セキュリティやコンプライアンスに何の不安も感じていません。オンプレミスで実施しているものと同様のセキュリティレベルをレプリケートすることは簡単ではありませんが、AWS で作業することで、データ保護、ネットワークアクセス、および他のセキュリティ対策のベストプラクティスに従っていることを確信しています。
Leandro Gelasi 氏 IT 責任者

Corte dei conti (Cdc)、つまり Court of Auditors は、イタリアのすべての公共機関の会計および予算を監査および監督する責任を負っています。これは、1862 年に設立され、これに付託された権限は、イタリア憲法の第 100 条で定められており、これは公的基金の保護および "国家財政の無駄および不適切な管理の防止および回避" における裁判所の司法上および行政上の役割を詳細に説明しています。

設立されてから長い歴史を持つにもかかわらず、Cdc は、これまで定着した地位を保ち続けている機関ではありませんでした。変化が目まぐるしい世界において関連性を保つための鍵が近代化であり、その結果、プロセスや構造の変化を取り入れることになると理解しています。IT がその中心的な役割を果たします。Corte dei conti の IT 担当役員である Leandro Gelasi 氏は、「当社は継続的な改善に深く関与しており、この目標を支援するために当社は俊敏で伸縮自在なインフラストラクチャを必要としています」と語っています。

Gelasi 氏およびそのチームは、時間のかかる物理的な IT の管理からの移行を望んでいました。Gelasi 氏は、「当社は、ハードウェアの取り扱いではなく、優れたサービスの提供に注力したいと思っていました」と語っています。従業員の生産性を向上するための大きなイニシアチブは事業効率化と密接に関連していました。Gelasi 氏は続けてこのように語っています。「当社の 3,000 人以上の従業員にどこからでも、どのデバイスでもアプリケーションにアクセスできるようにすることで、業務方法を変えたいと願っていました。しかし、従業員に提供するこの柔軟性がデータの安全性を脅かすことがないようにする必要がありました。」

公的財政の浪費を抑制するというその目立った役割のため、またイタリア政府が大幅な予算削減に伴って IT 支出を削減するよう機関に要求していることを踏まえて、Cdc も自身のコスト削減に取り組むことが必要になりました。大規模な Citrix ベースのインフラストラクチャを使用しているため、Corte dei conti は、このテクノロジーに関して従業員にトレーニングを実施することに多くの投資を行っていました。この投資を最大限に活用しながら、同時にアーキテクチャにより俊敏性を持たせることを望んでいました。

Cdc は、ハイブリッドクラウド環境で実現することに決めて、この取り組みを促進するためにアマゾン ウェブ サービス (AWS) と AWS Advanced Consulting Partner XPeppers を採用しました。Amazon WorkSpaces を使用した仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) を導入することから始めました。Gelasi 氏は、「AWS を検討したところ、当社のクラウドへの移行における最適なプラットフォームであることがわかりました。XPeppers を以前に使用したことがあったため、AWS に移行し、当社の Citrix 環境とのシームレスな統合を確実に実現するために XPeppers を使用することが真っ先に決断されました」と語っています。

インフラストラクチャは 25 の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで動作し、午前 8:00 から午後 8:00 までの業務時間のみに実行されます。Cdc は AWS Lambda を使用して、各インスタンスのスタートアップとシャットダウンを調整します。各部門には専用の Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) と、VPC と Cdc のデータセンター間を繋ぐ仮想プライベートネットワーク接続があります。

XPeppers のソリューションアーキテクトである Paolo Latella 氏は次のように語っています。「機密性の高いデータを取り扱うため、Corte dei conti は安全なアーキテクチャを必要としています。私たちは Cdc と連携して、クラウドにおけるベストプラクティスを説明し、最高レベルのセキュリティを保持するようにしました。」例えば、AWS Identity and Access Management (IAM) は、裁判所がリソースへのアクセスを制御するために役立ち、Amazon CloudWatch は、チームがアプリケーションをいつでも円滑に実行できるようにします。さらに、AWS Marketplace を使用することで、Cdc は、オンプレミス構造をレプリケートするセキュリティモデルを実装するために必要なソフトウェアとサービスを選択することができます。

何もよりもまず、Gelasi 氏とそのチームは、安心してクラウドで作業できています。Gelasi 氏は次のように語っています。「セキュリティやコンプライアンスに何の不安も感じていません。オンプレミスで実施しているものと同様のセキュリティレベルをレプリケートすることは簡単ではありませんが、AWS で作業することで、データ保護、ネットワークアクセス、および他のセキュリティ対策のベストプラクティスに従っていることを確信しています」

また、こう続けています。「ユーザーが受けられるサービスは大幅に向上されています。フィードバックの量も非常に少なく、これはすばらしいことです。IT 業界では、便りのないのは良い知らせです」。さらに、社内のユーザーはより大きな柔軟性を持つようになり、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンを使用してどこからでもアプリケーションにアクセスすることができます。「判事などの裁判所の職員のために、自宅から効率的に作業できるようにしています。以前は、オフィスでしかアプリケーションにアクセスできませんでしたが、今では、どこでも行うことができます。その結果、生産性が大幅に向上しました。意思決定が速くなり、システム全体がより適切に機能するようになっています。当社の組織全体にとって、すばらしい結果です」と Gelasi 氏は語っています。

管理プロセスも簡単になることで、Cdc の IT チームは、内部と外部の両方のクライアントに対するサービスの開発に集中できます。組織の効率を飛躍的に向上させるために、IT チームは、イタリア全土の政府機関にサービスを提供することを目標の 1 つとしています。Gelasi 氏は、次のように語っています。「当社の AWS インフラストラクチャを使用することで、IT を他の機関に提供することがより簡単になります。IT は、それらの機関が政府の取り組みに調和してコストの削減を行うのに役立ちます」

「また、クラウドでもコストを削減することができます」と語り続けます。「AWS に移行することにより、ハードウェアコストを 40,000 ユーロ削減しました」。運用コストはさらに特定が難しいですが、Cdc では VDI プロジェクトでエネルギー消費を削減し、空調や電気設備にかかるコストを節約できていると、Gelasi 氏は確信しています。「プロジェクトの原動力の 1 つとなったことは、コストのより良い可視性とより大きな責任を持たせることでした」と言います。「AWS クラウドへのインフラストラクチャの移行により、これも行うことができるようになります」

Cdc 全体で VDI を 250 のユーザーにデプロイしたことで、チームは組織のすべてのリージョン全体でそれを本格的に展開できるようになり、最終的に、より生産性の高いツールを 3,000 人の従業員に提供するようになりました。裁判所も、XPeppers を使用して作業することで、AWS での災害対策を構築し、俊敏性の向上のためにさらに多くのワークロードをクラウドに移行しています。「AWS クラウドを使用することの最大の利点は何か尋ねられたとしても、1 つだけに絞って答えることはできません」と Gelasi 氏は語っています。「それはパッケージ全体です。より大きな柔軟性が得られ、シームレスにスケールできて、顧客に優れたサービスを提供するための時間を作り出してくれます。」

  • AWS パートナーネットワーク (APN) のアドバンストパートナー。XPeppers では、顧客がクラウドに正常に移行できるようにサポートし、継続的インテグレーションおよび配信の事例から益を得られるようにしています。
  • 企業が AWS 環境を構築および管理するために XPeppers がどのように役立つかについて詳細は、AWS パートナーディレクトリXPeppers を参照してください。

アプリケーションをクラウドに移行するために、AWS がどのように役立つかについて詳細は、ビジネスアプリケーションの詳細ページを参照してください。