chai-point_Customer-Reference_Logo

Chai Point は AWS で 1 日 150,000 杯のチャイの販売をサポートする

2017 年

2010 年に創立された Chai Point は、インド最大組織のチャイ小売業者で約 100 の小売店をもち、オンデマンドの配送サービス、モノのインターネットに対応したチャイとコーヒーのディスペンサーを提供しています。このビジネスはまた、Made-for-Chai と呼ばれるスナックのラインも生産しています。Chai Point には約 800 の従業員と場所をインドの 8 都市、バンガロー、デリー、グルガオン、ノイダ、ムンバイ、プネ、ハイデラバード、チェンナイに有しています。

Python のチュートリアルを開始する
CustomerReferences_QuoteMark

今後 2 年から 3 年の間、当社は今日の少なくとも 3 倍の大きさになる計画で、AWS はこれらの計画をサポートするスケーラビリティを提供します」

Amuleek Singh Bijral
Chai Point、設立者兼最高経営責任者

課題

お茶の消費量がコーヒーの約 15 倍である市場で存在感を確立して成長させるために、Chai Point は、カスタムエンタープライズリソースプランニング (ERP) システム、カスタマー関係管理 (CRM) システム、および在庫管理システムを含む主要なビジネスアプリケーションを実行するために、信頼性が高くスケーラブルなインフラストラクチャが必要でした。オンプレミスのインフラストラクチャのデプロイは、実践的ではありませんでした。ビジネスは信頼できない成長予測に基づいて投資を行わなければならなかったり、潜在的にあまり利用されないサーバー容量を生じさせる可能性があるためです。

「当社はコーヒーと同等のサービスをほとんど受けていないとわかっていた市場でリーダーになるという非常に強い野心がありました」と Chai Point の創立者兼最高経営責任者である Amuleek Singh Bijral は言いました。「急速な拡大をサポートするためにスケール可能なインフラストラクチャが必要でした。2016 年 11 月に、5 つの新店舗を追加し、12 月にさらに 7 店舗を追加しました。 また、このビジネスには、モノのインターネットによって実現されるクラウドベースの飲料サービスである boxC.in などのイノベーションを提供するための俊敏性が必要でした。

アマゾン ウェブ サービスが選ばれた理由

Chai Point は、クラウドベースのサービスのみがインフラストラクチャ要件を満たせると判断し、アマゾン ウェブ サービス (AWS) の使用を決める前に、さまざまなクラウドサービスプロバイダーを検討しました。「AWS が新しいサービスの作成とローンチで確立した勢いと、自社の技術チームからその機能について受け取ったポジティブなフィードバックを組み合わせて、AWSを採用する自信が得られました」と Singh Bijral は述べています。

このビジネスは AWS への移行を開始し、今は AWS クラウドで重要なシステムを実行しています。これには、カスタム ERP、CRM、在庫管理システム、SHARK という POS システム、集中管理されたデータ集計とカスタムアナリティクスシステム、クライアントフィードバックシステムが含まれます。Chai Point はビジネスが機密性の高い社内システムをインターネットから隔絶し、ウェブ上の公共向けのシステムへのアクセスを可能にする Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用します。

2016 年後半までに、ビジネスはコアの AWS のサービスを使用するように拡張する方法を模索していました。これには、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、および Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) などで、AWS IoT プラットフォームを利用して boxC.in を実行する可能性があります。

AWS を使用して SHARK、boxC.in、およびその他の主要なシステムを実行することに対する Chai Point の自信は、ビジネスが使用する AWS のサービスの価値を最大化するのに役立つ定期的なトレーニングとアーキテクチャレビューによってサポートされています。「AWS ソリューションアーキテクトは、社内技術チームと定期的に話し合い、セキュリティやスケーラビリティなどの領域を最適化する方法についての指針を提供しています」と Singh Bijral は述べています。「これらの指針は、当社のビジネスがインフラストラクチャの投資から可能な限り最高の結果を達成するのを支援する上で非常に貴重でした。」

利点

AWS で重要なシステムを実行することにより、幅広い利点を Chai Point にもたらしました。「ビジネスに直接影響を与える AWS のサービス停止は経験したことがありませんでした」と Singh Bijral は話しました。AWS のスケーラビリティにより、Chai Point の主要システムでトランザクションの処理量の急増をサポートすることができました。これには、毎日のチャイの 150,000 杯以上の販売に関連するトランザクションも含まれます。このビジネスは、追加のハードウェアを調達するのに数週間を費やさずに、2 または 3 回のメジャーソフトウェアリリース、および 3 または 4 回のマイナーリリースを毎月、SHARK システムだけで完了することもできます。一方、boxC.in の配信における AWS テクノロジーの役割についての話合いを続けるにあたり、Chai Point は 2016 年後半に 100 台の新しく接続された boxC.in ディスペンサーをデプロイし、2017 年 3 月までにさらに 300 台を追加する予定です。

AWS を使用することにより、Chai Point はまたコストをコントロールすることもできました。ビジネスは、不正確な成長予測に基づいて事前にハードウェアを購入するのではなく、オンデマンドで必要な IT インフラストラクチャに投資できるようになりました。このビジネスでは、AWS のサービスを使用して機械学習プラットフォームを起動し、需要予測を適用して配信およびフルフィルメントサイクルを強化することにより、サプライチェーンを改善する予定です。

AWS プラットフォームの安定性と俊敏性は、Chai Point が社内の SHARK システムをベンダーとして小規模企業に展開するなど、さらなる拡大を模索する機会を提供しています。また、ウェブサイトを AWS に移行し、主要なテクノロジー資産をクラウドにさらに統合することも計画しています。「複数のアプリケーションをホストする AWS のパフォーマンスを評価した後、AWS で当社のウェブサイトを実行する自信が増しました」と Singh Bijral は述べています。

「AWSを使用してこれまでに達成したことに非常に満足しており、他のクラウドサービスプロバイダーに移行することに興味はありません」と Singh Bijral は言っています。「今後 2 年から 3 年の間、当社は今日の少なくとも 3 倍の大きさになる計画で、AWS はこれらの計画をサポートするスケーラビリティを提供します。」


Chai Point について

2010 年に創立された Chai Point は、インド最大組織のチャイ小売業者で約 100 の小売店をもち、オンデマンドの配送サービス、モノのインターネットに対応したチャイとコーヒーのディスペンサーを提供しています。

AWS の利点

  • オンデマンドで IT インフラストラクチャに対する投資を行うことでコストをコントロール
  • 毎日 150,000杯のチャイの販売をサポートするようにスケール
  • boxC.in サービスを少なくとも 3 倍成長させる計画をサポート
  • このビジネスは AWS で重要なシステムを実行中です

使用されている AWS のサービス

Amazon S3

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、業界をリードするスケーラビリティ、データ可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを提供するオブジェクトストレージサービスです。 

詳細 »

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。

詳細 >>

Amazon RDS

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、クラウド上のリレーショナルデータベースのセットアップ、オペレーション、スケールが簡単になります。

詳細 >>


開始方法

すべての業界のあらゆる規模の企業が、AWS を使用してビジネスを毎日変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。