この AWS ソリューションの内容

このソリューションは、Amazon EC2 上で稼働している Apache、NGINX、Puma のワークロードに対して、Amazon CloudWatch のダッシュボードを設定するプロセスを自動化します。このソリューションは、Amazon CloudWatch のいくつかの機能を使用して、開始時のエクスペリエンスを高速化します。 

このソリューションを使用すると、AWS 上で実行されるウェブサーバーの主要なパフォーマンスメトリクスと、ログのモニタリングを開始するまでの時間を短縮することができます。このソリューションには、事前に設定されたダッシュボードが備わっており、ウェブトラフィックパターンの分析、サーバーをスケールアップするかスケールアウトするかの判断、ワークロードに関するボトルネックやその他のパフォーマンスの問題の検出などができます。                                                           

利点

事前設定の Amazon CloudWatch ダッシュボード

このソリューションには、Apache、NGINX、Puma のワークロード用に事前設定された Amazon CloudWatch ダッシュボードがあります。

Amazon EC2 インスタンスのタグ付けメカニズム

このソリューションは、タグ付けメカニズムにより、ダッシュボードにインスタンスを追加したり、ダッシュボードからインスタンスを削除したりできます。

参照用 Amazon CloudWatch エージェント設定ファイル

Amazon CloudWatch エージェント設定ファイルを使用して、Apache、NGINX、Puma のワークロードを実行中の EC2 インスタンスを設定します

AWS ソリューションの概要

下の図表は、このソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるアーキテクチャを示しています。

AWS での CloudWatch Monitoring のソリューションアーキテクチャ

このアーキテクチャは、ユーザーインタラクションダッシュボード管理の 2 つのワークフローに分解可能。 

 ユーザーインタラクションワークフロー:

AWS CloudFormation テンプレートは、アカウントでワークロードインスタンスをキャプチャするために必要な Amazon CloudWatch Events ルール、AWS Lambda 関数、AWS Systems Manager Parameter Store をデプロイします。

1.ユーザーは、スタックのデプロイ中に入力されたタグ付けスキーマを使用して、インスタンスのタグを更新します。
2.CloudWatch Events ルールは、cron スケジュールで tagHandler Lambda 関数を呼び出します。Lambda 関数は主に次の 2 つのタスクを実行:

  • ec2 describe-tags API コールを使用して、目的のタグ値を持つインスタンスを取得します (手順 1 と同じ)。
  • フェッチしたインスタンスリストを AWS Systems Manager Parameter Store インスタンスリストと比較し、必要に応じてパラメータを更新します。

ダッシュボード管理ワークフロー:

AWS CloudFormation テンプレートは、アカウントでワークロード固有の Amazon CloudWatch ダッシュボードを
設定するために必要な Amazon CloudWatch Events ルールと AWS Lambda 関数をデプロイします。

3.AWS Systems Manager Parameter Store が更新されると、CloudWatch Events ルールを使用してイベントがキャプチャされ、dashboardHandler Lambda 関数が呼び出されます。
4.dashboardHandler Lambda 関数は、デプロイされたダッシュボードを更新します。
更新済みのインスタンスリストのログとメトリクスを含むウィジェット。                                            

AWS での CloudWatch モニタリング

バージョン 1.1.1
リリース: 2022 年 9 月
作成者: AWS

予想デプロイ時間: 5 分

予想費用 ソースコード  CloudFormation テンプレート 
このソリューション実装の更新を受け取るには、下のボタンを使用してサブスクライブしてください。
注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。
このソリューション実装は役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細 
APN パートナーを見つける