Amazon RDS の開始方法

Amazon RDS を理解する最善の方法は、技術資料の一部である入門ガイドを確認することです。お客様自身の DB インスタンスを作成してアプリケーションを開発する準備ができたら、AWS マネジメントコンソールまたは Amazon RDS API を使用して、数分で DB インスタンスを作成できます。

Amazon RDS の AWS 無料利用枠では、MariaDB を実行する単一 AZ マイクロ DB インタンスを無料でご利用いただけます。無料利用枠は、1 か月あたり 750 インスタンス時間までとなっています。また、1 か月につき 20 GB のデータベースストレージ、1000 万 I/O、20 GB のバックアップストレージも無料で使用可能です。

実行する DB インスタンスが 40 個を超える場合は、こちらのフォームにご記入ください。お客様の申請に対して、当社が迅速に対応いたします。

Amazon RDS ドキュメント

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) は、クラウド上でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、拡張することのできるウェブサービスです。業界標準のリレーショナルデータベースで使用できる、コスト効率の高いキャパシティースケーリング機能を備え、一般的なデータベース管理タスクを管理します。

Amazon RDS ユーザーガイド
Amazon RDS 全体の概念と、コンソールとコマンドラインインターフェイス両方で使用できる、さまざまな機能の使用手順を説明しています。

HTML | PDF | Kindle | GitHub

AWS CLI リファレンスの Amazon RDS
Amazon RDS 用のすべての CLI コマンドについて詳しく説明しています。すべての構文を掲載しています。また、最も一般的なコマンドの例も掲載しています。

HTML

Amazon Aurora ユーザーガイド
Amazon Aurora 全体の概念と、コンソールとコマンドラインインターフェイス両方で使用できる、さまざまな機能の使用手順を説明しています。

HTML | PDF | GitHub

API リファレンス
Amazon RDS に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明しています。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、エラーのサンプルを掲載しています。

HTML | PDF

Performance Insights API リファレンス
Amazon RDS Performance Insights に対して行えるすべての API 操作を詳しく説明しています。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについて、リクエスト、レスポンス、エラーのサンプルを掲載しています。

HTML | PDF

動画

AWS での MySQL オプション: セルフマネージド、マネージド、サーバーレス
MariaDB バージョン 10.6 で Amazon RDS for MariaDB データベースを拡張する

オンラインコースとチュートリアル

MariaDB を作成して接続する

MariaDB データベースを実行するための環境を作成する方法 (この環境をインスタンスと呼びます)、データベースに接続する方法、DB インスタンスを削除する方法について学びます。

Amazon RDS for MariaDB のご利用開始にあたって
Amazon RDS for MariaDB の利点、代表的なユースケース、技術的なコンセプトについて学びます。Amazon RDS コンソールを使ったデモを通じて、サービスを体験していただくことができます。

ブログ記事

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログを参照してください。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
よくある質問を読む

すべての質問の回答を検索してください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon RDS for MariaDB は AWS コンソールから使用を開始できます。

サインイン