Amazon Rekognition では、3 種類の使用法があり、それぞれ独自の料金の詳細が定められています。  詳細はこちら:

Amazon Rekognition Image の料金

Amazon Rekognition Image では、2 種類のコストがあります。

画像分析: Amazon Rekognition 画像は API を使用して画像を分析するたびに料金を請求します。単一の画像に対する複数の API の実行は、複数画像の処理としてカウントされます。

顔のメタデータのストレージ: 顔検索を有効にするには、Amazon Rekognition が一致を検索できる顔メタデータのレポジトリを保存する必要があります。ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition Image をコストなしで開始していただけます。  無料利用枠は 12 か月間ご利用になれ、1 か月に 5000 枚の画像を分析し、1 か月に 1000 個の顔メタデータを保存できます。

料金表

顔メタデータのストレージ       

1 か月あたり 0.00001 USD / 顔メタデータ**

**ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

料金の例

料金の例 1 – ベーシックラベル検出

アプリケーションで、ラベル検出の必要な画像が 1 か月あたり 100 万枚分析されるとします。Amazon Rekognition の DetectLabels API を使用して、この 100 万枚の画像を分析します。

コストタイプ

料金

使用料金

処理された 1 か月あたりの画像の最初の 100 万枚まで

画像あたり 0.001 USD

1,000,000 枚の画像 x 0.001 USD / 画像 = 1,000 USD

料金の例 2 – 複数の API と顔検出

アプリケーションで 4,000 万枚のラベル検出と顔分析を実行し、1,000 万件の顔のコレクションを作成するとします。その後、同月中に、作成した顔コレクションで 100 万回の検索を実行し、15 日後に削除します。

このシナリオでは、4000 万回 DetectLabels API コールを実行してラベルを検出し、4000 万回 DetectFaces API コールを実行して顔を分析し、1000 万回 IndexFaces API コールを実行して顔ストレージのコレクションを作成し、100 万回 SearchFaces API コールを実行して顔検索を行います。画像処理の合計数 9100 万回です。

コストタイプ

料金

使用料金

処理された 1 か月あたりの画像の最初の 100 万枚まで

画像あたり 0.001 USD

1,000,000 枚の画像 x 0.001 USD / 画像 = 1,000.00 USD

処理された 1 か月あたりの画像 101 万枚から 1,000 万枚まで*

画像あたり 0.0008 USD

9,000,000 枚の画像 x 0.0008 USD / 画像 = 7,200.00 USD

処理された 1 か月あたりの画像 1,001 万枚から 1 憶枚まで*

画像あたり 0.0006 USD

81,000,000 枚の画像 x 0.0006 USD / 画像 = 48,600.00 USD

顔のメタデータのストレージ

月額 0.00001 USD / 顔

10,000,000 顔 x $0.00001/顔/月 x 0.5 か月 = 50.00 USD

 

 

合計 = 56,850 USD

Amazon Rekognition Video の料金

Amazon Rekognition Video では、2 種類のコストがあります。

動画分析: Amazon Rekognition Video は当社の API を使用して実行された動画分析に対して料金を請求します。動画の同じセクションに対して複数の API 呼び出しを実行するときは、各 API に対して個別に料金の請求を受け取ります。

顔のメタデータのストレージ: 顔検索を有効にするには、Amazon Rekognition が一致を検索できる顔メタデータのレポジトリを保存する必要があります。ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition Video を無料で開始していただけます。無料利用枠は 12 か月間ご利用になれ、1 か月に 1000 分の無料動画分析が含まれます。

料金表

顔メタデータのストレージ       

1 か月あたり 0.00001 USD / 顔メタデータ**

**ストレージ料金は月ごとに課金され、1 か月未満の料金は日割りで計算されます。

料金の例

料金の例 1 – アーカイブ動画の分析

アプリケーションが毎月、アーカイブした動画 100,000 分を Face Detection API で分析し、アーカイブされた動画 10,000 分を PersonTracking API で分析するものとします。合計は 1 か月あたり、110,000 分の動画分析になります。

コストタイプ

料金

使用料金

動画分析

0.10 USD / 分

110,000 分 / 月 X 0.10 USD / 分 = 11,000 USD / 月 (継続)

Amazon Rekognition カスタムラベルの料金 (まもなく発表)

Amazon Rekognition カスタムラベルを使用して、ビジネスニーズに合わせた画像の物体やシーンを特定できます。Rekognition カスタムラベルを使用する時には、2 種類の料金があります。

トレーニング時間
Amazon Rekognition カスタムラベルでカスタムモデルを構築するために必要なトレーニングの時間当たりのコストがあります。Amazon Rekognition カスタムラベルは、モデルをより迅速にトレーニングするために並行して複数のコンピューティングリソースを実行する場合があります。つまり、請求される時間数はモデルのトレーニングに費やす実際の経過時間数よりも多い場合があります。トレーニングは 24 時間で自動的に停止します。

たとえば、トレーニングが午後 4:00 に開始し、午後 8:30 に終了し、Amazon Rekognition カスタムラベルが 2 つのリソースを並行してしようしてモデルをより短時間でトレーニングしたと想定します。請求される合計のトレーニング時間は、9 時間 (4.5 時間の経過時間 x 2 個のリソース) になります。

推論時間
カスタムモデルをトレーニングした各時間に対して、画像処理のために利用できるコストがあります。1 時間に処理できる画像の数は、多くの要素に応じて決まります。たとえば、処理される画像のサイズやカスタムモデルの複雑さなどです。Amazon Rekognition カスタムラベルでは、画像をより迅速に処理するために並行して複数のコンピューティングリソースを実行する場合があります。つまり、請求される時間数はカスタムモデルのトレーニングに費やす実際の経過時間数よりも多い場合があります。

たとえば、午後 2:00 にカスタムモデルの推論を開始し、午後 5:00 に終了し、画像を処理するのに、並行して 2 つのリソースをプロビジョニングするために使用したとします。請求される合計の推論時間は、6 時間 (3 時間の経過時間 x 2 個のリソース) になります。

画像をバッチで処理する場合 (1日1週間または1週間に1回、または日中の予定時刻に)、予定時刻にカスタムモデルをプロビジョニングし、すべての画像を処理してからリソースのプロビジョニングを解除する必要があります。リソースのプロビジョニングを解除しない場合、画像が処理されなくても引き続き請求されます。

無料利用枠

AWS の無料利用枠の一環として、Amazon Rekognition カスタムラベルを無料で開始していただけます。無料利用枠は 3 か月間利用でき、1 カ月あたりトレーニング無料枠を 10 `時間、1 カ月あたり推論無料枠を 4 時間含みます。

料金表

料金の例

料金の例 1 – ウェブサイトの画像のラベリング

あなたがオンラインの休暇のウェブサイトであり、お客様ががあなたの物件を検索しやすくしたいとします。いくつかの関連するラベル (ビリヤード台、ダイニングルーム、海側など) を特定し、画像でこれらの特徴を見つけるためにカスタムモデルをトレーニングする必要があります。カスタムモデルのトレーニングにトレーニングに 10.2 時間がかかるとします。また、サイトが受信するすべての画像を処理するために 1 日あたり推論に 0.5 時間が必要だと仮定します。

コストタイプ

料金

使用料金

10.2 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

10.2 時間 x 1 USD / 時間 = 10.20 USD (1 回のみ)

0.05 推論時間 / 日

1 時間あたり 4 USD

 

0.05 時間 / 日 x 4 USD / 時間 = 2.00 USD / 日 (継続)

料金の例 2 – 製造施設の部品の特定

あなたが製造元であり、特定の機械部品が組立ラインを通過する際に特定したいとします。一日中、さまざまな機械部品の画像をキャプチャします。モデルのトレーニングにトレーニングに 11 時間がかかったとします。

1 日を通して画像の流れが安定しているため、モデルは午前 9 時から午後 5 時まで、毎日合計 8 時間連続して実行する必要があります。

コストタイプ

料金

使用料金

11 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

11 時間 x 1 USD / 時間 = 11.00 USD (1 回のみ)

8 推論時間 / 日

1 時間あたり 4 USD

 

8 時間 / 日 x 4 USD / 時間 = 32.00 USD / 日 (継続)

料金の例 3 – インフルエンサー分析

あなたがクライアントに最適なインフルエンサーを正確かつ迅速に特定するために、数十万人のインフルエンサーを監視しているソーシャルメディアマーケティング代理店だとします。さまざまなソーシャルメディアチャネルから取得した 1 日あたり 450,000 枚のインフルエンサー画像を処理し、カスタムラベルモデルで実行します。1 日あたり 440,000 枚の画像を処理するには、1 日あたりおよそ 44 推論時間が必要だと仮定しましょう。モデルのトレーニングに 9 時間がかかったとします。

1 日あたり 440,000 枚の画像の規模では、ニーズを満たすために少なくとも 2 個の推論リソースを並行して実行する必要があります。

コストタイプ

料金

使用料金

9 時間のトレーニング時間

1 時間あたり 1 USD

11 時間 x 1 USD / 時間 = 9.00 USD (1 回のみ)

44 推論時間 / 日

1 時間あたり 4 USD

44 時間 / 日 x 4 USD / 時間 = 180.00 USD / 日 (継続)

Amazon Rekognition の使用を開始する  

開始方法のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Rekognition の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ