Ocado は、世界最大のオンライン食料品小売業者で、AWS を使用して Smart Platform を運用し、その破壊的な技術主体のビジネスモデルを世界中の実店舗を運営する小売業者に提供しています。

最初の動画では、Ocado の CTO である Paul Clark 氏が、AWS に移行することでより迅速かつコスト効果の高い方法で新しい革新的な技術を試すことができるようになり、Ocado の開発者が、思いついたアイデアを 1 時間未満で本番稼働できるようになったことについて話しています。また、AWS を利用することで Ocado は、インフラストラクチャ全体で AI の能力を強化するデータレイクに数百個のマイクロサービスからのデータを統合できるようになった点についても語っています。

2 つ目の動画では、安全な疎結合マイクロサービスを構築する際の Ocado の手法について話しています。同社は、Route 53 レコード、Key Management Service のキー、AWS Elastic Beanstalk 環境、Amazon DynamoDB テーブル、AWS Identity and Access Management ロールなど、各マイクロサービスで使用する標準テンプレートリソースを開発チームに提供するセルフサービスポータルを構築しました。

Ocado は AWS を使用して思いついたアイデアを 1 時間未満で本番稼働 (日本語字幕) (4:51)

ocado

Ocado のセキュアで疎結合のマイクロサービスの構築 (日本語字幕) (4:57)

Ocado