Cenique_Customer-Reference_Logo@2x

Cenique の導入事例

2015 年

2012 年に創立された香港を拠点とする分析会社である Cenique は、お客様に店舗広告や視聴者測定のためにモバイルおよびビッグデータテクノロジーを活用するコスト効率の高い方法を提供することにより、デジタルサイネージ業界に革命を起こしています。Cenique の主な製品である IntelliSense Audience Measurement ツールは、Android ベースのメディアボックスに接続された店内ウェブカメラを使用して、店内において、年齢、性別、時刻などの 9 つの主要なメトリクスから匿名の顧客データを収集します。便利なブラウザーをベースにしたダッシュボードを使用して、クライアントはロケーション指定のメトリクスを表示し、デジタルサイネージのコンテンツの自動調整設定などアドバンストオプションからも選択できます。デジタルサイネージのコンテンツは、クァッドコアプロセッサーを使用して高精細の 1080p ビデオを使用するメディアボックスからストリーミングされます。

2013 年に、Cenique は香港 ICT ベストビジネス製品アワードを受賞し、2015 年に、香港 ICT ゴールドアワードのベストスマート HK - Big Data アプリケーションを受賞しました。Cenique は 16 か国で営業し、20 人のアソシエイツから成る小さなチームを採用し、香港に本社を置き、米国とインドにさらに事務所を構えています。

Python のチュートリアルを開始する
CustomerReferences_QuoteMark

私たちは未来について楽観的であり、AWS が提供する安定性、セキュリティ、およびスピードのおかげで自信を持っています」

Shylesh Karuvath
Cenique 共同設立者兼最高経営責任者

課題

「すべてのスタートップは成長を希望しています」と Cenique の共同創立者兼 CEO である Shylesh Karuvath は述べています。「しかし、製品に対する市場の反応を見極めるためにも、最初は小さく始めることが賢明です。」 Cenique が 2012 年に絵営業を始めたときに、数百のメディアプレイヤーの最初のロールアウトは香港とシンガポールにある 3 つのローカルサーバーによりサポートされていました。ビジネスが拡大し、その運営がアジアと米国に及ぶにつれて、ダウンタイムと遅い接続は大きな問題となりました。競争力のある新しい分野のリアルタイムのアナリティクスで設立しようとしている会社にとって、成長を制限し、素晴らしいカスタマーエクスペリエンスの提供を遅らせるサービスの遅延は受け入れがたいものでした。

IntelliSense はお客様のメディアボックスから精製した情報を安全にリモートサーバーに送信することが必要で、そこでしっかりと分析され、情報グラフに変換されて、ホストされたダッシュボードのクライアントが利用可能になります。コンテキストがトリガーするコンテンツを購入するお客様の場合、店内の買い物客に最も訴えかけるために、データ分析の結果により、サーバーから店内のデジタルサイネージにプッシュバックされるメディアファイルを判別します。「これは複雑なプロセスで、数分の 1 秒ごとに意味があります」と Shylesh は述べます。「十分な速度とセキュリティを提供できる一方で、予算に見合ったコスト効率の高いソリューションを提供できるプロバイダーを見つけることを決めていました。」

「さらに、私たちの成功がインフラストラクチャ能力を超えたものになることを心配しないですむソリューションが必要でした」と Shylesh は説明します。「追加のビッグデータ分析ツールのアプリケーションに対する可能性も見ることができます。しかし、もちろん、超高速の接続速度が必要になります。」

アマゾン ウェブ サービスが選ばれた理由

「アマゾン ウェブ サービス (AWS) と Microsoft Azure を評価しました」と Shylesh は述べています。「AWS はより広範囲のデータ分析ツール、より良い可能性とネイティブな Linux 環境とのより優れた統合を提供するため、最終的に AWS を選択しました。AWS でアナリティクスを実行すると、オンサイトサーバーでそれを実行するよりもかなり速いことがわかりました。」

Cenique の IT スタッフは、たった 1 か月で、Amazon やサードパーティのパートナーからの支援を必要とせずに、同社の新しい分析ソリューションを AWS でデプロイすることができました。Shylesh によると、かれのチームはオンラインサポートのドキュメントを頼りにしました。「移行はかなり単純でした」と彼は言います。「AWS はとても直観的であることがわかったので、移行プロセスの間、何の問題もありませんでした。」

店内カメラプライバシー保護法に従って、匿名対象者のデータが現場で抽出され、AWS クラウドへの安全な接続を通じて送信されます。AWS に入ると、最大 5 つの Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにより処理されてから、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにアーカイブされます。Cenique はまた Amazon S3 を使用して、事前録画された広告を使用します。それは Amazon CloudFront 経由でクライアントに送信して返されます。Elastic Load Balancing および Auto Scaling は、着信トラフィックが Cenique ネットワーク全体で均等に配分されることを保証するために使用されます。

Cenique は AWS マネジメントコンソールAmazon CloudWatch を使用して、ネットワークを監視および管理します。これは、いくつかのサブネットを含む Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に安全に含まれます。重要なことは、AWS アーキテクチャは Cenique が Linux と Java で構築され、大きなデータウェアハウスに含まれていた元のネットワークを保持することを許可することです。

「AWS の汎用性により、AWS は明らかな選択肢となりました」と Shylesh は述べています。「それは既存のプログラムと簡単に統合できたため、ビジネスの成長の重要な段階でネットワークの再構築に時間を浪費しませんでした。」 図 1 に AWS の Cenique インフラストラクチャを示します。

利点

ネットワークメンテナンスの継続的なコストから解放され、Cenique は AWS でほぼすぐに、お金を節約し始めました。「スタートアップの場合、すべてのドルが重要です」と Shylesh は言います。「AWS で、営業支出を 60% 減らしました。」 これは、言い換えると、Cenique はビジネスを拡大するためのアイディアにより多くの時間とお金を投資できるということです。

AWS は Cenique をデータ処理の遅延からも解放しました。AWS に移行して以来、同社はほご 100% のアップタイムを経験しています。同社は Amazon EC2 でホストされたカスタムアルゴリズムを使用して、店内カメラから抽出された大量のデータを探索し、ナビゲートしています。AWS Auto Scaling を使用して、Cenique はこれらのアナリティクスをこれまでよりも最大 40% 速く実行できます。

計算を完了するためにかかる時間を短縮することは、Cenique のお客様の関係するもののスピードを上げるだけではなく、会社が欧州やアジアでのビジネス機会を追求し、さらに多くのお客様が望ましくないネットワークレイテンシーを生じさせないことに自信をもつこともできます。たとえば、2014 年 6 月に、Cenique の営業は日本で開始されました。AWS を使用して、同hさは米国環境をコピーして、それを東京リージョンに再デプロイすることができました。「過去においては、新しい市場に参入するには、少なくとも 1 か月かかりました」と Shylesh は言います。「しかし、AWS では、日本で確立するために 1 週間しかかかりませんでした。」

開発者は現在 Cenique のデジタルサイネージ機器に Bluetooth と Wi-Fi ネットワークを検出させ、分析させるための計画に取り組んでいます。このデータは、Cenique に特定の店舗に入店する買い物客の種類や滞在時間に関するより深いインサイトを与えます。この情報により、Cenique の小売店顧客は、販売とマーチャンダイジング戦略を評価し、最適することができます。「AWS は、データがしばしば構造化されておらず、さまざまな形式で提供されることを理解しています」と Shylesh は言います。「このために、AWS を使用することで、これまで検出されなかった相互関係を特定して活用することができるという自信を持って、データ分析の新しい分野に拡大できます。」

最後に、Cenique はネットワークのセキュリティを強化し、自社のデータとクライアントのデータの両方を保護することもできました。「Amazon S3 で期限切れの URL を作成する機能を活用して、時間依存データの可用性をコントロールできるようにしました」と Shylesh は言います。「Amazon S3 を使用して、アーカイブしたデータの暗号化も行います。」

Cenique には現在、AWS を使い始めたときと比べて、従来の 10 倍多い顧客があり、その成長は遅くなる兆候を見せていません。「当社は将来について楽観的にみています」と Snhylesh は述べています。「さらに、当社の自信は、AWS が提供する安定性、セキュリティ、およびスピードの大きな恩恵です」

AWS の Cenique IntelliSense アーキテクチャ

cenique-arch-diag

Cenique について

2012 年に創立された香港を拠点とする分析会社である Cenique は、お客様に店舗広告や視聴者測定のためにモバイルおよびビッグデータテクノロジーを活用するコスト効率の高い方法を提供することにより、デジタルサイネージ業界に革命を起こしています。


使用されている AWS のサービス

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。開発者がウェブスケールのクラウドコンピューティングを簡単に利用できるように設計されています。

詳細 »

Amazon DynamoDB

Amazon DynamoDB は、規模に関係なく数ミリ秒台のパフォーマンスを実現する、key-value およびドキュメントデータベースです。

詳細 »

Elastic Load Balancing

Elastic Load Balancing は、アプリケーションへのトラフィックを複数のターゲット (Amazon EC2 インスタンス、コンテナ、IP アドレス、Lambda 関数など) に自動的に分散します。

詳細 »

Amazon S3

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、業界をリードするスケーラビリティ、データ可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを提供するオブジェクトストレージサービスです。

詳細 »

Auto Scaling

AWS Auto Scaling は、安定した予測可能なパフォーマンスを可能な限り低コストで維持するためにアプリケーションをモニタリングし、容量を自動で調整します。

詳細 »

Amazon EMR

Amazon EMR は、業界をリードするクラウドネイティブなビッグデータプラットフォームです。大規模環境で大量のデータを迅速かつコスト効率よく処理できます。

詳細 »

Amazon Kinesis

Amazon Kinesis でストリーミングデータをリアルタイムで収集、処理、分析することが簡単になるため、インサイトを適時に取得して新しい情報に迅速に対応できます。

詳細 »

Amazon RDS

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、クラウド上のリレーショナルデータベースのセットアップ、オペレーション、スケールが簡単になります。

詳細 »


開始方法

すべての業界のあらゆる規模の企業が、AWS を使用してビジネスを毎日変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。