AWS でのサーバーレス

サーバーについて検討することなくアプリケーションを構築して実行する

AWS はサーバーを管理することなく、コードの実行、データの管理、アプリケーションの統合を行うための技術を提供します。サーバーレス技術には、オートスケーリング、ビルトインの高可用性、使用量に応じた課金モデルなどの特徴があり、俊敏性の向上とコストの最適化を実現します。また、これらの技術により、キャパシティプロビジョニングやパッチ適用などのインフラストラクチャ管理タスクが不要になるため、お客様に役立つコードの作成に集中することができます。サーバーレスアプリケーションは、200 以上の AWS のサービスや SaaS (software as a service) アプリケーションとネイティブに統合されたイベントドリブンなコンピューティングサービスである AWS Lambda から始まります。

アイデアの市場への投入をより迅速に
コストを下げる
運用上のオーバーヘッドを排除することで、チームは迅速なリリース、フィードバックの獲得、反復ができ、市場投入までの時間を短縮することができます。
価値に対しての支払う課金モデルの下では、リソースの利用率が自動的に最適化され、過剰なプロビジョニングによる費用は発生しません。
大規模な採用
より良いアプリケーションをより簡単に構築
ゼロからピークの需要まで自動的に拡張するテクノロジーを活用すると、従来になく迅速に顧客のニーズに適応できます。
サーバーレスアプリケーションにはサービス統合が組み込まれているため、アプリケーションの構成ではなく、アプリケーションの構築に専念できます。

次の一歩を踏み出す

ビルダー
ラーニングポータル

構築の準備はできましたか? ハンズオンサーバレスチュートリアルを開始するには、ラーニングライブラリーにアクセスしてください。

ビジネスリーダー
Executive Insights

開発チームに力を強化したいですか? IDC によるこれらのインサイトをご確認ください。

スタートアップ
スタートアップポータル

MVP を早く構築する必要がありますか? クレジットにアクセスして、最初のアプリケーションを構築する方法をご覧ください。

AWS でのサーバーレスサービス

最新のアプリケーションはサーバーレス優先で構築されています。これはサーバーレスサービスの採用を優先する戦略の結果であり、アプリケーションスタック全体の俊敏性を高めることができます。スタックの 3 つのレイヤーすべて (コンピューティング、統合、データストア) に対応できるサーバーレスサービスを開発しました。 こうしたサービスの利用開始をご検討ください:

コンピューティング

アプリケーション統合

データストア

ユースケース

  • ウェブアプリケーション
  • データ処理
  • バッチ処理
  • イベントの取り込み
  • ウェブアプリケーション
  • ウェブアプリケーションの構築

    登録したユーザーがアイテムを作成、更新、表示、削除できるシンプルな「やることリスト」ウェブアプリケーションを構築する。イベントドリブンのウェブアプリケーションでは、ビジネスロジックに AWS LambdaAmazon API Gatewayデータベースに Amazon DynamoDB を使用し、すべての静的コンテンツをホストするために AWS Amplify Console を使用することができます。

    サンプルコード » 

    Arch-Diagrams_Serverless-Category-Page_WebApp
  • データ処理
  • ほぼすべてのスケールでデータを処理

    インタビューからのメモを Markdown 形式で Amazon S3 に配信します。S3 イベントを使用して、Markdown ファイルを HTML に変換して永続化する処理やセンチメントを検出して永続化する処理など、複数の処理フローをトリガーします。

    サンプルコード » 

    Arch-Diagrams_Serverless-Category-Page_DataProcessing
  • バッチ処理
  • バッチ処理の自動化

    Amazon EventBridge のルールを使用して、ワークフローを定期的にスケジュールします。例えば、AWS Step Functions および AWS Lambda を使用して、Extract Transfer Load (ETL) ワークフローをオーケストレーションすることで、大気質測定の最小、最大、および平均評価を生成できます。

    サンプルコード »

    Arch-Diagrams_Serverless-Category-Page_Batch
  • イベントの取り込み
  • ドキュメントや画像を自動的にインデックスして保存

    Amazon ComprehendAmazon Rekognition などの Amazon 機械学習 (ML) サービスを使用して非構造化データ内の情報を発見し、その結果をAmazon OpenSearch (Amazon Elasticsearch Service の後継サービス) に送信して高速なインデックス作成を行います。このようなパターンは、クリックストリーム分析など、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスをサポートするタスクのための e コマースアプリケーションでよく機能します。

    サンプルコード » 

    Arch-Diagrams_Serverless-Category-Page_EDA

お客様