高級車の製造やモビリティサービスの提供において世界をリードする BMW Group は、AWS を利用して次世代の統合コンフィギュレータープラットフォームを構築しています。BMW Group は、AWS Summit ベルリン 2018 において、オンプレミスのモノリシックアプリケーションからクラウドのマイクロサービス型プラットフォームへ展開する過程について深く掘り下げたプレゼンテーションを行いました。

自社の統合コンフィギュレータープラットフォームをクラウドへ移行するにあたり、BMW Group では、Git、Jenkins、AWS CodePipeline を基盤として CI/CD パイプラインを構築し、Amazon API GatewayAWS LambdaAWS Elastic Beanstalk を利用してプラットフォームのマイクロサービスアーキテクチャを開発しました。さらに、AWS プロフェッショナルサービスWell-Architected フレームワークを活用することでプロジェクトの迅速かつ安定した成果を確実なものとし、インフラストラクチャとアプリケーションの監視および維持に関する訓練を、Game Day / Chaos Monkey の方法論によってオペレーションチームに実施しました。

bmw-UCP-thumbnail
31:32
AWS における BMW の新たな統合コンフィギュレ―タープラットフォームの構築 (AWS Summit ベルリン 2018)

どんな種類のアプリケーションやバックエンドサービスでも、サーバーをプロビジョニングしたり管理したりする必要なく、仮想的にコードを実行できる AWS Lambda の詳細をご覧ください。