アプリケーション開発は、これまではローカルで開発環境を構築・設定し、ようやくコーディングが開始できる状況でした。さらに開発現場では多くのプロジェクトが並行し、チーム開発が多くなってきています。チームで共同作業を行ったり、複数のプロジェクトのために開発環境を容易に切り替えることが開発者にとって重要です。

 AWS Cloud9 は、従来の IDE が十分に対応していなかったサーバーレスアプリケーション開発のニーズに対応します。


AWS Cloud9 を使用すると、マネージド Amazon EC2 インスタンスまたは SSH をサポートする既存の Linux サーバーで開発環境を柔軟に実行できます。つまり、ローカルの IDE をインストールしたり、維持したりすることなく、ブラウザのみでアプリケーションを作成、実行、デバッグできます。

AWS Cloud9 では、コードでの共同作業が簡単です。わずか数回のクリックで開発環境をチームと共有し、ペアプログラミングを一緒に行うことができます。共同作業中にチームメンバーは互いのタイプをリアルタイムで確認し、IDE 内から即座にチャットを開始できます。

AWS Cloud9 には、開発環境と事前認証された AWS CLI をホスティングする EC2 インスタンスへ接続する sudo 権限を持つターミナルが含まれています。これによってコマンドの素早い実行と AWS サービスへのアクセスが容易になります。

AWS Cloud9 には追加料金はかかりません。AWS Cloud9 開発環境に Amazon EC2 インスタンスを使用する場合は、コードの実行と保存に使用されるコンピューティングおよびストレージリソース (EC2 インスタンス、EBS ボリュームなど) に対してのみ料金が発生します。



AWS アカウントを作成するには「AWS アカウント作成の流れ」をご参照ください。すでに AWS アカウントをお持ちの場合は、省略して「ステップ 2: IAM グループとユーザーを作成し、ユーザーをグループに追加する」に進みます。


AWS Cloud9 へのアクセスに、AWS ルートユーザーを使用することはお勧めしません。代わりに、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して AWS アカウントへのアクセスを制御することをお勧めします。

ステップ 2.1: コンソールへサインイン

1. AWSコンソール [https://console.aws.amazon.com/] へ移動します。

2. 既存のIAMユーザーまたはルートユーザーでサインインします。新規にアカウントを作成された方はルートユーザーでのサインインとなります。

ステップ 2.2: IAM グループを作成

1. [AWS サービス] で [IAM] と入力し、IAMコンソールへ移動します。

2. IAM コンソールのナビゲーションペインで、[グループ] を選択します。

3. [新しいグループの作成] を選択します。

4. [グループ名の設定] ページの [グループ名] に、グループの名前(任意)を入力します。

5. [次のステップ] を選択します。


6. [ポリシーのアタッチ] ページで [フィルタ] ボックスに AWS Cloud9 管理者アクセス許可の [AWSCloud9Administrator] を入力して表示させます。横にあるボックスを選択します。

7. [次のステップ] を選択します。

8. [確認] ページで [グループの作成] を選択します。

ステップ 2.3: IAM ユーザーを作成して、グループにユーザーを追加

1. 前の手順で開いた IAM コンソールで、ナビゲーションペインの [ユーザー] を選択します。

2. [ユーザーを追加] を選択します。

3. [ユーザーを追加] ページの [ユーザー名] に、新しいユーザーの名前(任意)を入力します。

4. [カスタムパスワード] を選択して、ユーザーのパスワード(任意)を入力します。(ステップ 3で利用)

5. [次のステップ: 確認] を選択します。

6. [ユーザーをグループに追加] メニューのグループのリストで、先ほど作成したグループの横にあるボックス (名前ではない) を選択します。

7. [次のステップ: 確認] を選択します。

8. [確認] ページで、[ユーザーの作成] を選択します。

9. [閉じる] を選択します。


1. ナビゲーションペインの [ダッシュボード] を選択し、IAM ユーザーへのサインインリンクをコピーします。

2. コピーしたサインインリンクへブラウザからアクセスし、前のステップで作成した IAM ユーザーのユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] を選択します。重要: 次回以降、ルートユーザーではなく IAM ユーザーでログインします。

1. AWS Cloud9 コンソールへアクセスします。
https://console.aws.amazon.com/cloud9/ へブラウザからアクセスし、AWS Cloud9 コンソールを開きます。

2. 上部のナビゲーションバーで、environment を作成する AWS リージョンを選択します。(2018年7月現在、TokyoリージョンCloud9は公開されていないため、[米国東部(オハイオ)]を選択します。

3. New AWS Cloud9 environment で、[Create environment] を選択します。

4. [Name] にenvironment名(任意)を入力します。Environment の説明を追加するには、[Description] ボックスに入力します。

5. [Next step] を選択します。

6. Configure settings の Environment type で、デフォルトで [Create a new instance for environment (EC2)] が選択されていることを確認します。

7. [Next step] を選択します。

8. [Create environment] を選択します。AWS Cloud9 によって environment が作成されるまで待ちます。これには数分間かかる場合があります。


1. AWS Cloud9 IDE は多くのプログラミング言語をサポートしています。自由に自分で使いたい言語を選択してコードを書けます。

使用例
・[File] メニューまたは +をクリックで[New File] を選択、ファイルを追加、コードを入力
・[File] メニューで [Save As…] を選択し、保存
・[Run] ボタンで実行 など

2. 同じ画面で、今回のenvironment用に起動したサーバー上のファイル情報閲覧や、コマンド入力などターミナル操作が可能です。

使用例
・bash- ”IP-172…” タブでコマンドを入力


AWS Cloud9 を活用したクラウドネイティブなチーム開発をぜひ体験してください!

まずは無料で始める