三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(以下、MUFG)では、グループ各社が持つデータを個々で集約・分析してきましたが、資源が分散して新サービスの開発を阻害する要因となっていました。そこで MUFG の FinTech スタートアップとして発足した Japan Digital Design 株式会社は、三菱 UFJ 銀行が保有する 4,000 万顧客口座の取引明細を対象として分析可能なプラットフォームを、AWS プロフェッショナルサービスを活用してわずか 3 ヶ月で構築。金融機関に必要なセキュリティレベルを AWS の各種機能を活用して確保し、分析者に自由な環境を提供することで、金融サービスのイノベーションを推進しています。