AWS を使用することで、患者により直接的に関与し、信頼性の高い効率的なサービスを提供できるようになりました。
Christine M. Swearingen 氏 プランニング、マーケティング、および CR 担当取締役副社長

MedStar Health は 1998 年に設立され、メリーランド州とワシントン D.C. 地域で最大級の非営利のヘルスケアプロバイダーです。このシステムは、地域内でも国内でも優れた医療ケアとして知られており、10 軒の病院と 250 軒を超える外来診察施設を運営しています。さらに、MedStar Health Research Institute と MedStar Institute for Innovation の本拠地でもあります。MedStar には 30,000 人の提携者と 6,000 人の提携医師がおり、地域全体のプライマリケア、救急医療、および在宅医療を行っています。2014 年、MedStar では 200,000 件を超える入院患者と 400 万件の外来診察を受け入れました。

MedStar Health では、患者第一の治療という理念を支えるために、デジタル技術を活用して患者に効率的なヘルスケアサービスを提供したいと考えていました。最初のステップとして、企業では、異なるウェブサイトを 1 つの患者提携ポータルに統合して、患者が医師、医療サービス、および施設をシステム全体から簡単に検索できるようにすること、およびウェブ上で予約できるようにすることを決定しました。長期計画は、患者へのサービスを変革するモバイルベース、ソーシャルベース、およびウェブベースの幅広いサービスを提供することです。

最初、MedStar ではホストされた環境でポータルを構築することを決定しましたが、結果はうまくいきませんでした。ウェブサイトは遅く、頻繁にクラッシュしたため、予約が紛失して患者を混乱させていました。さらに、ウェブサイトの維持に毎月何千ドルもかかっていました。「ウェブサイトは患者にとって使いにくく、結果として当社のビジネスと評価にダメージを与えることになりました」と MedStar Health のプランニング、マーケティング、および CR 担当取締役副社長である Christine M. Swearingen 氏は言います。「約 6 か月後、苦渋の決断をしてポータルを断念し、やり直すことにしました」

2014 年、MedStar Health は IT コンサルティング会社の Impact Makers の協力を得てウェブポータルを再構築しました。MedStar の 102 個のウェブサイトを見た目と感覚が一般的で検索可能な 1 つの検索対象に統合することを目指しました。MedStar では、スケーラビリティが得られるという理由で、クラウド内に新しいポータルを実装することに決定しました。Impact Makers は複数の クラウドサービスベンダーを検討した結果、 アマゾン ウェブ サービス (AWS) を選択しました。これは、自動スケーリング機能があり、コストが削減でき、包括的なソリューションであるという理由のためです。「他のベンダーを選択していたら、別々のプロバイダーから複数のテクノロジーを寄せ集めて 1 つのクラウドプラットフォームを作成する必要がありました」と MedStar の最高デジタル責任者の Michael Ruiz 氏は言います。「AWS ではツール一式を利用でき、1 つのプロバイダーの下ですべて実行できるため、かなりスムーズに統合できました」

Impact Makers では、AWS のさまざまな製品を使用してウェブサイトを構築しました。ポータルは Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内で起動します。これは論理上 AWS クラウドから分離されたセクションです。Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス用の永続的なブロックレベルのストレージボリュームであり、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は完全冗長化インフラストラクチャでデータの保存と取得ができます。Amazon CloudSearch は検索ツールで、ユーザーがコンテンツや医師を検索できます。Amazon CloudWatch ではポータルメトリクスの収集と追跡を行い、Amazon ElastiCache では AWS クラウド内の分散型インメモリキャッシュ環境がスケールされます。「AWS のクラウド内でウェブサイトを実行するのはすばらしい体験です」と Ruiz 氏は言います。「MedStar で設定した期間内に目標を達成できました。独自のデータセンターやホストされた環境であったとしたら、実現できませんでした」

MedStar はビジネスレベルの AWS サポートに加入しており、AWS を使用してアーキテクチャ構成の検証やパフォーマンスの最適化とセキュリティについてのガイダンスを入手しています。「AWS サポートによりデプロイが検証されたため、成功の確信が強まりました」と Ruiz 氏は言います。

現在 MedStar では、AWS クラウドでホストされた新しいウェブサイトを使用して、患者が 1 つのポータル内で効果的に、医師、サービス、および施設を検索し、治療の予約ができるようになりました。ウェブサイトの運用と維持にかかるコストは、1 か月あたり 40% 超削減されました。同時に、ダウンタイムは 1 か月あたり 120 分から 5 分未満に減少し、ページのダウンロード時間は平均 1,500 ミリ秒から 120 ミリ秒まで減少しました。その結果、患者がウェブサイトを閲覧する時間が増加し、検索を断念する人は減りました。「AWS でウェブサイトを実行することで、ユーザーへのサービスが劇的に改善されました」と Swearingen 氏は言います。「ウェブサイトのバウンス率は減少し、ページの閲覧時間は増加しました。また、最新の集計によると、ページの閲覧回数は増加しています」

MedStar では、デジタルサービスの向上により、現在の患者や顧客の満足度が上がり、結果的に将来の新規顧客の獲得につながると考えています。MedStar では、長期間にわたって、デジタルヘルスケアの先端企業として成長するために AWS のプラットフォームを利用しています。「AWS を使用することで、患者により直接的に関与し、信頼性の高い効率的なサービスを提供できるようになりました」と Swearingen 氏は言います。「現在当社には、ヘルスケアサービスのあらゆる面が劇的に向上されるモバイルサービス、ソーシャルサービス、およびウェブサービスを作成するための基礎があります」

医療提供者と保険会社のニーズのサポートに AWS が役立つ方法の詳細については、医療提供者と保険会社のページを参照してください。