株式会社ファームノートは、酪農・畜産向け牛群管理システム「Farmnote」、牛向けのウェアラブルデバイス「Farmnote Color」において AWS を採用。初期導入コストを抑えつつ、ビジネスの成長に合わせてスケールできるクラウド環境を活用することで、酪農・畜産の生産性向上に貢献しています。

株式会社ファームノートのインタビュー動画はこちら

2-3

アズビル株式会社

主に基幹システムの環境として AWS を採用。BCP サイトの運用においては 4 年間で 1 億円のコスト削減を予定しています。アズビル株式会社は、建物市場で「ビルディングオートメーション事業」を、工場やプラント市場で「アドバンスオート メーション事業」を、ライフラインや健康などの生活に密着した市場において「ライフオートメーション事業」をグローバルに展開しています。オンプレミス環境の使用感を維持しつつ、規模の拡大に合わせてスケール可能な環境を実現しています。

学校法人中央大学

国内外の津波の被災調査やシミュレーションの構築、街づくりの研究に必要な HPC の分野おいて AWS クラウドを採用。クラウドを活用することで、スーパーコンピュータを用いて行うような高精細で高精度な計算を安全かつ気軽な環境で実現しています。学校法人 中央大学は、1885 年に創立され、6学部、大学院8研究科、専門職大学院3研究科、4附属高等学校、2附属中学校、9研究所を擁する総合大学、総合学園です。実地応用の精神で人材を育成する校風は、「行動する知性。―Knowledge into Action―」というユニバーシティメッセージに受け継がれ実践されています。

このサイトで動画を見るには、Adobe Flash Player または最新のブラウザが必要です。

thum_senshukai_casestudy_600x409
2:33

株式会社千趣会

データ分析、物流管理システムをはじめとした業務システムで AWS を利用することにより、千趣会ではそれまで利用していたプライベートクラウド環境に比べ、 2 週間かかっていた調達期間を 1、2 日程度に短縮するだけでなく、同様のシステムを構築した際には 20% 程度のコスト削減を実現しています。株式会社千趣会は「ベルメゾン」をはじめとした通販、EC サイト、カタログサイト等を提供しています。業務システムをはじめ、新しいビジネスのためのシステムを AWS で運用しており、プライベートクラウド環境と AWS Direct Connect を接続し、スムースなシステム間連携を実現しています。

株式会社ドワンゴ

「ニコナレ」や「N高校」といった新しい事業のインフラに AWS を採用。クラウドサービスの特徴であるスケーラビリティや保守性の高さを活かして最適な設計をすることで、コスト削減だけでなく、よりスピード感のあるイ ンフラ構築を実現しています。株式会社ドワンゴは、動画配信、生放送といったニコニコサービスを中心に、インターネット上で多彩なエンターテインメントコ ンテンツを提供しており、それ ぞれの事業分野で革新を行い新たな価値の提供を続けています。


ja-memuro_logo_250x169

JA めむろ(芽室町農業協同組合)

AWS を導入することで、システムの開発期間を従来の半年~1 年から 2 ヶ月程度まで短縮、肥料在庫管理システムのスピーディーな開発を行うことができました。このシステムにより、在庫管理業務のペーパーレス化、作業ミスの軽減、さらには情報の見える化を実現しています。
芽室町農業協同組合「JA めむろ」は、北海道十勝平野の中西部に位置する芽室町の農業を支える 614 戸の農家経営を支援し、農家と共に収益を上げる活動を行っています。また、農業生産品を出荷し市場に出すだけでなく、加工して付加価値を高めることにも取り組んでいます。
肥料在庫管理システムでは、アプリケーションサーバーに Amazon EC2 、データベースには Amazon RDS for PostgreSQL を利用している他、Elastic Load Balancing、Amazon VPC も活用し、安全にシステムにアクセスするための環境を実現しています。

nintendo-dena_logo_250x169

任天堂株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー

Super Mario Run の環境として AWS を採用したことにより、オンプレミスであればインフラ調達から構築、検証まで 4 ~ 5 ヵ月かかるところ、わずか 2 ヵ月で全世界にリリースすることができました。また、配信を開始した当日は世界中のユーザーからの大量アクセスが一気に集中しても問題なく対応でき、iOS 版と Android 版を合わせたダウンロード数は 1 億 5000 万に到達する見通しです。
任天堂株式会社は、2016 年 3 月から株式会社ディー・エヌ・エーと協業し、スマートデバイス向けアプリケーションの提供を開始しました。世界で一般化してきたスマートデバイス向けゲー ムを通じて、ユーザーの最大化とゲーム専用機との相乗効果によるビジネスの最大化を目指しています。
Amazon EC2、Amazon EBS、Elastic Load Balancing、Amazon S3 等を活用し、全世界のユーザーへ快適なゲーム環境を提供するとともに、Amazon CloudWatch、AWS IAM の活用により、2 社間のスムースな連携を実現しています。



JA めむろ(芽室町農業協同組合)

導入事例はこちら≫

任天堂株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー

導入事例はこちら ≫

西洋フード・コンパスグループ株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社オプト

導入事例はこちら≫

株式会社 毎日新聞社

導入事例はこちら ≫

株式会社 CyberZ

導入事例はこちら ≫

帝人株式会社

導入事例はこちら≫

凸版印刷株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社 あきんどスシロー

導入事例はこちら ≫

山九株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社 日本経済新聞社

導入事例はこちら ≫

学校法人 中央大学

インタビュー動画はこちら≫

株式会社スクウェア・エニックス

導入事例はこちら ≫

株式会社ジャパンネット銀行

導入事例はこちら≫

ジュピターショップチャンネル株式会社

導入事例はこちら≫

株式会社 ミクシィ

導入事例はこちら ≫

岡三オンライン証券株式会社

導入事例はこちら≫

セイコーエプソン株式会社

インタビュー動画はこちら≫

ソニー銀行株式会社

導入事例はこちら≫

富士ゼロックス株式会社

インタビュー動画はこちら≫

テンプホールディングス株式会社

インタビュー動画はこちら≫

日本通運株式会社

導入事例はこちら≫

キヤノン株式会社

導入事例はこちら≫

学校法人 近畿大学

導入事例はこちら≫

キリン株式会社

導入事例はこちら≫

クックパッド株式会社

導入事例はこちら≫