Gett_Customer-Reference_Logo@2x

Gett の導入事例

2016 年

Gett はイスラエルに拠点を置くスタートアップ企業で、乗客とタクシードライバーをマッチングしています。世界の各都市の乗客は、同社のウェブサイトまたは GPS ベースのモバイルアプリケーションを使って、タクシーを呼ぶことができます。Gett はイスラエル国内の 13 都市に加え、ニューヨーク、ロンドン、モスクワなど、50 を超える主要都市で事業を展開しています。

Python のチュートリアルを開始する
kr_quotemark

Gett は毎年 300% の成長を続けており、AWS を使用することで、その成長に対応することができています。要求される時間で、サービスを必要なだけスケールできます」

Lior Bar-On 氏
Gett チーフアーキテクト

課題

Gett は急成長中の企業です。世界中の都市で同社のサービスを利用しているユーザーは数百万人に上ります。同社でチーフアーキテクトを務める Lior Bar-On 氏は、「当社は現在、毎年 300% というスピードで成長を続けています。サービスは欧州全土で急速に拡大しており、その対象を新しい都市へと常に広げています」と語っています。 この急成長をサポートするために、Gett は自社のウェブサイトおよびモバイルアプリケーションのバックエンドを迅速にスケールする必要があります。「お客様の需要を満たすため、コンピューティング能力をさらに追加する必要があります」と Bar-On 氏は語っています。

Gett では、ビジネスを拡大し続けるために、より高性能なアプリケーションをより低価格で提供しようと努力しています。「当社では、パフォーマンス向上のためにキャパシティーを増強する必要がありますが、スタートアップ企業であるため、コストを削減する方法を常に模索しています」と Bar-On 氏は語っています。Gett では、データから入手できる情報を増やしたいとも考えています。「当社には強力なデータ分析ソリューションが必要です。それがあれば、現場からのデータにより、十分な情報に基づいてビジネス上の意思決定を行うことができます」と Bar-On 氏は語っています。

また、同社は、本番環境と開発環境の両方に柔軟性を必要としています。Bar-On 氏は、「本番環境においては、変更を迅速に適用する必要があります。コンピューティング能力やメモリを追加する場合でも、新しいテクノロジーをすぐに試す場合でも、数百個のノードから成る Hadoop クラスターを数日間セットアップする場合でも、そう言えます。また、新しい構成をリリースする前に試すことも必要ですし、その構成を社内開発者がテストできるようなシステムを新たにセットアップすることも必要です」と語っています。

アマゾン ウェブ サービスが選ばれた理由

Gett では、ビジネス要件を満たすために、ウェブプラットフォームとモバイルプラットフォームをアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドで構築することにしました。Bar-On 氏は、「AWS は最先端のクラウドテクノロジー企業であり、どの企業よりも幅広いサービスを提供しています。Gett が AWS を利用しようと当初から決めていた理由はそこにあります」と語っています。

Gett では、ウェブサイトとモバイルアプリケーションを、数百個の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで運用しています。同社では、Auto Scaling を使用することにより、ユーザーの需要に基づいて EC2 キャパシティーを自動的にスケールしています。最近では、コストの一部を削減するために、Amazon EC2 スポットインスタンスを活用することにしました。このサービスを利用するお客様は、使用されていない Amazon EC2 キャパシティーを割引価格で使うことができます。同社は、Amazon EC2 スポットインスタンスで Amazon Elastic MapReduce (EMR) サービスを実行し、膨大な量のデータ処理に役立てています。

また、Gett では、メインのデータウェアハウスとして、Amazon Redshift を使用しています。「当社では、変更ログ、トランザクション、乗車データなど、ビジネス活動に関するあらゆる種類のデータを Redshift に格納しています」と Bar-On 氏は語っています。さらに、Gett では、DevOps プロセスのいくつかについて、バックアップと災害対策のサービスとして AWS CodeCommit を使用しています。AWS CodeCommit を使用しているため、それらのプロセスのために自社のソースコントロールシステムを管理する必要はありません。

利点

Gett では、AWS を使用してモバイルアプリケーションとウェブサイトをスケールすることにより、増え続けるユーザーに対応しています。Bar-On 氏は、「Gett は毎年 300% の成長を続けており、AWS を使用することで、その成長に対応することができています。要求される時間で、サービスを必要なだけスケールできます。たった数分で新しいサーバーをプロビジョニングできるため、ビジネスの急速な成長にすばやく歩調を合わせることができます」と語っています。

Gett では、Amazon EC2 スポットインスタンスを利用することで、キャパシティーを増強してパフォーマンスを最適化しつつ、コストを大幅に削減しています。同社の本番環境以外の Amazon EC2 インスタンスの約 90% が EC2 スポットインスタンスであり、本番環境のインスタンスの 65% が EC2 スポットインスタンスです。Bar-On 氏は、「Amazon EC2 スポットインスタンスを活用することにより、当社では年間 80 万 USD を削減しています。費用対効果が非常に高い方法でキャパシティーを増やせるようになりました」と語っています。

Gett では、自社のデータから新しいビジネスインサイトを得るために、Amazon Redshift と Amazon EMR を使用しています。Bar-On 氏は、「データウェアハウスとして Amazon Redshift を使用することで、自社のデータについて、主なパフォーマンスに関する重要な指標およびメトリクスを入手できます。例えば、マッチングプロセスの早い段階で目的地をドライバーに表示することと、ドライバーが乗車タイプを選り好みしないことの関連性など、過去のイベントを分析できます。当社では、これらのメトリクスを使用して、お客様へのサービスの改善、そして当社のビジネス全体の改善を図っています」と語っています。

Gett では、業務上の柔軟性も向上しました。Bar-On 氏は、「EMR を使用すると、Hadoop クラスターの数百個のノードを必要なときにいつでもセットアップできます。また、使用する必要がなくなったクラスターをシャットダウンすることもできます。また、副次的な DevOps プロセスのいくつかについて、AWS CodeCommit にデータをプッシュできます。これにより、GitHub と CodeCommit のどちらからでもコードを柔軟にデプロイできるようになります。これは、俊敏性と柔軟性が必要な当社の DevOps アプローチに役立っています」と語っています。 Gett では、ビジネスが成長するにつれて、その成長を推進する AWS のサービスをさらに検討しています。Bar-On 氏は、「AWS の改善と革新は絶え間なく続いており、プラットフォームは急速に進化し続けています。AWS の最新技術を今後も利用できることを楽しみにしています」と語っています。


Gett について

Gett はイスラエルに拠点を置くスタートアップ企業で、乗客とタクシードライバーをマッチングしています。世界の各都市の乗客は、同社のウェブサイトまたは GPS ベースのモバイルアプリケーションを使って、タクシーを呼ぶことができます。


使用されている AWS のサービス

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。開発者がウェブスケールのクラウドコンピューティングを簡単に利用できるように設計されています。

詳細 »

AWS CodeCommit

AWS CodeCommit は、Git ベースのリポジトリをセキュアにホストする完全マネージド型のソース管理サービスです。

詳細 »

Amazon EMR

Amazon EMR は、業界をリードするクラウドネイティブなビッグデータプラットフォームです。大規模環境で大量のデータを迅速かつコスト効率よく処理できます。

詳細 »

Amazon Redshift

Redshift は、Fortune 500 の企業からスタートアップに至るまで、あらゆる企業のミッションクリティカルな分析ワークロードを強化します。

詳細 »

Auto Scaling

AWS Auto Scaling は、安定した予測可能なパフォーマンスを可能な限り低コストで維持するためにアプリケーションをモニタリングし、容量を自動で調整します。

詳細 »


開始方法

すべての業界のあらゆる規模の企業が、AWS を使用してビジネスを毎日変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。