全般

Q: Amazon QuickSight とは何ですか?

Amazon QuickSight は非常に高速で使いやすいクラウド対応のビジネス分析サービスで、組織内のすべての従業員が可視化の構築、アドホック分析の実行およびデータから、いつでも、どのデバイス上ででもビジネスインサイトを迅速に得ることを容易にします。CSV および Excel ファイルをアップロード; Salesforce などの SaaS アプリケーションに接続; SQL サーバー、MySQL、PostgreSQL などのオンプレミスデータベースにアクセス; Amazon Redshift、Amazon RDS、Amazon Aurora、Amazon Athena、Amazon S3 などのAWS データソースをシームレスに見つけてください。QuickSight は優れたインメモリーエンジン (SPICE) を使って、組織がそのビジネス分析機能を何十万ものユーザーにスケールし、高速で応答性の良いクエリパフォーマンスを達成できるようにします。

Q: Amazon QuickSight と従来型ビジネスインテリジェンス (BI) ソリューションの違いは何ですか?

従来型 BI ソリューションでは多くの場合、データエンジニアのチームが最初のレポートを生成する前に複雑なデータモデルの構築に何か月も費やすことが求められます。それらのソリューションは一般的に、インタラクティブでアドホックなデータ調査および可視化に欠けており、ユーザーを既定のレポートや選択されたクエリに限定してしまいます。従来の BI ソリューションはまた、複雑で高価なハードウェアまたはソフトウェアにかなりの初期投資を必要とし、その後、顧客は、データベースのサイズが成長するにつれて、高速のクエリパフォーマンスを維持するためにさらに多くのインフラストラクチャに投資します。そのコストと複雑さは、企業が分析ソリューションを組織に行き渡らせることを難しくしています。Amazon QuickSight は AWS クラウドのスケールと柔軟性をビジネス分析にもたらしてこれらの問題を回ケルするように作られています。従来型 BI またはデータ検出ソリューションとは異なり、簡単かつ速やかに Amazon QuickSight の使用を開始できます。ログインすると、Amazon QuickSight は Amazon Redshift、Amazon RDS、Amazon Athena、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) などの AWS サービスにあるデータソースをシームレスに検出します。Amazon QuickSight の検出したデータソースのどれにでも接続して、数分でこのデータから洞察を得られます。基盤となるソースのデータが変更される際、Amazon QuickSight を選択することにより、最新の SPICE にデータを保持できます。SPICE は豊富なエータ検出とビジネス分析機能をサポートしていますので、お客様はインフラストラクチャのプロビジョニングや管理を気にすることもなく、そのデータから貴重な洞察を得られます。組織は、長期的なライセンスのコストを排除し、各 Amazon QuickSight ユーザーのために低い月額料金を支払います。Amazon QuickSight により、巨額の初期費用をかけることなく、すべての従業員に豊富なビジネス分析機能を提供することが可能です。

Q: SPICE とは何ですか?

Amazon QuickSight は、超高速でパラレル、インメモリの計算エンジンである「SPICE」を採用して構築されています。クラウドのために一から設計された「SPICE」は、列指向ストレージ、最新のハードウェアイノベーションによって可能になったインメモリ技術、それにマシンコード生成を組み合わせて、大規模データセットにインタラクティブなクエリを実行し、すばやくレスポンスを得られます。SPICE では充実した計算がサポートされているので、インフラストラクチャのプロビジョニングや管理について心配することなく分析から価値ある洞察を得るのに役立ちます。SPICE 中のデータは、ユーザーが明示的に削除するまでは存続を続けます。SPICE ではまたデータが高可用性のために自動的に複製され、また QuickSight を数十万人ものユーザーが多彩な AWS のデータソース全体で高速かつインタラクティブな分析をすべて同時に実行するためにスケールさせることが可能です。

Q: どうすれば Amazon QuickSight の使用を開始できますか?

使い始めるには、Amazon Quicksight にサインインして、1 ユーザー、1GB の SPICE 容量を無料で手に入れてください。すでにサインアップした方は、QuickSight に https://quicksight.aws.amazon.com でアクセスできます。

作成者と閲覧者

QuickSight の "作成者" とは誰ですか?
QuickSight の作成者とは、データソースへの接続 (AWS の内外を問わず)、可視化の作成、データの分析を行えるユーザーです。作成者は、パラメータや計算フィールドといった QuickSight の高度な機能を利用してインタラクティブなダッシュボードを作成し、ダッシュボードをアカウント内の別のユーザーに公開できます。

QuickSight の "閲覧者" とは誰ですか?
QuickSight の閲覧者とは、インタラクティブなダッシュボードを利用するユーザーです。閲覧者は、ウェブブラウザまたはモバイルアプリケーションから、組織の任意の認証メカニズム (QuickSight のユーザー名とパスワード、SAML を使用したポータルまたは AD 認証) でサインインし、共有されたダッシュボードの閲覧、データのフィルタリング、詳細情報へのドリルダウン、CSV ファイルでのデータエクスポートを行えます。ただし、閲覧者には SPICE 容量は割り当てられません。

個々のエンドユーザーには閲覧者としての QuickSight へのアクセスがプロビジョニングされます。閲覧者向けの料金は、手動によるセッションの操作に対してのみ適用されます。AWS は独自の裁量により、エンドユーザーが閲覧者向けセッションを別の用途 (プログラムによるクエリや自動クエリなど) で利用していると判断した場合、閲覧者向けに設定された月額料金を上回る料金を課金する権利を留保します。

閲覧者を作成者にアップグレードすることはできますか?
はい。QuickSight ユーザー管理オプションを使用して閲覧者を作成者に簡単にアップグレードできます。

Standard Edition のアカウントに閲覧者を追加することはできますか?
いいえ。セッション単位の料金で閲覧者が利用できるのは Enterprise Edition の場合のみです。Standard Edition のアカウントをお持ちの場合は、QuickSight の管理ページから Enterprise Edition にアップグレードできます。

QuickSight の閲覧者アカウントを使用して、プログラムから QuickSight にアクセスすることはできますか?
Amazon QuickSight の閲覧者向け料金は、個々のユーザーによるインタラクティブなデータ利用に対して適用されます。公正な利用規約が適用されており、閲覧者におけるシステムの不正使用があった場合、利用料金は作成者として計算されます。こうした状況の発生を防ぐため、プログラムによるダッシュボードの更新を必要に応じて作成者アカウントから実行されることをお勧めします。

QuickSight の "管理者" とは誰ですか?
QuickSight の管理者とは、QuickSight ユーザーとアカウントレベルの設定を管理し、アカウントの SPICE 容量と年間サブスクリプションを購入できるユーザーです。また、管理者は QuickSight のすべての作成機能を利用することや、必要に応じてアカウントを Standard Edition から Enterprise Edition にアップグレードすることもできます。

閲覧者または作成者を管理者にアップグレードすることはできますか?
Amazon QuickSight の作成者または閲覧者は管理者にいつでもアップグレードできます。

閲覧者向けセッションの 1 セッションあたりの時間はどれくらいですか?
Amazon QuickSight の閲覧者向けセッションは 1 セッションあたり 30 分です。1 セッションにつき 0.30 USD が請求されますが、閲覧者 1 人あたり 5 USD/月の上限が設定されています。

閲覧者向けセッションはいつ開始され、いつ終了しますか?
閲覧者向けセッションは、ユーザーがアクション (ログイン、ダッシュボードのローディング、ページの更新、ドリルダウンまたはフィルタリングなど) を開始した時から 30 分間実行されます。ブラウザのウィンドウまたはタブで Amazon QuickSight をバックグラウンドで開いたままにしていても、閲覧者がページでアクションを開始するまではアクティブなセッションにはなりません。

セッションが 30 分経過すると、閲覧者はログアウトされますか?
いいえ。閲覧者向けセッションは QuickSight 閲覧者において透過的です。閲覧者向けセッションは 30 分間隔で自動的に更新されますが、アクティビティがない状態が 30 分経過するとタイムアウトになります。閲覧者が QuickSight からログアウトされるのは認証の有効期限が切れた場合のみです。この期限は、採用されている認証スキームによって異なります (QuickSight のみを利用するユーザー、SAML/Open ID Connect または Active Directory のいずれか)。

閲覧者が QuickSight をバックグラウンドタブのブラウザで開いている場合、料金は発生しますか?
いいえ。バックグラウンドタブで Amazon QuickSight を開いている場合、使用料金は発生しません。セッションが開始されるのは、QuickSight ウェブアプリケーションで閲覧者による明示的なアクティビティがあった場合のみです。QuickSight ページをバックグラウンド状態に移行または最小化すると、閲覧者が再び QuickSight を操作するまでは (閲覧者がアクティブな状態でウィンドウまたはタブで開始したセッションを超える) セッションに対して追加料金は発生しません。

閲覧者 1 人あたり 5 USD/月の請求上限があるとはどういう意味ですか?

閲覧者は 1 セッションにつき 0.30 USD が請求されますが、1 人あたりの請求金額には最大 5 USD/月の上限が設定されています。この料金を超えて発生する追加のセッションについては QuickSight を無料でご利用いただけます。

QuickSight の "作成者" または "閲覧者" が追加のユーザーを招待することはできますか?
いいえ。QuickSight の作成者と閲覧者のユーザータイプでは、アカウント権限を変更することや追加のユーザーを招待することはできません。QuickSight の管理者権限を持つユーザーは、QuickSight ユーザーとアカウントレベルの設定を管理し、アカウントの SPICE 容量と年間サブスクリプションを購入できます。また、管理者は QuickSight のすべての作成機能を利用することや、必要に応じてアカウントを Standard Edition から Enterprise Edition にアップグレードすることもできます。

QuickSight の閲覧者アカウントを使用して、モニタや大画面で QuickSight ダッシュボードの表示やスクリプトでの更新を行えますか?
Amazon QuickSight の閲覧者向けの料金は、組織内のエンドユーザーによるインタラクティブなデータ利用に対して適用されます。QuickSight 閲覧者に関連した公正な利用規約に準拠するため、プログラムからのアクセスおよびスクリプトでの更新については、作成者アカウントを使用されることをお勧めします。

モバイルおよびウェブアクセス

Q: Amazon QuickSight をモバイルデバイスで利用できますか?

Amazon QuickSight の iPhone 用アプリはどこでもお客様のデータにアクセスでき、分析、ストーリー、ダッシュボードを隅々まで使えます。将来は Android とタブレットもサポートして、オフラインモードでの閲覧と注釈の作成もできるようになります。また、ラップトップやデスクトップで実行されている最新のブラウザを使用することや、Amazon QuickSight へアクセスすること、モバイルデバイスのウェブブラウザを使用することもできます。

Q: Amazon QuickSight はどのブラウザに対応していますか?

Amazon QuickSight は、Mozilla Firefox、Chrome、Safari、Internet Explorer version 10 以降および Edge の最新のバージョンに対応しています。

データ管理

Q: Amazon QuickSight ではどのデータソースがサポートされていますか?

Amazon RDS、Amazon Aurora、Amazon Redshift、Amazon Athena、Amazon S3 などの AWS データソースに接続できます。また、Excel スプレッドシートまたはフラットファイル (CSV、TSV、CLF、ELF) もアップロードでき、SQL サーバー、MySQL、PostgreSQL などのオンプレミスデータベースに接続、Salesforce などの SaaS アプリケーションからデータをインポートできます。

Q: Amazon QuickSight を Amazon EC2 またはオンプレミスのデータベースに接続できますか?

はい。Amazon QuickSight を Amazon EC2 またはオンプレミスのデータベースに接続するためには、ホストされているデータベースで Amazon QuickSight の IP 範囲を承認されているリスト (ホワイトリスト) に追加する必要があります。

Q: データファイルを Amazon QuickSight にアップロードする方法を教えてください。

XLSX、CSV、TSV、CLF、XLF ファイルを Amazon QuickSight のウェブサイトから直接アップロードできます。また、それらのファイルを Amazon S3 バケットにアップロードしたり、Amazon QuickSight を Amazon S3 オブジェクトにポイントしたりすることもできます。

Q: AWS データソースにあるデータにアクセスするにはどうすればよいですか?

Amazon QuickSight はお客様の承認を得ているアカウントの使用可能な AWS データソースをシームレスに検出します。データのブラウジングおよび可視化の構築を直ちに始めることができます。また、それらのソースの接続の詳細を提供することにより、アカウントに含まれていない別の AWS データソースに接続することもできます。

Q: 私のソースデータはクリーンなフォーマットではありません。可視化する前にどのようにデータをフォーマット化および変換しますか?

Amazon QuickSight では可視化の用意ができていないデータを準備できます。接続ダイアログの「Edit/Prepare Data」ボタンを選択します。Amazon QuickSight ではデータをフォーマット化および変換するためのさまざまな機能をサポートしています。データフィールドに別名を付けたり、データ型を変更したりできます。データのサブセット分割は組み込みのフィルターで、またデータベースの結合操作はドラッグ・ドロップで行えます。また数学的演算と、条件文、文字列、数字とデータ関数などの組み込みの関数を用いて計算されたフィールドも作成できます。

Q: Amazon QuickSight でどれくらいの量のデータを分析できますか?

Amazon QuickSight ではスケールについて心配する必要はありません。インフラストラクチャの管理を行うことなくデータを数百メガバイトからテラバイト級にシームレスに成長させることができます。

ユーザー管理

Q: Amazon QuickSight のユーザーアクセスの管理はどのようにできますか?

新規 Amazon QuickSight アカウントを作成すると、デフォルトで管理権限が与えられます。QuickSight ユーザーになるよう招待された場合、招待した人は ADMIN または USER ロールをあなたに割り当てます。ADMIN ロールがあれば、サービスを使うことに加えて、ユーザーアカウントの作成と削除、年間サブスクリプションと SPICE 容量の購入ができます。

ユーザーアカウントを作成するには、E メールの招待をアプリケーション中のインターフェイスを用いてユーザーに招待を送ると、そのユーザーはパスワードを指定してサインインし、アカウント作成を完了します。

可視化と分析

Q: Amazon QuickSight でどのように分析を作成できますか?

分析の作成は簡単です。Amazon QuickSight はお客様の AWS アカウント内の一般的な AWS データリポジトリからシームレスにデータを検出します。ただ Amazon QuickSight を検出されたデータソースにポイントするだけです。AWS アカウントまたは別のリージョンに含まれていない別の AWS データソースに接続するため、ソースの接続の詳細を提供できます。そして、テーブルを選択しデータの分析を開始します。スプレッドシートや CSV ファイルをアップロードして、Amazon QuickSight を使ってファイルを分析することもできます。可視化を作成するために、まず分析したいデータフィールドを選択するか、それともフィールドを視覚キャンバスに直接ドラッグするか、あるいは両方のアクションを組み合わせます。Amazon QuickSight は、選択したデータに基づいて表示するために、自動的に適切な可視化を選びます。

Q: どのように Amazon QuickSight はデータを使うための適切な可視化を選択するのですか?

Amazon QuickSight では AutoGraph と呼ばれる革新的なテクノロジーが活用されているので、濃度やデータ型といったデータのプロパティに基づいて最も適切な可視化を選択することが可能です。可視化のタイプは、データおよび関係性を効果的な方法で最も良く明らかにするために選ばれます。

Q: ダッシュボードを作成するには、どうすればよいですか?

ダッシュボードは一緒に配置されて目に見える、可視化、テーブル、その他の視覚的なディスプレイのコレクションです。Amazon QuickSight では、可視化のレイアウトとサイズを配置することにより、分析内でダッシュボードを作成し、そのダッシュボードを組織内の聴衆に公開できます。

Q: Amazon QuickSight ではどのタイプの可視化がサポートされていますか?

Amazon QuickSight は次のような様々な可視化をサポートし、多岐にわたる分析アプローチに対応しています:

  • 比較およびディストリビューション
    •     – 棒グラフ (幾つかの変化形の組み合わせ)
  • 経時変化
    •     – 線グラフ
    • エリアラインチャート
  • 相互関係
    •     – 散布図
    •     – ヒートマップ
  • 集計
    •     – 円グラフ
    •     – ツリーマップ
  • 表形式
    •     – ピボットテーブル

Q: 推奨されている可視化は何ですか? Amazon QuickSight はどのように提案を生み出すのですか?

Amazon QuickSight には組み込みのサジェストエンジンが用意されており、基礎となるデータセットのプロパティに基づいて推薦される可視化を提供します。提案は、分析のできるだけ早いステップまたは次のステップに役立ち、時間を奪う問い合わせやデータスキーマの理解のタスクを排除します。より特定のデータを使用する際、提案は現在の分析に適した次のステップを反映させるためにアップデートされます。

Q: ストーリーとは何ですか?

ストーリーは分析の特定のビューを介するガイド付きツアーです。これらは共同作業に際し、重要なポイント、思考過程、または分析の進化を伝達するために使用されます。分析の特定の状態をキャプチャし、注釈を付けることによって、Amazon QuickSight にそれらを構築できます。ストーリーの読者はストーリーのイメージをクリックすると、その時点の分析に入って自由に調査できます。

Q: Amazon QuickSight では、どんなタイプの計算が可能ですか?

よく使う算術および比較関数、if や then などの条件関数、日付、数字、文字列計算ができます。

Q: QuickSight を詳しく見るためのサンプルデータはどのようにして手に入れられますか?

Amazon QuickSight でアカウントを作成すると、サンプル分析が自動的に生成されます。生のデータも下のリンクからダウンロードできます:

これらのデータセットは、AWS のアドバンストコンサルティングパートナーでビッグデータコンピテンシーを受けた 47Lining が作成しました。

セキュリティとアクセス

Q: データはどのようにして Amazon QuickSight に送信されますか?

Amazon QuickSight にデータを取り込むには、幾つかの方法があります。ファイルのアップロード、AWS データソースに接続、ODBC と JDBC により、または API ベースのデータストアコネクタを通して外部のデータストアへ接続します。

Q: AWS リージョンを選択して、ホストされた、またはオンプレミスのデータベースに JDBC/ODBC 上で接続できますか?

はい。優れたパフォーマンスとユーザー対話性のため、顧客はお客様のデータが保存されているリージョンを使うことが勧められています。Amazon QuickSight の自動検出機能は、お客様が接続されている Amazon QuickSight エンドポイントの AWS リージョン内のみのデータソースを検出します。サポートされている Amazon QuickSight AWS リージョンのリストは、リージョンでの製品とサービスのページを参照して、すべての AWS グローバルインフラストラクチャを確認してください。

Q: Amazon QuickSight では多要素認証がサポートされていますか?

はい。AWS マネジメントコンソール経由で AWS アカウントの多要素認証 (MFA) を有効にすることができます。

Q: VPC はどのように Amazon QuickSight へ接続するのですか?

もし VPC が公共の接続で設定されている場合、トラフィックフローを VPC およびデータベースインスタンスで有効にするために、Amazon QuickSight の IP アドレス範囲をデータベースインスタンスのセキュリティグループルールに追加できます。

Q: 列レベルのセキュリティとは何ですか?

列レベルのセキュリティ (RLS) により、QuickSight データセットの所有者は、データを操作するユーザーに関連付けられているアクセス許可に基づいて、行単位でデータへのアクセスを制御できます。RLS を使用すると、Amazon QuickSight ユーザーは 1 つのデータセットのみを管理し、それに適切な行レベルのデータセットルールを適用します。これらのルールは、すべての関連付けられたダッシュボードと分析によって強制的に実行されるため、データセットが管理しやすくなるだけでなく、データのアクセス特権が異なるユーザー別に複数のデータセットを維持する必要がなくなります。

Q: Amazon QuickSight のコンテキストでプライベート VPC アクセスとはどういう意味ですか?

お客様のデータが AWS (Amazon Redshift、Amazon Relational Database Service (RDS)、または EC2 など) にあるか、または公衆接続の無いサーバー上の Teradata または SQL サーバー上のオンプレミスにある場合、この機能はちょうど適切なものです。QuickSight へのプライベート VPC (仮想プライベートクラウド) アクセスは Elastic Network Interface (ENI) を用いて、VPC 上のデータソースに安全で、プライベートなコミュニケーションを行います。これで AWS Direct Connect を使って安全で、プライベートなリンクをオンプレミスリソースに対して作成できます。

共有

Q: Amazon QuickSight の分析、ダッシュボード、またはストーリーをどのように共有できますか?

分析、ダッシュボード、またはストーリーは、QuickSight サービスインターフェイスの共有アイコンで共有できます。コンテンツを他者と共有する前に、受取人 (E メールアドレス、ユーザーネームまたはグループネーム)、アクセス権限レベル、およびその他のオプションを選択できます。

アップグレードとダウングレード

Standard Edition を Enterprise Edition にアップグレードすることはできますか?
はい。QuickSight の管理ページから Standard Edition のアカウントを Enterprise Edition にアップグレードできます。既存の認証情報とユーザーデータは Enterprise Edition にシームレスに移行されます。ユーザーには Enterprise Edition の料金と SPICE 容量が適用されます。

Enterprise Edition を Standard Edition にダウングレードすることはできますか?
いいえ。Amazon QuickSight の Enterprise Edition から Standard Edition にダウングレードすることはできません。Amazon QuickSight の Enterprise Edition では、QuickSight の閲覧者権限、プライベート VPC 上のデータソースへの接続、列レベルのセキュリティ、SPICE データの時間単位の更新、AD 接続、AD アカウントのグループベースのアセット管理といった拡張機能を利用できます。機能セットが異なることから、ダウングレードによってデータ接続やセキュリティの障害が発生する可能性があるため、このオプションはサポートされていません。

最新情報

これからの新らし、画期的な QuickSight 機能すべての最新情報を得るには、QuickSight アップデート E メールにサインアップしてください。