 75% 節約できます。  リザーブドインスタンスを購入する場合、前払いが大きいほど割引も大きくなります。

 


続きを読む »
pricing_pay-less-by-using-more

使うほどにお安く

AWS ではボリュームディスカウントを受けることができ、使用量が増えるほど節約できます。  S3 などのサービスの価格は階層化されており、使用すればするほど GB あたりの料金が安くなります。  AWS では、さまざまなビジネスニーズに対処するため、サービスを入手できるオプションを多数ご用意しています。

 


続きを読む »

サービス料金表