クラウドテクノロジーは将来の今まで以上に持続可能な都市のインフラのバックボーンとなりますが、この変革は今すぐ始められます。AWS とそのパートナーのエコシステムは、エネルギー効率、大気の質、インテリジェントな公共交通機関、公共の安全、公衆衛生、その他の生活の質の向上を目指した皆さんの目的を支援するスマートシティソリューションを実施のサポートをします。

何が都市をスマートにするのでしょうか?皆さんのデータとビジョンです!皆さんが今お持ちの複数のデータソースを活用し、他のデータセットと統合することによって、皆さんは都市をスマートにする現代的なプログラムとサービスを作り出すことができます。AWS はセンサー、接続性、解析を通して、皆さんの変革のお手伝いをします。

AWS でスマートで、ネット接続され、持続可能な都市を

アマゾン ウェブ サービスでは、コンピューティングストレージデータベース分析ネットワーキングモバイル開発者用ツール管理ツールIoT、セキュリティ、およびエンタープライズアプリケーションなど、グローバルなクラウドベース製品を幅広く利用できます。お客様はこれらのサービスを用いて、迅速で、安全で、コスト効果の高いソリューションを素早く構築できます。また、AWS 以外のパートナーからのソリューションをデプロイすることもできます。

smart5
  • 公共交通と移動性

    AWS を用いたパートナーのソリューションは、都市がスマートな公共交通システムを設置するお手伝いをし、データ、アプリケーション、テクノロジーを使って、人々と物品がより早く、安く、効率的に動けるようにします。よく使われるユースケースを下に挙げます。

    sm10

    Miovision TrafficLink では交通信号をリモートでモニタ、管理し、リソースに優先順位を付け、問題が大きくなる前に解決しています。オープンアーキテクチャーのために、更新なしで既存の交通キャビネットのハードウェアとソフトウェアと簡単で安全に統合できます。TrafficLink は SmartView カメラを使い、世界で最も進んだ交通用 AI を用いて、検出と行動に移せる知見を得ています。これは車両・交差点 (V2I) テクノロジーをサポートしてネット接続された都市の基礎となり、また今日の公共交通の優先順位と非常用車両優先を可能にもします。

    sm4

    GRIDSMART は交差点アクチュエーション製品で、実際に交差点の真ん中を「見る」ことができます。GRIDSMART システムはベル形状のカメラと、交通キャビネット中のプロセスに接続 (GS2) で構成されています。GRIDSMART システムは交差点をアクチュエーションし、状況を認知するためのビデオを出力し、交差点、で発生する全ての事象に関するデータ、数量、速度、車両分類、その他多くを収集、記録します。

    sm11

    PARK SMART はモニターするエリア内で空いている駐車場をリアルタイムで示すソフトウェアプラットフォームです。このソフトウェアは既存のセンサーを含むビデオセンサーの物理的インフラを使用し、画像を処理して、空いている駐車場についての情報をモバイルアプリに供給します。このシステムはひとつの駐車スペースをモニターするだけではなく、駐車した各車両までモニターします。詳細については、ここをクリックしてください。

    sm4

    公共交通機関と都市フリート車両は、メンテナンスや交換が必要な時にそのホームエージェンシーと通信します。車両の健全性をモニターする包括的な管理ツールで車両フリートのメンテナンスの優先順位付けと最適化ができます。車両の健全性のトレンドを分析してリスクの高い車両を優先し、機械学習のパターン認識とデータ可視化を用いて車両機器の診断と集計して、メンテナンスについての意思決定を向上します。

    sm4

    Vizalytics Technology はスマートシティを実現し、オープンデータと AWS を使っています。住民はコミュニティで何が起こっているか、それがどのような影響を与えるかを、大量輸送機関、自転車、歩行、車両交通などで場所から場所へのリアルタイムで見ることができます。

    sm14

    Philips CityTouch は公共照明の照明管理システムです。シンプルなウェブアプリでワークフロー管理を分析、計画、維持できます。CityTouch を使えば、市役所は街路灯がどれだけのエネルギーを使い、どれが修理を要するかをモニターできます。CityTouch で照明管理システムを監視、管理、測定して、意思決定と、リソースの使用を改善できます。

    sm16

    歩行者、車両、鉄道データから意味のあるものを抽出します。Citi Logik は独自のアルゴリズムを開発して、イギリスで集計された匿名のモバイルネットワークデータに適用しています。このため市役所では交通パターン、ラッシュ時、閑散時、季節、履歴パターンを含む交通システムの包括的な視点を得られることになり、将来の交通プロジェクトと改善点について情報に基づいた意思決定ができるようになります。

    sm10

    TransitScreen は接続された画面のネットワークに、全ての人にとって都市をさらに健康的に、持続可能に、アクセスしやすくするために役立ちます。交通手段についての選択肢情報は一目見て分るように、ライブでリアルタイムに表示されます。朝仕事に行くときにバスの到着時間と列車の時間を比較できます。従業員はシャトルバスがいつ到着するかが分るので、誰も寒い中で待たずに済むようにします。このサービスは米国、カナダの各大都市と、ヨーロッパの一部の都市で、10 を越す言語で活用されています。

    sm5

    Moovit のモバイルアプリは、バスや電車の乗客を市役所にとってのリアルタイムのセンサーに変えます。このアプリは都市のバックエンドシステムと統合して、世界中で AWS クラウドを使ってサービスと利用者の利便性を向上します。

    sm11

    Veniam は車両を Wi-Fi ホットスポットに変えて都市規模の車両ネットワークを構築し、これはワイヤレスのカバー範囲を広げてテラビット単位の都市データを収集します。港湾やコンテナターミナルなどの管理されたスペースで、Veniam のソリューションは全てのモバイル労働者とアセットを、場所と移動速度にかかわらず安全に接続します。ハードウェア、ソフトウェア、クラウドコンポーネントは、タクシー、廃棄物収集車、市バスのフリートなど、ネット接続された車両の世界最大級のネットワークで働いています。

  • 公共の安全

    AWS とそのパートナーのエコシステムは、司法システムと公安当局にとってのコストを下げつつそのお役に立ちます。よく使われるユースケースを下に挙げます。

    sm9

    ShotSpotter は銃の使用をリアルタイムで警察に通知し、銃の使用された正確な場所に警察官を派遣できるようにします。ShotSpotter Flex 銃データサービスはホストされたクラウドベースのサービスとして銃使用検出を行い、従来の複雑で不要のかさむテクノロジーに代わる簡素なものです。このサービスは年次料金制の安価なもので、センサーを購入、維持する必要を排除し、どのような規模と予算の警察でも初の銃使用警告と解析システムをデプロイできます。

    sm14

    Philips CityTouch は公共照明の照明管理システムです。シンプルなウェブアプリでワークフロー管理を分析、計画、維持できます。CityTouch を使えば、市役所は街路灯がどれだけのエネルギーを使い、どれが修理を要するかをモニターできます。CityTouch で照明管理システムを監視、管理、測定して、意思決定と、リソースの使用を改善できます。

    sm1

    JusticeXchange は統合的司法ソリューションで、国内何千もの機関からの最新の情報を瞬時に提供します。JusticeXchange は全国から何百万もの逮捕情報を直ちに使えるようにし、司法情報の共有を迅速で容易にして、探している人物の居場所を特定します。

    sm3

    Emergency Aware Services (EAS) は スマホ、ウェアラブル機器、センサー、カメラ、スマートビルなど IoT 搭載機器からの巨大なデータに複雑なアルゴリズムと分析を適用する最新のプラットフォームです。ここからの結果はコンパイル、整理されて公安当局、緊急救援隊、事故指揮官、市役所員などに与えられ、リアルタイムでより良い意思決定ができるようにします。

    sm5

    BlueLine Grid は政府機関や世界の一流企業での最も困難なミッションクリティカルなコラボレーションを支援します。BlueLine Grid は政府、企業クライアントの生産性と安全性を向上し、いつでもどこでもそのモバイルスタッフとパートナーの位置を知り、安全に通信できるようにします。アイデンティティに基づいた独自のプラットフォームには暗号化された集団通知、グループメッセージ、ファイル共有、場所トラッキング、1 クリックでの電話会議ツールがあり、これらは公共、個人の安全担当者の困難なニーズにお応えします。

    sm2

    Rocket IoT™ は車両を強力な Wi-Fi ホットスポットに変え、車両周囲最大 1500 フィートにセキュアな Wi-Fi を提供します。Rocket IoT は個数無制限のデバイスにワイヤレスのインターネットアクセスを与え、これに必要なのは車両あたりひとつの携帯電話プランだけです。別個のキャリアからの 2 つの USB モデムをサポートし、これらを活用してオンライン状態を保ちます。このようにして、ひとつの携帯電話ネットワークが使用できない場合でも、別のモデムに自動的にフェイルオーバーしてデータ通信を継続します。

    sm4

    センサーはしばしば火災に至るような危険な条件をモニタするのに使えます。緊急救援隊に警告を発して時宜を得た救助ができるようにします。

    sm5

    HunchLab は Azavea の作成した、ウェブベースの犯罪予測システムです。核となる機能は警察署を援助し、犯罪の危険を予測することでリソースをより効率的に配置できます。HunchLab には高度な機械学習アルゴリズムが組み込まれており、複数のデータベースをひとつにまとめて、犯罪が起こりやすい時刻と場所を特定します。これに基づいて積極的な警察戦略を構築して、コミュニティでの犯罪発生を減少しようとします。

    body

    Utility, Inc.は、最も重要な時間帯に可能な限り最高の状況認識を可能にするリアルタイムコミュニケーションを組み込んだ、世界で最もスマートな身体装着型技術を開発しています。他の身体装着型カメラとは異なり、BodyWorn™ はポリシーに基づく自動記録トリガー、警察官ダウンレポートおよび警告、ライブビデオストリーミング、および AWS クラウドストレージへの安全な自動ワイヤレスオフロードを備えています。

    justice_illustratrions_09

    地盤の低いエリアのセンサーを用いて洪水と思われる状態を検出することで、既存の水量計を補完して、市役所が危険な状態を監視し、これに応えることができます。

    sm15

    Socrata for Public Safety は警察がそのデータを共有し、その行動と目的の透明性を向上し、コミュニティからの信頼と協力を確保できるようにします。このソリューションキットには公共サービスと警察活動についてのリアルタイムの情報、情報が誤解や誤用されないようにコンテキスト中に置いた公共機関のデータ、コミュニティが容易にデータを見つけて解釈できるようなアプリケーションと情報製品、データ駆動型のパフォーマンス指標の定義付けと追跡、データ駆動型の運営効率向上への機会発見に関する対話的製品が入っています。

  • 公衆衛生

    AWS を採用したスマートな健康ソリューションは、国民への安全を向上しながら、良質の医療とサービス提供のコストを低減します。よく使われるユースケースを下に挙げます。

    sm4

    都市に渡って設置された大気の質のセンサー (公園、大型ビルやその他の地点など) は、現在のマクロな読みに比べてはるかに正確な大気の質の読みを与えてくれます。このデータは影響を受けやすい住民に警告を与えるのに使えます。


    sm6

    飲料水モニタリングソリューションの使用で、都市は飲料水の質をモニタして警告を発することができるようになります。

    sm5

    IoT や音声認識テクノロジーなどのリモートモニタリングソリューションを使えば、医療機関は患者をその自宅に帰した後もその状態をモニタでき、医療のレベルを落とすこと無く全体的な治療のコストを削減できます。

    sm4

    地盤の低いエリアのセンサーを用いて洪水と思われる状態を検出することで、既存の水量計を補完して、市役所が危険な状態を監視し、これに応えることができます。

    sm6

    道路や歩道面などに積もった雪の深さをモニタするセンサを設置すると、都市の公共事業体は歩行者と車両の両方に対して、滑りやすい状態から来る危険を減らすことができます。

  • 環境と生活の質

    AWS とそのパートナーのエコシステムは市民にとっての生活の質を改善しながら、環境への悪影響を削減するソリューションでお役に立てます。よく使われるユースケースを下に挙げます。

    sm6

    C3 Energy Management は大企業、政府機関、公益事業体が、データに基づくエネルギー管理をコスト効果高く達成できるようにします。ビルのパフォーマンスをベンチマークし、持続可能性の目標を追跡し、環境への責務を実施します。

    sm14

    Philips CityTouch は公共照明の照明管理システムです。シンプルなウェブアプリでワークフロー管理を分析、計画、維持できます。CityTouch を使えば、市役所は街路灯がどれだけのエネルギーを使い、どれが修理を要するかをモニターできます。CityTouch で照明管理システムを監視、管理、測定して、意思決定と、リソースの使用を改善できます。

    sm4

    OpenGrid for Smart Cities は対話的な、地図に基づいたプラットフォームで、公的に入手可能なオープンデータセットを使いやすいインターフェイスで探索できるようにします。OpenGrid を都市が導入することで、住民、事業体、コミュニティは公的なデータをより良く扱えるようになります。ユーザーは高度なクエリでデータにフィルターをかけ、またカスタム境界内で検索したり、ユーザーの場所に基づいて検索したりできます。

    sm6

    公園などの公的なエリアの灌漑用スプリンクラーの付近に置かれた湿度計を用いると土壌の湿り気を測定でき、天気予報からのデータと共に使うと、スプリンクラーシステムを制御して、湿り気が予め定めたしきい値を下回り、近々雨が予報されていないときだけ水をまくようにできます。

    sm15

    都市全域に渡って置かれたごみ箱に設置したセンサーで、ごみ箱がどれだけ一杯になっているかを知ることができます。センサーからのデータとその場所によって、ゴミ収集ルートを最適化して、予め定めたレベルを超えるごみ箱のみからゴミを集められます。

    sm6

    水流測定センサーを使うと、水流についてリアルタイムのデータを取得、送信できます。水流について予期しない問題は漏れを示す可能性があり、都市の公共事業体に早期の警告を発することができます。

  • プラットフォームとパートナー

    お客様は、具体的なニーズを満たすために、スマートシティソリューションのデプロイについて AWS 場のパートナープラットフォームを使うか、AWS 場に個々のソリューションをデプロイするかの選択肢があります。プラットフォームは、お客様が他の機能を追加するか、将来ソリューションを追加できるようにしながら、迅速にデプロイできるという利点があります。プラットフォームではまた、複数のスマートシティソリューションに渡って簡単にデータ統合ができます。

    600x400_BSquare_Logo

    DataV - 商用、工業用のモノのインターネットのための、完全なソフトウェアソリューションです。

    DataV はビジネスが導入できるソフトウェアプラットフォームで、リモートデバイスに接続、データストリームをモニタ、是正プロセスを自動化、悪条件を発生前に予測、重要なビジネスアセットのパフォーマンスを最適化します。

    600x400_C3-IoT_Logo

    C3 IoT は次世代 エンタープライズ IoT と Big Data Analytics アプリケーションを構築する、実績ある、フルスタックのプラットフォームです。

    C3 IoT プラットフォームは、機械学習の適用で、ビッグデータセットのリアルタイムでの分析、エンタープライズとサードパーティーのデータソースや IoT デバイスからのテレメトリーデータに基づいてアクションを推奨する次世代 IoT およびビッグデータアプリケーションの設計、開発、デプロイ、運営を可能にします。

    600x400_ptc_Logo

    斬新なビジネスバリューをもたらす強力な IoT ソリューションを開発、製作できます。

    ThingWorx は目的に特化して作られた IoT プラットフォームで、スマートで、ネット接続された世界のための完全なアプリケーションを素早く作れます。独自の Thing Model フレームワークは、Augmented Reality (ThingWorx Studio) と Kepware による ThingWorx Industrial Connectivity などの他のテクノロジーとシームレスに統合できます。

     

    600x400_Splunk

    AWS IoT からのデータで運転に関するリアルタイムの知見を得、モニタリングと診断、安全と準拠性、予防的メンテナンス、アセットライフサイクル管理を改善します。

    Splunk は AWS IoT によるデバイスを含むあらゆるソースからのリアルタイムと履歴的機械データを取り込み、分析し、可視化します。お客様は Splunk を用いてネット接続されたデバイスと IoT サービスの生成する機械データの力を活用できます。

    600x400_ThingLogix_Logo

    ThingLogix Foundry はネット接続された製品プラットフォームで、IoT ソリューションの迅速な設計、開発、デプロイができます。

    ThingLogix Professional サービスは、企業による IoT と Cloud Computing 導入の加速に役立ちます。IoT 戦略、テクノロジーの選択、アプリケーション開発、デプロイ、サポートに関して企業を支援します。

    xaqt

    Xaqt の都市分析プラットフォームは人とデータを政策とベストプラクティスで結びつけて、政策立案者と住民が都市機能の働きをより良く理解できるようにします。コアプラットフォームはデータ統合とディープアナリティクスを取扱い、知見へのアクセスを可能にして都市中での協働とデータの共有を推進します。Xaqt はスマートシティのアナリティクスをモジュール式に、再現性を良くし、これはオープンデータポータルなどの従来のデータソースと、センサー、モバイルデバイス、スマートインフラなどの新しいソース両方から予知的知見を導いて行います。

    弊社では多くのパートナーと協力して、最新の最も革新的なスマートソリューションをお客様に提示します。次に例をいくつか示します。

    Appriss: Appriss の主力製品、VINE® (Victim Information Notification Everyday) は犯罪の被害者とその他の関心のある市民に、犯罪者に関する時宜を得て信頼の置ける情報へのアクセスを与えます。

    Blue Line Grid: BlueLine Grid は政府、企業クライアントの生産性と安全性を向上し、いつでもどこでもそのモバイルスタッフとパートナーの位置を知り、安全に通信できるようにします。

    C3 IoT: C3 IoT プラットフォームは、機械学習の適用で、ビッグデータセットのリアルタイムでの分析、エンタープライズとサードパーティーのデータソースや IoT デバイスからのテレメトリーデータに基づいてアクションを推奨する次世代 IoT およびビッグデータアプリケーションの設計、開発、デプロイ、運営を可能にします。

    Citilogik: Citi Logik は独自のアルゴリズムを開発し、これらを集合的に匿名化したモバイルネットワークデータに適用して、都市がその歩行者、車両、電車での移動を解釈できるようにします。

    Civic Resources Group: 公共機関用の拡張現実ソリューションで、デジタル情報のための都市資産の可視的検索とスキャン機能と、ユーザーがそのモバイルデバイスをその方向に向けるだけでその周囲にあるものを知ることのできる方向探索機能があります。住民は関心のある場所、施設、遠い場所を 360 度のビューで遠隔探索でき、この際その中の物体を反映するローカルマップを製作して実際の世界に根を下ろしたものにします。これら全てはモバイルデバイスで操作できます。
     
    Junar: Junar のクラウドベースの Open Data プラットフォームは、政府のデータを市民が使えるリソースに変える、早く、簡単で、安価な方法です。Junar はクラウドベースのオープンデータプラットフォームを提供し、ビジネス、政府、NGO、大学機関がそのデータで新たな機会、提携、透明性を推進できるようにします。

    Miovision: Spectrum は、リモートで交通信号を管理するのに必要なデータ、接続性、ツールを提供するターンキーソリューションです。  Spectrum SmartLink and Interface のハードウェアは既存の交通キャビネットのハードウェア、ソフトウェアと容易で安全に統合でき、アップデートも不要です。  Spectrum には Miovision Signals も含まれており、これはクラウドベースのソフトウェアツールで、交通ネットワークをリモートで監視、管理します。

    OpenDataSoft: OpenDataSoft はターンキーの SaaS プラットフォームで、包括的な Open Data ポータルをわずか数時間で起動できます。これは Open Data カタログには画期的なもので、データ公開を非常に容易にし、データを対話式のデータ可視化 (地図、チャート、ピクチャー) として共有し、自動的に生成される API で再使用します。

    Philips CityTouch: Philips CityTouch は公共照明の照明管理システムです。シンプルなウェブ上のアプリケーションでワークフローの管理を解析、計画、維持し、この間ユーザーはアプリケーションを通して接続された照明を監視、管理、測定できます。

    ShotSpotter: 銃の使用を 1 分以内に検出、警告します。ShotSpotter は銃使用をリアルタイムで警察に通報するもので、警察では銃使用の現場の正確な位置に警察官を派遣でき、コミュニティと関わり、証拠を探し、場合によっては被害者を助けて犯人逮捕に至ることができます。 目的とするのは不法銃使用の減少を推進することです。

    Socrata: Socrata はデジタル政府のために特に作られたソフトウェアソリューションを提供します。Socrata の Data-as-a-Utility プラットフォームは今日の政府のデータエクスペリエンスを完全に作り直すもので、データに基づく革新を推進し、何百もの公共指導者と世界何百万もの住民にコスト削減をもたらします。

    Transit Screen: TransitScreen はグローバルな情報企業です。接続された画面のネットワークは、全ての人にとって都市をさらに健康的に、持続可能に、アクセスしやすくするために役立ちます。交通手段についての選択肢情報は一目見て分るように、ライブでリアルタイムに表示されます。朝仕事に行くときにバスの到着時間と列車の時間を比較できます。

    Utlility Inc: Utility の BodyWorn ビデオ、オーディオおよびメタデータは、クラウドベースのデジタル証拠管理ソリューションである AVaiL Web™ を通じてアクセス可能です。Utility の他のソリューションである、Rocket IoT™ 車載ビデオおよび市民にビデオをリリースするための Smart Redaction™ アプリケーションでも AWS クラウドストレージを活用しています。

    Uturn Data Solutions: OpenGrid for Smart Cities は対話的な、地図に基づいたプラットフォームで、公的に入手可能なオープンデータセットを使いやすいインターフェイスで探索できるようにします。OpenGrid を都市が導入することで、住民、事業体、コミュニティは公的なデータをより良く扱えるようになります。ユーザーは高度なクエリでデータにフィルターをかけ、またカスタム境界内で検索したり、ユーザーの場所に基づいて検索したりできます。

    Veniam: Veniam は車両を Wi-Fi ホットスポットに変えて都市規模の車両ネットワークを構築し、これはワイヤレスのカバー範囲を広げてテラビット単位の都市データを収集します。港湾やコンテナターミナルなどの管理されたスペースで、Veniam のソリューションは全てのモバイル労働者とアセットを、場所と移動速度にかかわらず安全に接続します。

    Vizalytics: Vizalytics Technology はスマートシティを実現し、オープンデータと AWS を使っています。住民はコミュニティで何が起こっているか、それがどのような影響を与えるかを、大量輸送機関、自転車、歩行、車両交通などで場所から場所へのリアルタイムで見ることができます。

    West Corporation: West Safety Services Business Unit の Emergency Aware Services (EAS) は、複数の組織に渡るセンサーとデバイスからの緊急状態を監視、検出、報告する、公共安全のユースケースをサポートします。EAS はビジネスルールと分析を用いてこれらの生データのストリームを、公共の安全と私企業のための時宜を得て行動に移せる情報に変換します。センサーとデバイスの情報はその他のコンテキストデータと組み合わされ、イベント、事象、緊急状態での状況による認識を強化します。データはスマートビル、スマートシティのインフラ、ウェアラブルデバイスから収集されて、スマートテクノロジーを通して公共の安全を推進します。

「2、3 年前までは多くのプロジェクトは単なるアイディアで、これらが実際に可能なのかということが話の中心でした。今日では、IoT とスマートシティが可能なのかを疑問視する者などいません。誰でも可能だと分っているからです。今では、これをどのようにデプロイできるかということが話題となっています。」

Sokwoo Rhee、
Assistant Director of Cyber-Physical Systems, NIST

ニューヨーク市交通局kのミッションは、この都市の交通インフラを強化して、ニューヨーカーの安全を向上することです。ニューヨークの Vision Zero 交通、歩行者安全取組みをサポートするため、ニューヨーク市交通局はクラウド上で Vision Zero View と iRide NYC のウェブアプリケーションを作成しました。Vision Zero View はクラウドソーシングを用いて交通安全データを収集し、これはニューヨーク市での交通事故死者を無くすことを目的として、道路と交通パターンの再設計に使用されています。詳細 »

シンガポールの陸上交通庁 (LTA) はシンガポールの全ての陸上交通開発、政策、施行を担う政府機関で、経済開発の要でもあります。LTA は毎日二千二百万ものユーザーを運び、その多くの活動とタッチポイントは早急に対処すべき使用者からのフィードバックを生み、そのため LTA ではクラウドを検討しました。AWS はそれまでよりもコスト効果の高いソリューションを提供して、実施時間は短縮され、CIO は障害復旧を気にすることは無くなりました。政府機関である LTA は、必要なセキュリティ要件をすべて満たせるよう、AWS と提携しました。LTA では、組織内のデータセンターを構築する代わりに AWS を使用してウェブホスティングを開始し、オンプレミスのインフラストラクチャと比べて 60% のコスト削減を実現しました。詳細 »

ピーターバラ市議会 (PCC) は、英国の最先端のデジタル都市であるピーターバラ市の行政を担う市議会です。測候所、スマートエネルギーメーター、家庭に設置された IoT デバイス、自動化された図書館のデータを、議会の中心的なアプリケーションやデータセットと統合し、PCC は革新的な新しい方法で市を運営することを目指しています。Arcus Global は、イノベーション、伸縮性、幅広いサービスの点から、AWS をプロジェクトのインフラストラクチャの単一プロバイダーとすることを推奨しました。AWS のデプロイは、すべてのレガシーアプリケーション、スマートシティ IoT デバイスの統合、分析、SaaS アプリケーションのハブとして機能しています。詳細 »

Smart Airport Experience のプロジェクトはイギリスで政府のテクノロジー戦略委員会が予算を拠出するもので、Living PlanIT SA のテクノロジーチームと共にロンドンシティ空港で実施されています。このプロジェクトの目的は、IoT テクノロジーが、顧客の使い心地を向上し、すでにチェックインが早くすみ、人気のある空港の運営効率を上げることの両方に対してどのように使えるかを実証することでした。このプロジェクトではリアルタイムのデータ収集、処理、分析、マーシャリング、イベントマネージメントを行う AWS 環境をバックボーンとしてホストされる Living PlanIT Urban Operating System (UOS™) を用いました。詳細 »

ロンドン交通局 (TfL) はロンドンの総合交通機関で、地下鉄、バス、道路、混雑課金、市電、河川、DLR、オーバーグラウンド、自転車、歩行者、長距離バス、貨物、タクシー、その他全てを管轄下に置いています。TfL はそのネットワークで毎日二千四百万もの移動を担っています。TfL はオープンデータとクラウドテクノロジーを用いて、増え続ける人口に新たなサービスを提供し、信頼性を高め、顧客の使い心地を改善し、大幅にコストを削減できました。 詳細 »

シカゴ市では、AWS のインフラストラクチャを活用し、シカゴ史上最高のプロファイルテクノロジーである OpenGrid をリリースできました。OpenGrid は、市民の生活の質を向上させると同時に都市運営の効率性を向上させることを目指す、オープンソースのリアルタイム認識状況プログラムです。シカゴ市では、Windy Grid と呼ばれる内部プロジェクトのプログラムを、緊急応答、311 コール、ビジネスライセンス、緊急気象警報などにまで拡張しました。このオープンソースコードは AWS で管理され、市民はデータを操作して市の情報を閲覧できます。 シカゴ市は、AWS を導入することで市民のニーズに柔軟に対応し、迅速なサービスを提供しています。詳細 »

PetaJakarta は、ウーロンゴン大学の Global Challenges Program と Twitter のデータ提供サービスの支援で始まった応用研究プロジェクトです。このプロジェクトでは、インドネシアのジャカルタにおけるモバイルマッピングと現地の洪水情報を統合しています。洪水の影響は世界中で増大していますが、このプラットフォームを使用すると、ジャカルタの 2,800 万人の市民がリアルタイムで洪水情報を共有できます。位置情報を利用したモバイルデバイスでコミュニティのメンバーが情報を収集および配信し、研究者がその情報を既存の手動による水位計と水位計測デバイスで補足することで、コストを抑えながらジャカルタの水路ネットワークのモニタリングを強化できます。詳細 »

   

デンバーのスマートシティプログラムは一言で言えば「より多くをより少額で接続する」ということです。スマートシティの核となるのはデータで、これが Enterprise Data Management (EDM) プラットフォームを作る主要な第一歩です。EDM プラットフォームの使用により、デンバーでは既存の運営に関してすでに所有するデータを用いる一方、将来のサービス拡張の基盤を築くこともできました。デンバーは現在データを高い効率で収集、管理、共有しています。しかし、その多くのシステムはいわゆる「縦割り行政」のために制限を受けており、このためシステム間でのデータの共有と分析は手動で行われなければならないという課題があります。EDM プラットフォームは、データを生成するところからデータを消費するところへの構造的なデータ配信戦略を実施して組織の壁を打ち破り、競合を排除する役に立ちます。このプラットフォームはまた他のデータシステムも包含するように拡張され、国中の他の都市でもすぐに採用されるスケーラビリティーを確保しています。詳細 »

イギリス、ウェールズのニューポート市では AWS を使ってスマートシティ IoT ソリューションを導入して、空気の質、洪水管理、廃棄物処理をわずか 2、3 か月で改善しました。従来のサーバーインフラでは 1 年以上かかったところです。ニューポート市は活気に溢れる都市で、前向きのテクノロジーの使用で経済を活性化し、住民と旅行者の生活の質を向上しようとしています。詳細 »

2013 年にカンボジアで発生した洪水はこの国のほとんど半分を覆い、千七百万人近くの人々に影響を与えました。死者は 50 人を超え、何十万人もが住む家を失いました。その後の BBC メディアの調査では、「3 分の 1 以上の [人] が被害をもたらしたこの出来事に対して何も情報を得られず、情報を得た人も 4 分の 3 は洪水の最中か、その後で情報を受け取った」ということです。 非政府、非営利団体である People in Need Cambodia ではオープンソーステクノロジーを用いて Tepmachcha 洪水検出ユニットを開発し、カンボジアでの既存の洪水予測、早期警報方式を改善しました。

Caltrans (カリフォルニア交通局) のプロジェクトには、カリフォルニアでの交通事故対応を作り直すという、ひとつの主要目標があります。これにはツール、方法論、政策を協調的に開発する必要があります。このプロジェクトにはリアルタイムの IoT センサーデータセットを統合するデータハブと、スケーラブルでリアルタイムの交通モデリングと予測、データとモデルが情報を与える事故対応意思決定システム、信号、高速道入出路メーター、迂回路標識のリアルタイムでの制御があります。Caltrans は全局を挙げて AWS クラウドに移行し、データ格納、分析、テストのためのスケーリングをサポートしています。 

カナダ、オンタリオ州、ウォータールー地域のグランドリバー交通局 (GRT) はそのオンプレミスの旧式な対話的音声応答アプリケーションを交換して、バスの利用者にバスの到着情報を伝える必要がありました。デプロイした AWS のホストするアプリケーションは GRT のリアルタイムのウェブサービスに接続し、バス利用者は電話でバス停番号を入れ、バス到着情報をリアルタイムで得て、バス利用の計画に役立てることができます。

南オーストラリア政府は AWS のサーバー無しアーキテクチャーを用いて、Addinsight 交通管理ネットワークの 700 を越す Bluetooth デバイスを再使用して、モバイルデバイスの道しるべとしています。この省の部署はその位置固定の旧式、低エネルギー Bluetooth デバイスをシステムのバックエンドに登録し、デベロッパーは地理に特定のコンテンツと情報をユーザーに配信できるようになります。このソリューションは部署を超えた協力の好例で、インフラ経費を抑える、革新的でサーバーを使わないアーキテクチャーを用います。これはまたオープンデータの取組みも可能になるので、透明性が向上して、縦割り行政によるデータの非効率を削減します。

アーカンソー州ベントン市の警察では、最新の身体装着テクノロジーと車両内動画通信システムをその警察官に与えています。これはすべて、現在の方法にシームレスに組み込め、全てをこなせる自動化された戦略を開発するという計画の一環です。AWS のサポートする BodyWorn の設計と AVaiL Web Cloud Storage Platform は、現在地方裁判所で使われている、車両からの動画での証拠を手動でディスクにコピーして法廷での証拠とするプロセスを自動化して、将来巡回裁判所にも拡張する計画です。 

ケンタッキー州ルイビル市は、次世代のアダプティブな交通管制システムを構築中です。この目的は交通の巡回的な特性への体系的な大きな変化を検知し、自動的にインフラを調整してその影響を軽減しようとするものです。市役所では、機械学習、リアルタイムの交通データ、IoT インフラストラクチャ、相互接続システムのためにこの仕事に取組みことができます。このシステムが実施されると、ルイビルでは多くのシステムをまたいでデータを解析でき、担当者はデータに基づいた意思決定を行って住民に利益となります。

ローレンス市警察では、BodyWorn by Utility と提携して身体装着カメラを導入し、公共の安全を向上し、犯罪を減らし、警察と住民間の信頼関係を築こうとしています。このプロジェクトは AWS をビッグデータ格納、解析に使い、警察官は動画と音声記録を収集して、データを直ちに安全で暗号化された保存環境にアップロードできます。

StormSense は、バージニアビーチと周辺のバージニア州ハンプトンローズ海岸部での洪水を予測する能力を高めます。この早期検知方式は高潮、降水、潮の満ち干のデータを用い、複製可能、スケーラブル、測定可能で、世界中に影響を与える可能性があります。このプロジェクトは海岸部と地元政府自治体が IoT 活用の潮高センサーの利用でその緊急対応力を高めようとする取組みをその取扱い範囲とし、Virginia Institute of Marine Science (VIMS) とその VIMS TideWatch Network の水力学洪水モデリングと予測力と提携しています。

511.org はサンフランシスコベイエリアの通勤者用の無料の交通情報システムです。これはサンフランシスコベイエリアのメトロポリタン交通局 (MTC)、カリフォルニア州ハイウェイパトロール、カリフォルニア州交通局が共同で運営しています。電話とウェブリソースを用い、ベイエリアの 9 つのカウンティー住民と旅行者は 24 時間、このシステムだけで交通状況、公共交通機関、駐車、カープール、自転車に関するアップデートが得られます。

リバプール市議会では、在宅ケアのプロバイダーとテクノロジー企業間の協力を可能にする、革新的な購買アプローチを採択しました。この目的は情報と通信テクノロジーを活用した在宅ケアサービスを届けて、ケアの結果を向上し、コストと運営効率を達成することです。リバプールでは LoRaWAN ネットワークを導入して、スマートテクノロジーを持つ者と持たない者の間のデジタルデバイドを軽減しました。

15 年度の連邦政府の IoT への支出は 20 パーセントも上がり、ほとんど 90 億 USD となりました。

 

McKinsey Global Institute の見積もりによると、IoT の経済的影響は 2025 年までに 11 兆 USD となる見込みです。

センサーへの支出は 11 年度から 15 年度までほとんど 3 倍となり、昨年のみで 56% の伸びを見ました。

弊社は次のイベントに出展します。弊社のチームに合い、スマートシティソリューションについて話し合われたい方は、ご連絡ください。

お問い合わせください
  • Smart Cities India Expo (インド)
  • DC summit
  • SxSW