Amazon S3

どこからでも簡単に、お好みの量のデータを保存したり取得できるオブジェクトストレージ

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、業界をリードするスケーラビリティ、データ可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを提供するオブジェクトストレージサービスです。これはつまり、企業の規模にかかわらず、あらゆる業界のお客様が、データレイク、ウェブサイト、モバイルアプリケーション、バックアップおよび復元、アーカイブ、エンタープライズアプリケーション、IoT デバイスやビッグデータ分析などのさまざまなユースケースのデータを保存して保護することができるということです。Amazon S3 はデータを整理しアクセス制御を細かく調整するために使いやすい機能を提供しており、ビジネスや組織における規則やコンプライアンスの要件を満たしやすく設計されています。Amazon S3 は 99.999999999% (9 x 11) の耐久性を実現するように設計されており、世界中の企業のために、何百万ものアプリケーションのデータを保存しています。

Amazon S3 の紹介 (4:31)

メリット

業界をリードするパフォーマンス、スケーラビリティ、可用性、および耐久性

ストレージリソースをスケールアップ/ダウンして、変動する需要に対応します。先行投資やリソースの調達サイクルは不要です。Amazon S3 は、複数のシステムにまたがる S3 オブジェクトをすべて自動的に作成して保存しており、99.999999999% (9 x 11) のデータ耐久性を実現するように設計されています。つまり、必要に応じてデータを利用することができるため、障害やエラー、脅威から保護することができます。Amazon S3 はまた、的確なリードアフターライトの一貫性を自動的に提供します。料金はかからず、また、機能や可用性の変更もありません。

S3 データの耐久性 »

コスト効率の高いストレージクラス

パフォーマンスを下げずにコストを節約するには、アクセスレベルよって様々なレートを適用できる S3 ストレージクラスにデータを保存します。S3 Storage Class Analysisを使用することにより、アクセスパターンに基づいて低コストのストレージクラスに移動できるデータを検出し、S3 のライフサイクルポリシーを設定して転送を実行できます。S3 Intelligent-Tiering を利用して、アクセスパターンが変則的、もしくは不明なデータを格納することもできます。オブジェクトはアクセスパターンの変化に応じて階層化されるため、自動的にコストを抑えることができます。S3 Outposts ストレージクラスを使用すると、データレジデンシーの要件を満たしながら、Outposts 環境にある S3 を使用して、オンプレミスにデータを保存できます。 S3 を使ったコスト最適化 »S3 ストレージクラスの詳細 »

他にはないセキュリティ、コンプライアンス、および監査機能

データを Amazon S3 に保存することで、暗号化機能とアクセス管理ツールを使用して不正なアクセスからデータを保護します。S3 は S3 Block Public Access を使用して、バケットレベルまたはアカウントレベルで、すべてのオブジェクトへのパブリックアクセスをブロックできる唯一のオブジェクトストレージサービスです。S3 は PCI-DSS、HIPAA/HITECH、FedRAMP、EU データ保護指令、および FISMA などのコンプライアンスプログラムを保持しているため、規制要件を容易に満たすことが可能です。Amazon Macie と統合された S3 では、お客様の機密データを検出、保護します。AWS では、S3 リソースへのアクセスリクエストをモニタリングするための監査機能も多数サポートしています。

S3 のセキュリティおよびコンプライアンスの詳細はこちら »

簡単なデータ管理とアクセス管理

S3 の堅牢な機能で、アクセス、コスト、レプリケーション、データ保護を管理できます。S3 Access Points では、共有データセットを使用するアプリケーションに個別のアクセス許可を付与できるため、データアクセスの管理が容易になります。S3 レプリケーションは、リージョン内やリージョン間のデータレプリケーションを管理します。S3 バッチオペレーションでは、数十億のオブジェクト全体で、大規模な変更の管理が可能です。S3 Storage Lens により、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向が、組織全体で可視化されます。S3 は AWS Lambda と連携しているため、追加のインフラストラクチャを管理することなく、アクティビティのログ記録、アラートの定義、ワークフローの自動化を行うことができます。

S3 ストレージの管理機能の詳細はこちら »

分析にすぐに活用できるクエリ

すぐに活用できる query-in-place サービスによって、S3 オブジェクト (および AWS の他のデータセット) 全体で大きなデータ分析を実行できます。Amazon Athena を使用して標準の SQL 式で S3 データを照会し、Amazon Redshift Spectrum を使用して AWS データウェアハウスおよび S3 リソースに格納されているデータを分析します。また、S3 Select を使用して、オブジェクト全体ではなくオブジェクトデータのサブセットを取得し、クエリのパフォーマンスを最大 400% 向上させることもできます。

すぐに活用できるクエリについて詳細を見る »

幅広くサポートされているクラウドストレージサービス

Amazon S3 のデータを保存し、保護するには、AWS Partner Network (APN) (テクノロジーとコンサルティングのクラウドサービスプロバイダーの最大のコミュニティー) に所属するパートナーが協力します。APN は、Amazon S3 にデータを転送するための移行パートナーと、プライマリストレージ、バックアップ、復元、アーカイブ、災害復旧用に S3 統合ソリューションを提供するストレージパートナーをそれぞれ認定しています。また、AWS Marketplace から AWS 統合ソリューションを直接購入することもできます。ここでは、ストレージに関する 250 を超えるサービスが表示されています。

APN の詳細 および AWS Marketplace の詳細はこちら »

S3 の機能と仕組み

  • S3 Storage Lens
  • S3 Intelligent Tiering
  • S3 Access Points
  • S3 バッチオペレーション
  • S3 パブリックアクセスブロック
  • S3 Storage Lens
  • 組織全体でのストレージの使用量とアクティビティの傾向を可視化し、実用的なレコメンデーションを取得

    s3-storage-lens

    S3 Storage Lens は、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティの傾向を組織全体で可視化します。また、費用対効果を向上させ、データ保護のベストプラクティスを適用するための、実用的なレコメンデーションを作成します。S3 Storage Lens は、組織内の数百から数千のアカウント全体での、オブジェクトストレージの使用状況とアクティビティを 1 つのビューに表示できる、最初のクラウドストレージ分析ソリューションです。アカウント、バケット、さらにはプレフィックスレベルでの詳細なインサイトが提供されます。S3 Storage Lens では、組織全体のメトリクスを分析して明確な文脈のレコメンデーションを提供します。この推奨事項により、ストレージコストを削減しデータ保護にベストプラクティスを適用するための方法を特定できます。

    S3 コンソールで S3 Storage Lens をアクティブ化すると、事前定義済みのビューが表示されたインタラクティブなダッシュボードが開きます。このビューにより、ストレージの使用状況とアクティビティの傾向が可視化され、対応策を取る場合の助けになる、文脈のはっきりした推奨事項を得ることができます。また、このメトリクスは、CSV もしくは Parquet 形式で、S3 バケットにエクスポートすることも可能です。目的のユースケースに関連するメトリクスを、概要、コスト効率、データ保護に関する各ビューを使用して表示できます。さらに S3 コンソールのダッシュボードは、CSV か Parquet から以後の用途に合わせてファイル形式を選択しながら、メトリクスを S3 バケットにエクスポートするためにも利用できます。

    詳細については、S3 Storage Lens ページを参照してください。

  • S3 Intelligent Tiering
  • S3 Intelligent-Tiering でストレージコストを最適化

    How_it_Works_Amazon-S3-Intelligent_Tiering.png

    S3 Intelligent-Tiering は、アクセスパターンが変更されたときに、4 つのアクセス階層間でオブジェクトを自動的に移動することにより、ストレージコストを最適化します。高頻度アクセスと低頻度アクセスに最適化された 2 つの低レイテンシーアクセス層があり、ストレージコストを最大 40% 節約できます。また、非同期アクセス用に設計された 2 つのオプトインアーカイブアクセス層があり、まれにしかアクセスされないオブジェクトのコストを最大 95% 節約できます。 

    S3 Intelligent-Tiering にアップロードまたは転送されたオブジェクトは、自動的に高頻度アクセス階層に保存されます。S3 Intelligent-Tiering は、アクセスパターンをモニタリングし、30 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトは低頻度アクセス階層に移動します。アーカイブアクセス層の一方または両方をアクティブ化すると、S3 Intelligent-Tiering は、90 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトをアーカイブアクセス層に自動的に移動し、その後 180 日間連続してアクセスされなかったオブジェクトをディープアーカイブアクセス層に移動します。後にオブジェクトにアクセスされると、そのオブジェクトは S3 Intelligent-Tiering によって高頻度のアクセス階層に戻されます。

    取り出し料金はかからないため、パターンの変更にアクセスしても、ストレージの予期しない請求が増加することはありません。詳細は、ストレージコストの最適化をご覧ください。

  • S3 Access Points
  • S3 Access Points を使用し共有データセットに対するアクセスを容易に管理

    Diagram_S3_Access_Points

    S3 の機能の 1 つである Amazon S3 Access Points により、S3 上の共有データセットを使用するアプリケーションでの、大規模なデータアクセスの管理が容易になります。アクセスポイントは、アクセスポイントを経由する一意のリクエストに対する個別のアクセス許可とネットワーク制御をお客様が執行するために作成する一意のホスト名となります。

    データレイク、メディアアーカイブ、ユーザーが作成したコンテンツなどの共有データセットをお持ちのお客様は、各アプリケーション用にカスタマイズした名前とアクセス許可によってアクセスポイントを個別化して作成することで、数百に及ぶようなアプリケーション群に対してもアクセスを簡単にスケーリングできます。すべてのアクセスポイントを Virtual Private Cloud (VPC) に制限して、お客様のプライベートネットワーク内で S3 のデータアクセスをファイアウォール管理できます。また、AWS サービスコントロールポリシーを使用することで、すべてのアクセスポイントを確実に VPC に制限できます。 

    詳細については、S3 Access Points のページを参照してください。

  • S3 バッチオペレーション
  • S3 バッチオペレーションを使用して数十個から数十億個のオブジェクトを大規模に管理

    Amazon-S3_Batch_Operations_How_it_works_2x

    S3 バッチオペレーションは Amazon S3 のデータ管理機能です。Amazon S3 マネジメントコンソールからの数回クリックにより、または単一の API リクエストによって、数十億個ものオブジェクトを大規模に管理できます。

    S3 バッチオペレーションで作業を実行するには、ジョブを作成します。ジョブは、オブジェクトのリスト、実行するアクション、そのオペレーションのために指定するパラメータセットで構成されます。S3 バッチオペレーションで複数のジョブを作成して同時に実行することもできますし、必要に応じてジョブの優先順位を設定して各ジョブの優先度を定義し、最も重要な作業が先に実行されるようにすることもできます。また S3 バッチオペレーションでは、実行されたすべての変更内容やタスクについて、再試行の管理、経過のトラッキング、完了通知の送信、レポートの生成、AWS CloudTrail へのイベント伝達などの実行も可能です。

    詳細については、S3 Batch Operations のページを参照してください。

  • S3 パブリックアクセスブロック
  • 既存または将来の S3 データへのパブリックアクセスすべてをブロック

    Product-Page-Diagram_S3-Block-Public-Access

    S3 パブリックアクセスブロックでは、現在も今後もオブジェクトがパブリックにアクセスされないようにするための、AWS アカウント全体または各 S3 バケットレベルでの制御が提供されます。

    パブリックなアクセス権は、アクセスコントロールリスト (ACL)、バケットポリシー、またはその両方を介してバケットとオブジェクトに付与されます。すべての S3 バケットとオブジェクトへのパブリックアクセスを確実にブロックするには、「アカウントレベルですべてのパブリックアクセスをブロック」を有効化します。これらの設定は、アカウント全体で、既存の、および将来作成するバケットに対し適用されます。S3 パブリックアクセスブロックを設定すると、パブリックアクセスを許可している S3 のアクセス権限が上書きされるため、アカウント管理者は、オブジェクトの追加方法やバケットの作成方法に関係なく、セキュリティ設定のばらつきを防ぐための集中管理を簡単に構成できます。

    S3 パブリックアクセスブロックは、S3 コンソールに加えて、AWS CLI、SDK、または REST API を介して有効化することも可能です。各オプションの詳細な手順は、S3 パブリックアクセスブロックのドキュメントで、ご確認ください。

ユースケース

バックアップと復元

Amazon S3 などの AWS のサービス (例: S3 GlacierAmazon EFSAmazon EBS) を使用して、スケーラブルで、耐久性、安全性に優れたバックアップと復元のソリューションを構築して、既存のオンプレミス機能を強化するか、リプレースすることができます。AWS と APN のパートナーは、目標復旧時間 (RTO)、目標復旧時点 (RPO)、およびコンプライアンス要件を満たすのに役立ちます。AWS では、AWS クラウドにある既存のデータをバックアップするか、AWS Storage Gateway (ハイブリッドなストレージサービス) を使用して、オンプレミスデータのバックアップを AWS に送信することができます。

バックアップと復元の詳細はこちら »

災害対策 (DR)

AWS クラウド、またはオンプレミス環境で実行されている重要なデータ、アプリケーション、および IT システムを保護します。予備の物理データセンターにコストをかける必要はありません。Amazon S3 ストレージや S3 クロスリージョンレプリケーション に加え、AWS のコンピューティング、ネットワーキング、データベースサービスでは、DR アーキテクチャを作成して、自然災害やシステム障害、人為的ミスによって発生する機能停止から簡単にすばやく復旧することができます。

DR の詳細はこちら »

アーカイブ

物理インフラストラクチャを廃止し、S3 GlacierS3 Glacier Deep Archive でデータをアーカイブします。これらの S3 ストレージクラスでは、オブジェクトを長期間、低コストで保持することができます。ライフサイクル全体にわたってオブジェクトをアーカイブする S3 ライフサイクルポリシーを作成するか、オブジェクトをアーカイブのストレージクラスに直接アップロードします。S3 オブジェクトのロックでは、オブジェクトに保持日を適用してオブジェクトを削除から保護し、コンプライアンス要件を満たします。テープライブラリとは異なり、S3 Glacier では、迅速な取り出しには 1 分、標準の取り出しでは 3~5 時間でアーカイブオブジェクトを復元できます。S3 Glacier からの一括データ復元と S3 Glacier Deep Archive を使用した復元はすべて 12 時間以内に完了します。

アーカイブの詳細はこちら »

データレイクとビッグデータの分析

Amazon S3 でデータレイクを作成して、すぐに活用できるクエリ、分析、機械学習ツールを使用して貴重なインサイトを取得し、イノベーションを推進しましょう。データレイクが拡大してきたら、S3 Access Points を使用して、個々のアプリケーションまたはアプリケーションセットに個別のアクセス許可を設定すると、簡単にデータへのアクセスを設定できます。また、AWS Lake Formation を使用してデータレイクをすばやく作成し、セキュリティ、ガバナンス、監査のポリシーを一元的に定義および適用することもできます。このサービスでは、データベースと S3 リソースのデータを収集後、Amazon S3 の新しいデータレイクに移行して、機械学習アルゴリズムを使用し、そのデータを整理および分類します。AWS リソースはすべて、拡張するデータストアに対応するようにスケールアップできるため、先行投資は一切不要です。

Amazon S3 でのデータレイクの作成、および AWS Lake Formation の詳細についてはこちらをご覧ください »

ハイブリッドクラウドストレージ

AWS PrivateLink を使用して Amazon S3 とオンプレミスの間にプライベート接続をセットアップします。VPC でプライベートエンドポイントをプロビジョニングし、VPC のプライベート IP を使用してオンプレミスから S3 に直接アクセスできるようにすることができます。 AWS Storage Gateway を使用すれば、オンプレミスアプリケーションをシームレスに接続して AWS Storage に拡張すると同時に、データをローカルにキャッシュして低レイテンシーでアクセスできます。また、AWS DataSync を使用することで、S3 on Outposts を含めたオンプレミスストレージと Amazon S3 の間で、データ転送を自動化することもできます。これにより、オープンソースツールの速度よりも最大 10 倍高速にデータを転送できます。加えて、AWS Transfer Family を使用すると、Amazon S3 との間でファイルを直接転送することもできます。Transfer Family は、SFTP、FTPS、および FTP を使用してサードパーティーと安全にファイルを交換できる、シンプルでシームレスなフルマネージドサービスです。 ハイブリッドクラウドストレージ環境を利用するもう 1 つの方法は、APN のゲートウェイプロバイダーと連携することです。

詳細情報、AWS PrivateLink for S3 »AWS Storage Gateway »AWS DataSync »、AWS Transfer Family »S3 on Outposts »

クラウドネイティブアプリケーション

AWS のサービスや Amazon S3 を使用して、高速でコスト効率の高いモバイルおよびインターネットベースのアプリケーションを構築できます。クラウドネイティブアプリケーションを構成するマイクロサービスによって共有される開発データと本番データを保存できます。Amazon S3 を使用すると、好きなだけデータをアップロードし、どこからでもアクセスできるため、アプリケーションをすばやくデプロイし、より多くのエンドユーザーを獲得できます。Amazon S3 にデータを保存することで、最新の AWS デベロッパー用ツール、S3 API、機械学習や分析のサービスにアクセスすることが可能になります。それにより、クラウドネイティブアプリケーションを進化させ、最適化することができます。

クラウドネイティブアプリケーションの詳細はこちら »

導入事例

Georgia-Pacific
Georgia-Pacific は、Amazon S3 に中央データレイクを構築し、大規模な構造化データと非構造化データを効率的に取り込んで分析できるようにしています。
NASDAQ
Nasdaq は、業界の規制とコンプライアンス要件を満たすために、Amazon S3 Glacier に最大 7 年間のデータを保存しています。同社は AWS を使用して、長期的なストレージコストを最適化しながらデータを復元できるようになりました。
Sysco
Sysco は、Amazon S3 および Amazon S3 Glacier 上に構築された単一のデータレイクにデータを統合し、データの分析を実行してビジネスのインサイトを得ています。
Nielsen
Nielsen は、Amazon S3 に 30 ペタバイトのデータを保存し、Amazon Redshift、AWS Lambda、および Amazon EMR を利用できる、新しいクラウドネイティブのローカルテレビ評価プラットフォームを構築しました。

S3 の最新情報

「日付」
  • 「日付」
1

S3 ブログ記事

現在お読みいただける Amazon S3 ブログはありません。AWS ブログにアクセスするとストレージブログのコンテンツをすべてご覧いただけます。

Amazon S3 ブログの詳細については、AWS ストレージブログをご覧ください。

さぁ準備はできましたか?

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
S3 の機能を確認する

データ管理、セキュリティ、アクセス管理、分析などの機能の詳細を参照してください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠を使用して、早速 Amazon S3 をお試しください。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon S3 は AWS コンソールから無料で構築することができます。

始める