APN パートナーのサービスを検索する

AWS のサービスデリバリープログラムで認定された AWS パートナーネットワーク (APN) パートナーは、以下に示すサービスを開発し、大規模なサービスの導入や実装を支援しています。これらの APN パートナーのサービスは、技術的な能力が証明されています。お客様の成功も実証されています。

パートナー

Consegna では、顧客重視の実績あるデリバリー手法に基づき、まず、AWS のデータセンターの移行とデジタルワークスペースの変換のアプローチを採用しています。Congsegna は AWS を活用して ITSM と DEV/OPS を一体化することにより、当社の哲学に則り、ビジネスの可能性を拡大して効率化を推進します。同社はお客様が AWS クラウド導入フレームワークを通じ、最小限の実行可能な製品をデリバリーするアプローチを構築できるようにします。AWS Server Migration Service パートナー認定により反復的な MVP デリバリーの手法を素早く処理し、お客様のメリットを早く実現できます。

詳細 | お問い合わせ

Logicworks は、エンタープライズ IT 業界において 20 年以上の実績を持つ、プレミア APN コンサルティングおよびマネージド型サービスのプロバイダー (MSP) です。経験豊富な AWS 認定エンジニアのチームが AWS へのアプリケーション移行に関心を持つお客様に専門知識を提供します。Logicworks は、アプリケーションインフラストラクチャの自動化、安全性、高可用性を確保し、最もコスト効率が高い方法で運用できるようにします。Logicworks は、金融、医療、小売などの安全性とコンプライアンスに高い要件が求められる業界において、複雑なインフラストラクチャの評価、移行、管理で業界をリードする存在です。

詳細 | お問い合わせ 

Onica の移行手法はクラウドへの移行過程を加速します。当社は、重要なシステムの構築と管理を行ってきた 30 年以上の経験を活かし、お客様が AWS を活用するためのシームレスな実行と最善のソリューションの開発を専門としています。クラウドエンジニアとソリューションアーキテクトの専任チームは、お客様にとって最良の AWS クラウド移行戦略を選択するエキスパートです。 クラウド関連プロジェクトがあれば、当社のチームがお客様の組織と緊密に連携し、クラウドに関する充実したビジョンステートメントを作成し、お客様にとってのクラウド移行の主なビジネスメリットを明らかにします。このような堅実なビジネスケースを構築することにより、お客様の組織はクラウドをデプロイした後の成果を正確に追跡できます。多数の移行戦略があるため、Onica は選択肢を提示し、お客様の移行の実施をサポートする前にお客様が適切な方法を選択できるようお手伝いします。

詳細 | お問い合わせ

Hitachi Vantara は、AWS Server Migration Service デリバリー認定を受けた AWS プレミアコンサルティングパートナーです。アプリケーション、データベースを含むエンタープライズ IT 移行のサポート、DevOps パイプラインの実装、公共部門の厳しい規制を受ける機関へのセキュリティとコンプライアンスの実現などに豊富な経験があります。

詳細 | お問い合わせ

Slalom は、顧客が複雑さを抑えて価値を最大化できるよう、AWS のデプロイメントの設計、構築、移行、管理を支援しています。Slalom の専門知識は、次世代インフラストラクチャ、カスタム開発、高度な分析、エンタープライズデータ管理の範囲を超えてさらに広がっています。AWS Aurora は、信頼性が高くスケーラブルで安全なデータベースの構築を支援するにあたり重要な役割を果たします。

詳細 | お問い合わせ

Smartronix は、クラウドを専門とするチームを持つ、エンドツーエンドソリューションプロバイダーです。同社の Cloud Assured チームは、クラウドの潜在能力を発揮できるソリューションに特化しています。戦略、設計、実装からマネージド型サービスにいたるサービスを提供する当社の専門担当者と豊富な実績で、Smartronix のクラウドイニシアチブでの信頼できるパートナーとなります。

詳細 | お問い合わせ

APN パートナーになることにご関心をお持ちですか?

APN の詳細 »

APN は、価値のあるビジネス、技術、マーケティングのサポートを提供することで、企業が AWS サービスを構築、マーケティング、販売するのを支援します。 

AWS サービスデリバリーに登録 »

APN コンサルティングパートナーで、より確かな接続、より深い学習、AWS のお客様と AWS チームへの可視性の向上といった利点を活用できます。