眼鏡フレームの生産地として知られる福井県鯖江市は、行政データのオープン化を積極的に推進する自治体として、その先進性で全国から大きな注目を浴びています。オープンデータを市民や民間企業に公開するシステムのプラットフォームとして AWS を採用した同市は、高度な安定性と可用性に加え、突発的なアクセス急増などに備える柔軟な拡張性も実現。同市の取り組みには、市民と行政をつなぐ IT 活用における多くのヒントが詰まっています。