Lafarge は、カーボンディスクロージャープロジェクトで第 6 位に入賞し、2010 年にはその持続的な開発のための取り組みが認められて Dow Jones Sustainability Index に採用されました。世界トップクラスの建築材料研究施設を持つ Lafarge は、常にイノベーションを重視し、持続可能な建設と設計を創造するために活動しています。

70か国以上に展開する Lafarge は、ウェブサイトを国ごとに管理しなければなりませんでした。ウェブサイトの負荷は常に変化するため、Lafarge はそれに合わせてサーバーを追加、削除できることを望んでいました。ウェブサイトには高いパフォーマンスが求められていたほか、サイトを開発、テスト、試作、制作するための堅牢な環境も要求されていました。そこで同社は、ウェブサイトを Amazon Web Services(AWS)に移行することにしたのです。

Lafarge グループのコーポレート IT/IS/IT マネージャーである Dominique Moulin 氏は、同社がなぜ AWS を採用したかについて次のように述べています。「弾力性は 1 つの重要な要素でした。ウェブサイトの負荷に合わせて瞬時にインスタンスを追加、削除できる能力は、私たちにとって欠かせなかったのです。」同グループの新技術マネージャーである François Dufraisse 氏は次のように付け加えています。「高いパフォーマンスを達成することは、ウェブサイトを管理する上でも重要でした。Lafarge は、70か国以上に展開しています。公開されているウェブサイトは、そのすべての国において AWS で管理されているのです。私たちは AWS を、そのようなウェブサイトの開発、テスト、制作準備、および制作環境としても使用しています。現在までのところ、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)と Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)でうまく操作しています。」

Dominique Moulin 氏と François Dufraisse 氏は現在、グループ内で他のアプリケーションや用途にも拡大するかどうかを検討するために Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)を評価中です。François Dufraisse 氏は次のように述べています。「Amazon VPC を使用することで、AWS の用途を社内アプリケーションやイントラネットにも拡大することができました。」

同社のソリューションを構築するために開発チームが使用したのは、Java/J2EE、WebSphere、Oracle、Linux、Riverbed です。開発の中で、チームは重要なことを学びました。1つ目については、「AWS でのウェブサイト運営を管理することができ、高度な技術を持つ会社のサポートが受けられることが重要です。当社が選んだのは EDIFIXIO でした」と Dominique Moulin 氏が述べています。もう1つは、Intel のチップセットとソフトウェアの相性のために、チームは作成したインスタンスごとにチップセットを確認しなければならなかった点です。

現在、グループの本社ウェブサイトと22か国のウェブサイトが稼動しています。「AWS の持つ柔軟性により、グループの四半期決算のような特別イベントにおけるピーク時への対応も向上しました」と François Dufraisse 氏は述べています。Dominique Moulin 氏と François Dufraisse 氏は、他のアプリケーションおよび事業部門にも AWS を使用することを計画しています(新たに20か国のウェブサイトが進行中です)。Dominique Moulin 氏は次のように述べています。「AWS を採用することで、設備投資の考え方から運営コストの考え方に移行でき、スケーラビリティ、対応性、柔軟性の向上が手に入りました。」

クラウドでのウェブサイトの実行に AWS がどのように役に立つかの詳細については、http://aws.amazon.com/websites/ をご覧ください。