フルマネージド型

自動化されたデータベース管理

RDS on VMware により、VMware vSphere 環境でオンプレミスデータベースの管理タスクを自動化できます。自動化できるタスクには、データベースのプロビジョニング、オペレーティングシステムとデータベースのパッチ適用、バックアップ、ポイントインタイムの復元、コンピューティングのスケーリング、データベースインスタンスのヘルスモニタリング、フェイルオーバーなどがあります。RDS on VMware でサポートされるデータベースエンジンは、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL です。

シンプルなインターフェイス

データベースの作成、変更、管理は、AWS マネジメントコンソール、コマンドラインインターフェイス (CLI)、API で行えます。シンプルな同型のインターフェイスを使用して、VMware で実行されている RDS データベースや AWS で実行されている RDS データベースを管理できます。

スケーラビリティとパフォーマンス

スケーラブルなリソース

AWS の Amazon RDS インスタンスのスケーリングが簡単であるように、RDS on VMware を利用すれば、オンプレミスデータベースインスタンス内のコンピューティング、メモリといった各種リソースを簡単にスケーリングできます。

パフォーマンスのモニタリング

RDS on VMware では、オンプレミスデータベース向けの Amazon CloudWatch メトリクスを利用できます。メトリクスで報告されるのは、リソースの使用状況、I/O アクティビティ、インスタンスへの接続などです。

可用性と耐久性

可用性の保護

Amazon RDS on VMware では、ヘルスモニタリングを実行して、正常ではないデータベースインスタンスを検出し、同一のストレージボリュームを使ったインスタンスの自動修復を行います。

簡単なバックアップと復元

Amazon RDS on VMware では、オンプレミスデータベースのバックアップを手動または自動で実行できます。RDS on VMware はポイントインタイムの復元をサポートしており、データベースごとに自動バックアップ保持期間を指定できます。データベースごとの保持ポリシーを使えば、毎日作成されるスナップショットをどれほどの期間保持するか指定できます。

既存のインフラストラクチャを活用する

整合性のあるインフラストラクチャ

RDS on VMware は、複数のエンタープライズアプリケーションが実行されているのと同じオンプレミス仮想インフラストラクチャで実行されます。

整合性のあるツール

RDS on VMware を使用すると、VMware vCenter など同じ運用ツールを使用して Amazon CloudWatch や VMware で RDS を実行しているオンプレミス VM を管理し、データベースモニタリングメトリクスを収集できます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
詳細はこちら

RDS on VMware の詳細についてよくある質問を読む

詳細はこちら 
Next-Steps-Icon_Download
開始方法を確認する

RDS on VMware 入門ガイドを参照する

開始する 
Next-Steps-Icon_Video
デモを視聴

Tech Talk ウェブセミナーで Amazon RDS on VMware の紹介を見る

デモを見る 
50 以上の製品を無料でお試し
AWS 無料利用枠 ››
ご不明な点がおありですか?
日本担当チームへお問い合わせ ››