Savings Plans

AWS のサービスの柔軟な料金モデル

Savings Plans は、1 年または 3 年の期間で特定の使用量 (USD/時間で測定) を契約するかわりに、オンデマンド料金と比較して低料金を実現する柔軟な料金モデルです。AWS は、Compute Savings Plans、EC2 Instance Savings Plans、Amazon SageMaker Savings Plans の 3 種類の Savings Plans を提供しています。Compute Savings Plans は、Amazon EC2、AWS Lambda、および AWS Fargate 全体の使用量に適用されます。EC2 Instance Savings Plans は EC2 の使用量に適用され、Amazon SageMaker Savings Plans は Amazon SageMaker の使用量に適用されます。AWS Cost Explorer で 1 年または 3 年の期間の Savings Plans に簡単にサインアップし、推奨事項、パフォーマンスレポート、および予算アラートを利用してプランを管理できます。

利点

柔軟なプラン

Savings Plans は、使用態様を進化させ、継続的にコストを削減する柔軟性を提供します。例えば、Compute Savings Plan がある場合、新しいインスタンスタイプを利用するか、Fargate または AWS Lambda を使用するようにアプリケーションを最新化すると、より低い料金が自動的に適用されます。お客様の要件に応じて、さまざまな種類のプラン (コンピューティング、EC2 インスタンス、または Amazon SageMaker)、期間、支払いオプションを選択することもできます。

大幅な削減

Savings Plans では、1 年または 3 年の期間に一定量を利用する契約を結ぶことにより、大幅にコストを削減できます。例えば、EC2 Instance Savings Plans は、Amazon EC2 インスタンスを使用した場合のオンデマンド料金と比較して最大 72% のコスト削減を提供します。Amazon SageMaker Savings Plans は、Amazon SageMaker サービスの使用コストを最大 64% 削減します。

使いやすい

Savings Plans は AWS の使用において節約する最も簡単な方法です。AWS Cost Explorer を使用して、2 つのシンプルなステップで Savings Plans にサインアップできます。要件に応じて Savings Plans をカスタマイズし、次にカートに追加してプランを購入します。推奨される 1 時間あたりの契約量は、履歴的なオンデマンド使用量と、プランタイプ、期間、および支払いオプションの選択に基づいて計算されます。

仕組み

Savings Plans - しくみ

お客様事例

Savings Plans - しくみ
「Capital One では、自社のワークロードとアカウント全体で Savings Plans を採用しました。これにより、リザーブドインスタンスに比べて使用率を増やすことができました。インフラストラクチャのニーズが変化したときにリザーブドインスタンスを調整する必要はありません。Savings Plans では使用率を最大化するため 1 時間ごとに自動で再割り当てを行います。Savings Plans への移行により、コスト削減額が 20% 増えました。残りのリザーブドインスタンスの有効期限を見計らって、Savings Plans の導入を続けていきたいと考えています」。

Don Reid 氏、テクノロジー担当シニアマネージャー、Capital One

ブログ投稿と記事

Savings Plan のご紹介
Jeff Barr - 2019 年 11 月 6 日