AWS アカウント作成の流れ

AWS アカウントを作成すると、Amazon EC2 や Amazon S3 をはじめ 50 以上の AWS 製品を 1 年間無料でお試しいただけます。
また、AWS クラウドの世界中のリージョンで提供されるすべてのサービスを始めることができます。
こちらでは日本のお客様に AWS アカウント作成におけるポイントをご紹介します。

ステップ 1: AWS アカウントの作成

Step1_Credentials_Collection_1200x690
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step1_Credentials_Collection_1200x690

下記のボタンよりサインアップ画面へ移動します。

※ 表示されたページが「日本語」でない場合、ページ右上 ① の言語選択ボックスより「日本語」を選択後、サインアップ画面へお進みください。 

最初に AWS アカウントとなる情報を設定します。

  • ② の「E メールアドレス」には、AWS へのログインに利用したいメールアドレスを設定します。(※)

    ③ の「パスワード」および「パスワードの確認」で AWS へのログイン時に使用するパスワードを設定し、さらに確認用にもう一度同じパスワードを入力します。

    ④ の「AWS アカウント名」テキストボックスに、お客様のお名前を半角アルファベットで入力します。

    入力後、「続行」ボタンをクリックします。

※ ご登録いただくメールアドレスは、AWS 側からの通知等にも利用されます。複数の方への通知が必要な場合は、メーリングリストのご利用をご検討ください。 

ステップ 2: 連絡先情報を入力

Step2_ContactInformation_1200x1200
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step2_ContactInformation_1200x1200

次にお客様情報を登録します。
※ 画面右上の言語選択ボックスが「日本語」でない場合、「日本語」を選択してください。 

アカウントの種類は、法人利用であれば、「プロフェッショナル」、個人利用であれば「パーソナル」を選択します。

入力時のポイント  

  • ① の入力欄に以下の情報は、すべて「半角アルファベットおよび半角数字」 で入力します。
    • フルネーム: お客様のフルネームを入力します。(必須)
    • 会社名: お客様の会社名を入力します。(任意)
    • 電話番号:ハイフン・記号なしで入力
      (例:0312345678)
    • アドレス:番地、建物名を入力
      (例: ABC Building, 1-1-1, Kamiosaki)
    • 市区町村:市区町村名を入力
      (例: Shinagawa-ku)
    • 都道府県または地域:都道府県名を入力
      (例:Tokyo)
    • 郵便番号:ハイフン付きで入力 (例:153-0064)

AWS カスタマーアグリーメント (利用規約) に同意の上、② のチェックボックスをクリック(必須)し、「アカウントを作成して続行」ボタンをクリックします。 

ステップ 3: お支払い情報(クレジットカード情報)を入力

Step3_PaymentsInformation_1200x704
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step3_PaymentsInformation_1200x704

次にクレジットカード情報登録を行います。

① にお客様の有効なクレジットカード情報を入力します。

② で請求先住所を選択します。ステップ2 で入力した住所と同様の場合は、「連絡先住所を使用する」を選択します。

nanako_02

すべて入力が終わりましたら、「次へ」ボタンをクリックします。

※ お申し込み時にはクレジットカードが必須となりますが、ご利用いただく間にご利用料金が大きくなっているお客様の場合、請求書による支払いへ変更いただくことができる場合がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

ステップ 4: SMS または日本語自動音声電話によるアカウント認証

Step4_IdentityVerification_1_1200
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step4_IdentityVerification_1_1200

新規作成していただいたアカウントのご本人確認を行います。電話(自動音声)または、テキストメッセージ (SMS) による認証をお選びいただけます。

作成したアカウントの本人確認のため、テキストメッセージ (SMS) または電話(自動音声)による認証を行います。

① でご希望の検証コードの受け取り方法を選択します。

国コードで、日本または会社所在の国を選択し、電話番号を ②にハイフン・記号なしで入力します。(例:09012345678)

③で、セキュリティチェック文字列として表示された英数字を入力します。

④のボタンをクリックします。 

  • 携帯電話等で非通知の着信拒否設定を行っている場合は、着信拒否設定の解除が必要です。オレンジのボタンをクリックする前に、必ず電話がかかる状態にしておいてください。
  • 国番号選択を誤ると電話がかかってきませんので、必ず正しい国コードをご選択の上、ハイフンなしで電話番号をご入力ください。(例:03-3456-7890 の場合、334567890)
nanako_03
Step4_IdentityVerification_2_1200
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step4_IdentityVerification_2_1200

SMS または電話(自動音声)で 4 桁の 検証コードが届きます。

検証コードが届いたら、① の入力欄に検証コードを入力し、② の「コードの検証」ボタンをクリックします。

Step4_IdentityVerification_3_1200x996
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step4_IdentityVerification_3_1200x996

画面が自動的に切り替わったら本人確認は完了となりますので、「続行」ボタンをクリックします。 

※電話認証を受電する電話が受電できる状況でない場合や電話回線の混雑などで、自動認証による身元確認作業に失敗する場合があります。失敗した場合は、12 時間以上間をおいて再度電話認証をお試しいただくか、AWS カスタマーサービス(日本語:平日 9:00~18:00)までお問い合わせください。

ステップ 5: AWS サポートプランの選択

Step5_SupportPlan_1200x984
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step5_SupportPlan_1200x984

最後に AWS のサポートプランの選択を行います。

特に有償のサポートを現時点で必要としていない場合は、「無料」ボタンをクリックします。

※開発者、ビジネス、エンタープライズのいずれかのプランをご選択した場合、月額最低サポート料金が加入時に請求となります。サポートプラン概要は AWS サポートをご参照ください。

※ AWS サポートの有償プラン(開発者、ビジネス、エンタープライズ)は AWS アカウント作成後にお申込みいただくこともできます。

AWS アカウントの作成完了です

Step5_registration_confirmation
※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
Step5_registration_confirmation

おめでとうございます!
AWS アカウントの作成が完了しました!

数分ほどで、ご登録メールアドレス宛に確認のための E メールが届きます。画面右側の「コンソールにサインインする」ボタンをクリックすると、すぐに AWS クラウドを使用開始していただくことができます。 

nanako_04

また、本画面でご紹介している 10 分間チュートリアルでは、Amazon EC2 を使った仮想マシンの起動方法、Amazon S3 でのファイル保存の開始方法、ウェブアプリケーションや WordPress ウェブサイトの起動方法を、ステップバイステップで学ぶことができます。1 年間の無料利用枠でこれらの開始方法をぜひご活用ください。
10 分間チュートリアルはこちら »

↑ 上へ戻る