このクイックスタートでは、柔軟でセキュアな AWS クラウド環境をセットアップして、Kubernetes クラスターをユーザー指定の設定で自動的に起動できます。

Kubernetes は Docker などのコンテナによるクラウドワークロードを管理するオープンソースのオーケストレーションプラットフォームです。AWS クラウドに Kubernetes を実装すると、AWS インフラストラクチャの柔軟性とセキュリティに加え、Kubernetes の持つ強力なコンテナデプロイ、スケーリング、管理の能力を利用できます。

Kubernetes クイックスタートでは、1 つのマスターノード、デフォルトで 2 つの追加ノード、Kubernetes API への HTTPS アクセスに必要なロードバランサーを持つ Kubernetes クラスターをブートストラップできます。このクラスターは Kubernetes のネットワーキング、スケーリング、管理について知るのに適した小規模クラスターです。このクイックスタート設定を実行すると、大規模なデプロイと共通する主要部分を使用し、管理しやすい規模で Kubernetes の動作を確認できます。

2019 年 2 月注記 - このクイックスタートの以前のバージョンは、 Heptio Kubernetes クイックスタートという名前で公開されています。

このクイックスタートは VMware と AWS が共同開発しました。VMware は APN パートナーです。

  •  構築するもの
  • このクイックスタートを使用して、AWS で以下のコンポーネントをセットアップします。

    • 1 つのアベイラビリティーゾーンの Virtual Private Cloud (VPC)。*
    • 2 つのサブネット (パブリック 1 つ、プライベート 1 つ)。*
    • パブリックサブネットで Bastion ホストとして動作する 1 つの EC2 インスタンス。*
    • プライベートサブネットのマスターノードの自動復元機能を備えた 1 つの EC2 インスタンス。
    • プライベートサブネットの追加ノードに対応する Auto Scaling グループの 1~20 個の EC2 インスタンス。
    • Kubernetes API への HTTPS アクセスに使用する 1 つの Elastic Load Balancing (ELB) ロードバランサー。
    • 全ノードに対応する Ubuntu 18.04 LTS。
    • Linux での Kubernetes のブートストラップに使用する kubeadm
    • Kubernetes をサポートするコンテナランタイムに使用する Docker
    • ポッドネットワーキングに使用する Calico または Weave。デフォルトは Calico。
    • クラスター DNS に使用する CoreDNS または KubeDNS。デフォルトは CoreDNS。KubeDNS は CoreDNS への置き換えが進められているため、CoreDNS をサポートできない環境専用。
    • SSH アクセス (構成によって Bastion ホストまたはスタックに直接アクセス) 用のポート 22、API への HTTPS アクセス用のポート 6443、すべてのポートでのノード間接続性に対応する 1 スタックのみのセキュリティグループ。

    * クイックスタートを既存の VPC にデブロイするテンプレートは、アステリスクが付けられたタスクをスキップし、既存の VPC 設定に誘導します。

  •  デプロイ方法
  • デプロイメントガイドの指示に沿って、Kubernetes を AWS にデプロイします。デプロイプロセスには、以下の手順が含まれます。

    1. AWS アカウントをお持ちでない場合は、https://aws.amazon.com でサインアップしてください。
    2. クイックスタートを起動します。それぞれのデプロイにはおよそ 10 分かかります。次の 2 つのオプションから選択できます。
    3. (オプション) Kubernetes クラスターをテストします。

    Kubernetes クラスターと Bastion ホストのインスタンスタイプを選択し、セットアップするワーカーノード数を 1~20 個から選択し、ネットワークプロバイダー (Calico または Weave) を選択する形で、デプロイをカスタマイズできます。

    Amazon は、本パートナーソリューションで AWS と協力した AWS パートナーとユーザーデプロイ情報を共有する場合があります。  

  •  コストとライセンス
  • このクイックスタートリファレンスデプロイの実行中に使用した AWS のサービスのコストは、お客様が負担します。クイックスタートを使用しても追加コストは発生しません。

    このクイックスタートの AWS CloudFormation テンプレートには、カスタマイズ可能な設定パラメータが含まれています。設定の一部 (インスタンスの種類など) は、デプロイにかかるコストに影響します。費用の見積もりについては、使用する AWS の各サービスの料金ページをご覧ください。料金は変更される場合があります。

    Kubernetes はオープンソースの Apache 2.0 ライセンスを通じて無料で提供されています。